「みんなの広場 投稿記事」  「謙虚」こそ今年の流行語に 地方公務員・今村栄一・56(浜松市東区)毎日新聞 2017年11月15日 東京朝刊。 年の瀬が近づくとその年を象徴する言葉が話題となる。 ある流行語の賞では「忖度(そんたく)」が有力らしい。 森友・加計問題でスポットライトが当たった言葉だ。 だが「忖度」を今年の言葉として記録にとどめるのならば、「謙虚」という言葉も

しっかり記録に残してほしい。 総選挙は議員数としては自民党の圧勝だった。 選挙後に安倍晋三首相は「謙虚な姿勢で真摯(しんし)な政権運営に全力を尽くさなければならない」と言った。 官房長官をはじめ多くの自民党有力者が「謙虚」という言葉を使って選挙結果を総括し、国政運営について語った。  選挙後のことなので選挙公約とは言えないが、あれだけの数の自民党議

員が「謙虚」という言葉を連発した。 「謙虚」が一種の党の公約とも感じられる。審議を途中で打ち切り強行採決する、国民の抗議活動から目を背ける、身内の疑惑に甘くなる、そんな傲慢さが出てこないことを期待したい。 自民党内では「謙虚」が流行語だったことは間違いないのだから。

ab13d.jpg 『サン・ジョセフ教会 1。』 現在、町の中心に燦然と110メートル高さでそびえたつサン・ジョセフ教会の八角形の塔は、いわば町の復興の象徴です。 1951年に建築がはじまり1957年に竣工したサン・ジョセフ教会は、20世紀建築の傑作のひとつです。 中に入ると、12,768枚もの色鮮やかなステンドグラスが、コンクリートを明るく照らしています。  2005年、ユネスコは「オーギュスト・ペレによって

再建された都市ル・アーヴル」として市の中心部を世界遺産リストに登録しました。  ル・アーブルは、ユネスコの世界遺産であるだけでなく、印象派発祥の地であり、クルージング港であり、海水浴場でもあり、ノルマンディー地方の中心という理想的な立地条件と相まって、新たな観光地として人々の注目を浴びています。 

ab14d.jpg 
サン・ジョセフ教会 2。

ab15d.jpg サン・ジョセフ教会 3。 教会正面。

ab16d.jpg サン・ジョセフ教会 4。 彫刻の部分写真。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





「みんなの広場 投稿記事」  「公約ずらし」が始まった 主婦・谷本敏子・67(佐賀県神埼市)毎日新聞 2017年11月7日 東京朝刊。 選挙は民意をくみ取っているのだろうか。 与党(自公)は得票率48%で議席67%を占有した。 選挙制度の欠点を指摘する声は多いが自民党は改定には着手しないだろう。 当選すればみそぎはすんだと胸をはる悪事を働いた議員は多い。 そ

してまた同様な事をやり続けていく。 そして恒例の公約ずらしがさっそく始まった。  「教育無償化」は国民の心をわしづかみにしたが、結果は無償化の大学は限定する方向で話が進んでいる。 企業に都合のいい働かせ方改革、病床の削減、国民だけに痛みを強要する改定がめじろ押しだ。 おまけに国会で野党の質問時間をものすごく減らそうとしている。 国会中継を見たことのある人

はわかると思うが、自公の議員の質問は要点を欠いていることも多い。 質問時間が長すぎて、余った時間で般若心経を唱えた人もいた。 野党が核心をつくと質問には答えず(正確には答えることができないのだが)。 それを阻止するために野党の質問時間を削減したいのか。

「みんなの広場 投稿記事」  安心して暮らせる環境を アルバイト・吉田誠治・47(盛岡市)毎日新聞 2017年11月7日 東京朝刊。 日本に駐留している米軍機の事故やトラブルが相次いでいる。 先月には、沖縄本島北部の民有地に普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプターが不時着し、炎上した。  不時着した場所は、民家から数百メートルしか離れていなかったという。 幸い

にも人的被害はなかったとのことだが、一歩間違えれば死傷者を伴う大惨事になっていた可能性があるだけに、強い憤りを覚えた。  政府は今、北朝鮮の軍事的脅威をしきりに強調し、防衛力の強化を進めようとしている。 しかし、その前に、日本に駐留している米軍機の事故の脅威に長年にわたってさらされている人たちを救うべきではないだろうか。  米軍基地が集中している沖縄の人たち

は、何十年もの間、米軍機の事故の脅威にさらされている。 この状況を放置することは、人権侵害を容認するに等しい。 政府はあらゆる手を尽くして沖縄の人たちが安心して暮らせる生活環境を一刻も早く整備すべきだ。

ab12d.jpg ノートルダム大聖堂 4。

ab9d.jpgノートルダム大聖堂 5。 教会内部。
 
ab10d.jpg ノートルダム大聖堂 6。 教会内部。

ab11d.jpg ノートルダム大聖堂 7。 教会内部。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  トランプ追従外交を懸念 翻訳業・萩原重夫・66(東京都品川区)毎日新聞 2017年11月8日 東京朝刊。 トランプ米大統領が初来日し、安倍晋三首相と楽しい時を過ごしたようだが、危惧は強まったと思う。 焦眉(しょうび)の課題の北朝鮮政策は圧力を強めることだけで、具体的な解決策は提示されない。 偶発的な戦闘行為が起これば、主に被

害を受けるのは韓国や日本であり米国ではないことを考えても、日米の政策が完全に一致することはあり得ない。  また、トランプ氏が力説している対日貿易赤字の責任は日本にはなく、米国の経済構造にあるが、首相はこの点を主張したようにはみえない。 かえって米国車の輸入規制緩和に合意したものの、ドイツ車が日本で売れている事実を見れば、米国車が日本市場に受け入れら

れないからに過ぎず、自由貿易の結果なのだ。 米国兵器の購入要求もあったが、それで日本の安全が高まるとは思えない。  トランプ氏の支持率は低下する一方で、ロシアゲート疑惑の進展によっては弾劾まで行く可能性もある。 あまりに親密な関係は国益にかなうとは思われない。   2017.11.8 水曜日TBSラジオ荒川強啓  【時事川柳】  友達が 親子で来たよ 集金に!

「みんなの広場 投稿記事」  少数勢力にこそ質問時間を 大学生・宮本健太・21(大分市)毎日新聞 2017年11月8日 東京朝刊。 総選挙後、問題になっている国会での与野党の質問時間の見直し。 10月31日の記者会見で自民党の竹下亘総務会長は「国会議員は平等だ。 議員数に応じた時間配分は認めなければならない」と語り、現在の「与党2、野党8」のバランスが

不釣り合いだと強調した。 対して野党は、安倍晋三首相が森友・加計(かけ)学園問題に対する追及から逃げようとしていると反発している。  もし質問時間が議員数に応じた配分になれば、もう日本の政治、民主主義は崩壊するといってもいいかもしれない。 確かに議席数では与党が圧倒的に多いが、有権者は自民党だけを支持しているわけでは決してない。 野党が頼りなく、仕方なく

自民党にするしかなかったという人もいる。  あまり強気になられては困る。 自民党の知恵だけではこの国は良くならない。 多様な意見、国会における少数意見にしっかり耳を傾けることで社会問題をより多面的に考えることができる。 だから少数勢力に多く質問時間を割くべきだ。  

ab6d.jpg ノートルダム大聖堂 1。 ゴシック、ルネサンス、バロック様式のとても美しい造りです。 世界遺産にも登録された現代的な街の中にある石造りの聖堂は、荘厳で存在感があります。

ab7d.jpg ノートルダム大聖堂 2。

ab8d.jpg ノートルダム大聖堂 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  国会議員の身を切る改革期待 主婦・西山佐代子・72(埼玉県神川町)毎日新聞 2017年11月5日 東京朝刊。 10月28日の「質問なるほドリ」を拝読して、とても興味深かった。  衆院に「無所属の会」という会派ができることを受けて、会派と政党の違いについて説明していた。 その中で、会派ごとに立法事務費として原則議員1人当たり毎月65

万円が支給されるとのことだった。 初めて知った。  国会議員1人当たりの給料やもろもろの手当などは一体いくら支給されることになるのか不思議に思った。 低所得者や低年金暮らしの人たちには、国会議員のこうした仕組みは想像もつかないだろう。 単独で過半数を確保した自民党国会議員の皆様には、自分たちの給与などの見直しをぜひ、議論してもらいたい。  幼児教育の無

償化や待機児童の解消、介護問題などの政策も、その財源が気になる。 まずは、国会議員の給与などを減らし、財源の一つに充ててほしい。 国会議員の待遇を改めるべきだと思う。 子や孫の代のことを考え、国会議員たちには自分たちの身を切る改革をお願いしたい。   2017.11.8 水曜日 【時事川柳】  友達が 親子で来たよ 集金に!

「みんなの広場 投稿記事」  「ゴルフ政治」はやめて 無職・堤愛子・93 (京都市左京区)毎日新聞 2017年11月5日 東京朝刊。 台風が気になる中、総選挙が終わりました。 とてもむなしい気持ちに襲われています。 名前だけかっこいい「希望」がかき回しただけで、相変わらず自民党は安泰。 「謙虚に」「丁寧に」は口先だけで、米国のトランプ大統領に「衆院選の大勝利おめでと

う」と祝ってもらって大喜びでしょう。  そのトランプ大統領が来日し、例によって安倍晋三首相とゴルフを楽しむそうです。 日ごろ一生懸命働いている人が広いゴルフ場で球を打てば、きっと日常から解放される快感があるのでしょう。 でも、安倍首相のゴルフには何やら怪しげな雰囲気が漂うように思えてなりません。 加計学園問題を巡る中で明らかになりましたが、首相が「腹心の友」という

学園理事長と昨年だけで7回もゴルフや会食をしたそうです。 一体、どんな話が……。  ゴルフ場の密談で国民の暮らしが左右されることがあるとすれば、恐ろしいことです。 ゴルフはスポーツとして楽しむものであってほしいと思います。   私のコメント。  ゴルフしていると状況ではないと思うが。  ノー天気、内閣。

ab3d.jpg 2016年10月3日ノルウェージャン・スター号はフランス/ル・アーブルに入港。  第二次世界大戦中ノルマンディ上陸作戦を契機に砲撃と空爆によって、街の8割が破壊され8万人の市民が住居を失ったル・アーブルは町として完全な機能を取り戻すまでに20年の歳月を要しました。 復興・再建の中心的役割を担ったのは、建築家オーギュスト・ペレです。

ab4d.jpg 記念碑の意味はフランスの為に犠牲になった兵士や民間人を讃える記念碑です。

ab2d.jpg このモニュメントの下は図書館があるそうです。

ab5d.jpg 別の角度から撮影。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  安倍政権を監視する力こそ 文筆家・岡田成司・43(北九州市小倉北区)毎日新聞 2017年11月1日 東京朝刊。 斜陽の政党を支えようともせず、保身のため話題の小池百合子東京都知事にすがりつき、惨敗すると一斉に小池氏への非難を繰り出す元候補者や議員らの姿には、失望よりも不快感が先行する。  投票率53%という低さは、有権者の

無責任だけが原因ではないだろう。  600億円を超す国税を投じて解散総選挙を行う理由がどこにあったのかと、むなしさを感じている人は多いと思う。 それでもあえて、今回の選挙の意義を見いだそうとするならば、本物と偽物をふるいにかけるためのものだったと言えるのではなかろうか。  安倍晋三首相の1強独裁政権が盤石となった今、その政権への監視と批判を託すにふさわしい個

人ないし組織がどこなのか、それが判明した選挙の結果だと思いたい。  かねて政権寄りの一部マスコミなどは、もはやアテになるまい。 雲の上の話と背を向けず、私たちの安倍政権を監視する力が今こそ問われている。

「みんなの広場 投稿記事」  首相「謙虚に」信じられるか 会社員・二宮力・56(愛知県尾張旭市)毎日新聞 2017年11月1日 東京朝刊。 衆院選投票日前日の東京・秋葉原で安倍晋三首相が演説した。 首相を支持する人たちが日の丸を振りかざしながら歓声を上げ、応援している様子には異様な印象を持った。 それは、演説を聴き、支持した態度というよりも、安倍首相に批判

的な聴衆や彼らが批判的だと思っているメディアを排除することが目的の行為だと思えたからだ。  東京都議選では同じ秋葉原で、安倍首相の演説中にヤジが起きた。 しっかり内容を聴いた上で判断しようと思っていた人にも迷惑だったとは思うが、ヤジすら妨害しようとする“安倍応援団”の過激な言動は恐怖すら感じさせる。  首相は演説の多くを政策よりも他党批判に費やし、集

まった聴衆もそこで一番盛り上がったという。 だが私は、批判的な意見を排除しようとする過激な応援をあおるのではなく、たしなめる必要があったのではないかと思う。 それをしなかった安倍首相が言う「謙虚に」には疑問を感じざるを得ない。   私のコメント。 安倍晋三総理は全然信用していません。  この人が総理を続ける限り、日本の将来は真っ暗です。  わかってほしい。

eg10d.jpg シャトルバスの運行は何の設備もない場所との往復でした。 少し歩くと、この海岸トラム(Kusttram)の終点「ZEEBRUGGE DORP駅」がありました。 路面電車だから駅舎ありません。 調べると世界一長い距離を走る路面電車(直線で70km)だそうです。 

eg11d.jpg この沿線には、ブルージュがあるそうです。
 
eg12d.jpg この近辺に「ZEEBRUGGE DORP駅」がありました。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.