FC2ブログ




熱血!与良政談  首相は議論が嫌なのだ 与良正男 毎日新聞2018年11月28日 東京夕刊。 元々、後ろ向きだった安倍晋三首相が成立を急ぎ、積極的だったはずの立憲民主党など野党がそれを阻止しようとする。 今まであまり経験したことのない国会だ。  外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案の話だ。 政府や自民党は何が何でも今の国会で成立させる考え

のようだ。  さまざまな業界で広がる人手不足に一刻も早く対応しなくてはならないと自民党は言う。 来年は春に統一地方選、夏には参院選がある。 業界の要望に応える選挙対策でもあるのだろう。  だが急場しのぎの改正案の問題点が次々と明らかになっているのは見ての通りだ。  受け入れ拡大に伴い、従来地域やNPO任せだった日本語教育はこのままでいいのか等々、議論すべ

き課題は山ほどある。 にもかかわらず、先週始まったばかりの衆院法務委員会は早々と採決を強行し、改正案は衆院を通過。 成立後に国会を経ないで省令で決める「お任せ項目」も多い。  なぜか。 結局、首相や自民党は議論そのものをしたくないのだと私は思う。  首相は「移民政策を取る考えはない」と繰り返している。 「移民政策」とは何か、定義もあいまいだが、ともかく移民と

いう言葉には首相本人や多くの自民党議員、そして首相を強く支持する右派の人たちに強い抵抗がある。 だから首相は「今回は大きな変更ではない」とでも言いたげだ。  そうだろうか。 日本は今後、どんな社会を目指していくのか。 外国人との共生社会なのか。 そうではないのか。 外国人労働者拡大の議論を深めていけば、おのずとそうした本質的な話になる。 それを避けたいのだと

思う。  これまで日本は外国人の就労を技能実習などの名目でごまかしてきた。 技術や知識を発展途上国に移転すると言いながら、実際には低賃金で長時間労働を強いてきたのだ。私たちメディアを含めて国民の多くが見て見ぬふりをしがちだった現実を今回、改めて認識した。 今はやっとその入り口に立ったと言うべきだろう。  人口減少が避けられない状況の中、議論を始めるのが遅

すぎたと私は思っている。 ただし長年の怠慢を反省するのなら、ここは付け焼き刃の改正案でごまかすのではなく、いったん廃案にして、与野党きちんと協議したうえで出直すべきだと思う。 (専門編集委員)

2017年10月14日ダイヤモンド・プリンセスは敦賀鞠山北岸壁に接岸しました。 敦賀は日本海側で最初に鉄道が敷かれた街です。かつて、東京とパリを結ぶ「欧亜国際連絡列車」が敦賀港駅を経由して走り、昭和32年には国内では最初の本格的交流電化が完成、さらに昭和37年には、完成当時日本一、世界第5位の北陸トンネルが開通しました。 敦賀は日本海側の交通の要

所として「日本でも有数の鉄道と港の町」だったのです。 このシンボルロードに設置されているブロンズ像は、1999年に敦賀港開港100周年を記念して、市のイメージである「科学都市」「港」「駅」と敦賀市の将来像を重ね合わせて設置されたものです。

ga1d.jpg 「氣比の海」の碑。

ga3d.jpg 新内の説明。

ga2d.jpg 「新内節の粗」の碑。

ga5d.jpg お砂持ち神事の碑。

ga4d.jpg お砂持ち神事の由来の説明。

★小泉純一郎氏の原発0法案に賛成。

★2018.4.11 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  昭恵さん あなたは土俵 上がってよ
★2018.5.2 荒川強啓 デイキャッチ! 【時事川柳】  逃亡は 屋根裏部屋か 外遊か
★2018.5.16 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 一転の くもりもないよ すりガラス
★2018.5.30 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】  森友は 「いいね!」 じゃなくて 「言い値」 らしい
★2018.6.6 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 梅雨入り 更に伸びるな モリとカケ
★2018.6.20 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 サッカーの 隅に小さく 加計の顔
★2018.7.4 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 パス回し 手本は総理の 答弁か
★2018.8.29 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 幽霊が 水増し参加 足がつき
★2018.9.5 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 誓約書 あんたが出してよ 国民に
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 忘れるな そんなジジイも 有権者
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 腕利きを 揃えた口利き ばかりだろ
★2018.11.14 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 さつき流 五月雨式の 記載漏れ

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





社説   ポイント還元5% 常軌を逸した過剰対策だ 毎日新聞2018年11月27日 東京朝刊。 常軌を逸した大盤振る舞いと言わざるを得ない。 来年10月の消費増税を控えて、政府が骨格をまとめた景気対策のことである。  <ポイント還元>牛丼など外食チェーンも対象に <消費増税>対策、効果疑問 プレミアム商品券、前回ふるわず/ポイント還元、決済方法不明確 とり

わけ問題が大きいのは、対策の柱と位置付けるポイント還元制度を巡り、安倍晋三首相が還元率を大幅拡大する方針を示したことだ。 中小店舗で現金でなくクレジットカードなどで払った客を対象にするもので、還元率を当初予定していた2%から一気に5%にするという。  まず増税の目的を薄めてしまう。  還元率5%なら消費税率は実質5%と減税になる。 増税の本来の目的は、

負担の先送りに歯止めをかけることである。 目先の景気に使えば、それだけ先送りされる分が増える。  景気対策としても疑問が多い。  ポイント還元による消費喚起は、将来の需要の先食いである。 還元率を拡大すると、その分だけ還元終了後の消費落ち込みも大きくなる。  還元期間は東京五輪までの9カ月間とするという。 終了後の消費落ち込みが、五輪後に懸念される景気

停滞と重なる恐れがある。 悪化を増幅させると、増税前後の景気をならすという景気対策の趣旨に反する。  大手スーパーなどは対象外だ。 消費全体を底上げせず、消費者が大手から中小に流れるだけだろう。  自民党の対応も釈然としない。 岸田文雄政調会長は「体力のある大手は安売り競争できるが、中小は値引きできない」と首相を擁護した。 だが中小企業の支援や強

化は本来、景気対策とは別に取り組むべきだ。  岸田氏は財政健全化を重要課題に挙げてきた。 首相が還元率5%を表明したのは、岸田氏と会談した時だ。 首相をただすのが、岸田氏の役割だったはずである。  増税時に一定の景気対策は欠かせない。 ただ、政府は「景気は緩やかに回復しているとの認識に変わりはない」との見解を示している。 ならば増税の目的を損なってま

で、対策を積み増す必要はないはずだ。  対策には、購入額以上の買い物ができるプレミアム商品券の発行や公共事業の実施といった歳出拡大のメニューが並ぶ。 来年の参院選目当てと受け止められても仕方がない。  政府は、年末の来年度予算編成で景気対策を決定する。 対策は効果を吟味して厳選すべきだ。

enn14d.jpg 由志園庭園内売店 5。

enn15d.jpg 由志園庭園 6。

enn17d.jpg 由志園庭園 7。

enn18d.jpg 由志園庭園 8。

★小泉純一郎氏の原発0法案に賛成。

★2018.4.11 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  昭恵さん あなたは土俵 上がってよ
★2018.5.2 荒川強啓 デイキャッチ! 【時事川柳】  逃亡は 屋根裏部屋か 外遊か
★2018.5.16 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 一転の くもりもないよ すりガラス
★2018.5.30 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】  森友は 「いいね!」 じゃなくて 「言い値」 らしい
★2018.6.6 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 梅雨入り 更に伸びるな モリとカケ
★2018.6.20 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 サッカーの 隅に小さく 加計の顔
★2018.7.4 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 パス回し 手本は総理の 答弁か
★2018.8.29 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 幽霊が 水増し参加 足がつき
★2018.9.5 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 誓約書 あんたが出してよ 国民に
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 忘れるな そんなジジイも 有権者
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 腕利きを 揃えた口利き ばかりだろ
★2018.11.14 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 さつき流 五月雨式の 記載漏れ

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






前回の続き  もし子供がインフルエンザにかかってしまったら、「予防接種も受けねえ、手も洗わねえ、うがいもしねえ、人が大勢いるところにいく、何でそいつらの分を、風邪を引かない俺が負担するんだ」と言うのだろうか。 この考え方だと間違いなく保険は適用されないことになる。 性病の場合も、「勝手にイチャイチャしやがって」ということなのだろうか。 病気の原因は彼の思考ほど単純なもので

はない。 こういう発言こそ「あほらしい」の極みだろう。 この人が、消費税を上げる担当大臣とは、ブラックユーモアにもほどがある。  彼の妄言や短絡に「麻生節」などと呼んで市民権を与えるのはやめませんか。 いや、彼だけではない、今「口利き100万円受け取り疑惑」について説明から逃げている片山さつき地方創生担当大臣も、過去には「本当に困窮して3食食べられない人がどれくらい

いると思います? ホームレスが糖尿病になる国ですよ?」と発言していた。 糖尿病はそもそもインスリン投与しか打つ手がない型の人もいるが、そうでなければ、糖質の摂取の問題であることが多い。 生活困窮者ほど、バランスの良い食生活は難しく、エネルギーにおける炭水化物の占める率は高いことも知らず、基本的人権を権力者が脅かしかねない発言をして平気でいることに、もっと怒ら

なければならないのではないか。 年収200万円以下のワーキングプアが1100万人、どうやって健康的な食生活が送れるのか。 できる人もいるだろうが、至難の業だろう。  負担するのが「あほらしい」と漏らす者がいれば、その誤解を解くのも政治家の使命ではないのか。 こんな論理がまかり通るのなら、年金に入ることもあほらしくなってしまう。 財務大臣兼副総理が、社会保障が何かを

知らないこの国は壊れゆくしかないのか。  数々の行政の根幹が揺らぐような不祥事の責任も一切取らず、恋々と大臣の地位にしがみつき、妄言・失言・暴言で国の品性をおとしめるこの国会議員の報酬を国民が負担する方が、はるかに「あほらしい」。 即座に辞めてほしい。 (放送タレント、イラストも)

enn6d.jpg 山野草の小路。

enn16d.jpg 多行松。

enn7d.jpg 多行松の説明文。

enn9d.jpg 由志園庭園 3。

enn10d.jpg 由志園庭園 4。

★小泉純一郎氏の原発0法案に賛成。

★2018.4.11 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  昭恵さん あなたは土俵 上がってよ
★2018.5.2 荒川強啓 デイキャッチ! 【時事川柳】  逃亡は 屋根裏部屋か 外遊か
★2018.5.16 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 一転の くもりもないよ すりガラス
★2018.5.30 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】  森友は 「いいね!」 じゃなくて 「言い値」 らしい
★2018.6.6 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 梅雨入り 更に伸びるな モリとカケ
★2018.6.20 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 サッカーの 隅に小さく 加計の顔
★2018.7.4 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 パス回し 手本は総理の 答弁か
★2018.8.29 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 幽霊が 水増し参加 足がつき
★2018.9.5 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 誓約書 あんたが出してよ 国民に
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 忘れるな そんなジジイも 有権者
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 腕利きを 揃えた口利き ばかりだろ
★2018.11.14 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 さつき流 五月雨式の 記載漏れ

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






松尾貴史のちょっと違和感  「医療費あほらしい」発言・麻生氏に 税金で議員報酬「あほらしい」2018年10月28日。 さて、麻生太郎財務大臣がまたもや妄言を吐いたようだ。  「俺は78歳で病院の世話になったことなどほとんどない」と自慢した流れで、「『自分で飲み倒して運動も全然しない人の医療費を、健康に努力している俺が払うのはあほらしい、やってられん』と言った先輩がいた。

いいことを言うなと思って聞いていた」と話した。 随分程度の低い先輩がいるものだと悪い意味で感心するが、数年前にも「さっさと死ねるようにしてもらうとか考えないといけない」「政府の金で高額医療をやってもらうと思うと寝覚めが悪い」などと言って、後に撤回している。 だいたい、自分がそうだったから、という例え話をする人には1ミリの説得力も無い。 こういう例の出しかたは、前近代的な

精神論と前例主義の産物だろう。  2008年にも「たらたら飲んで食べて何もしない患者の医療費を何で私が払う」と言って、やはり後で陳謝していたが、今は彼を追及すべきマスコミがひるみっぱなし(私にはそう見える)なので、今回は撤回も謝罪もしないのではないかと悲観している。 今回は「先輩が言っていた」ことになっているが、果たしてどうなのか怪しい。 伝聞形式にすれば、自分は間

接的に評価したに過ぎないという言い訳ができるからそうしたのではないか。 ワンクッション置こうが、同じ認識であればそのための財源を所管する大臣として極めて不適切な認識であり、適性に欠けることは明白だろう。  不摂生だろうが、致し方なく病気になってしまった人だろうが、分け隔てなく支援する保険制度の意味が分かっているのか。 不摂生が問題なら、誰がそれを認定するというの

か。 自身は愛煙家で高級クラブでタラタラ飲んでいるようだが、それは不摂生ではないのか。  次号に、つづく。

enn1d.jpg 由志園入口。

四季を問わず美しい牡丹の花が咲き誇り、貴重な漢方薬として知られる高麗人参が特産の不思議な小島が中海に浮かんでいます。 それが島根県「大根島」です。  今から20万年前、江島からの一連の火山活動で誕生したのがこの島の始まり。 そのためこの島の土壌は貴重なミネラルを豊富に含み、美しい牡丹と神秘の高麗人参を産み出す稀有な条件が整っているのです。  ココ由

志園は、それらの貴重な特産品を心ゆくまで堪能できる回遊式日本庭園。  今では年間30万人もの観光客で賑わう庭園ですが、 開園の運びに至るまでには多大な困難と日数を費やしました。  今から30数年前、波静かな中海に浮かぶ大根島の風光明媚な環境に着目し、観光開発の一助になればと日本庭園を造ろうと志したのは、後に「由志園」の初代園主となる門脇栄(さかえ)

でした。 そして8年という長い苦難の歳月を乗り越え、昭和50年4月、開園にこぎつけたのです。 "亡き父 由蔵が夢見、志した庭園"。 愛情いっぱいの両親の下で育った栄は、片時も両親への感謝の心を忘れたことはありませんでした。 栄は、後世まで父の名が残るようにと、その名を「由志園」と名づけたのです。 由志園は、愛郷心と親を思う心、そして島の歴史が息づく日本庭園なので

す。 こうして誕生した由志園は、広大な池泉を廻る緑豊かな山水の庭。 丁寧に剪定された庭木や清潔な敷石、山水画を思わせる滝や雪見灯籠など、風流な意匠をしつらえた回遊式日本庭園として、侘び寂びの風情を存分に味あわせてくれます。  園内の「牡丹の館」では美しい大輪の牡丹が一年中鑑賞可。本来4月下旬から5月中旬が見ごろの牡丹ですが、ここでは毎日植え替

えを行い、温度、湿度の調整に細心の注意をはらうことで、年中美しく咲き誇る牡丹を愛でることが出来るのです。 大根島の人々が実に三百年に渡って培ってきた牡丹栽培の技と心をぜひ感じてください。  由志園ホームページから。

enn2d.jpg 菖蒲亭。
 
 
enn3d.jpg 紅葉亭。
 
enn4d.jpg 由志園庭園 1。 

enn5d.jpg 由志園庭園 2。

★小泉純一郎氏の原発0法案に賛成。

★2018.4.11 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  昭恵さん あなたは土俵 上がってよ
★2018.5.2 荒川強啓 デイキャッチ! 【時事川柳】  逃亡は 屋根裏部屋か 外遊か
★2018.5.16 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 一転の くもりもないよ すりガラス
★2018.5.30 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】  森友は 「いいね!」 じゃなくて 「言い値」 らしい
★2018.6.6 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 梅雨入り 更に伸びるな モリとカケ
★2018.6.20 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 サッカーの 隅に小さく 加計の顔
★2018.7.4 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 パス回し 手本は総理の 答弁か
★2018.8.29 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 幽霊が 水増し参加 足がつき
★2018.9.5 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 誓約書 あんたが出してよ 国民に
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 忘れるな そんなジジイも 有権者
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 腕利きを 揃えた口利き ばかりだろ
★2018.11.14 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 さつき流 五月雨式の 記載漏れ

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






熱血!与良政談  民主主義が古来の伝統!? 与良正男 毎日新聞2018年11月7日 東京夕刊。 一瞬、あぜんとした後、「むしろ、こうした考えの方が今の自民党の主流なのかもしれない」……と私は深いため息をついた。  自民党の稲田朋美筆頭副幹事長が国会の代表質問で、聖徳太子の十七条憲法にある「和をもって貴(たっと)しとなす」を引用し、「民主主義の基本は日

本古来の伝統だ」等々と主張した一件だ。  いくらなんでも無理な解釈であることは既に多くの識者が指摘している。  百歩譲って、この一文が稲田氏が言うように「多様な意見の尊重と、徹底した議論による決定」という民主主義の伝統が古くからあった証しだとするのなら、なぜ戦前、異論を弾圧し、戦争に突き進んでいってしまったのか、より深い考察が必要なはずだ。 ところが、それには

一切触れない。  要するに、民主主義は「敗戦後に連合国から教えられたものではない」という点に主眼があったのだろう。 国に「誇り」を持ちたいあまり、不都合な事実には目をつむり、歴史を都合良く解釈する典型である。 こんな主張に自民党から疑問の声も聞こえない。  折も折、終戦直後の1948年、当時の文部省が著して刊行した「民主主義」という中高校生を対象とした教

材が最近、角川ソフィア文庫で復刊された。  復刊は今回が3度目。 日本や欧米各国の歴史をひもとき、民主主義とは何かを繰り返し説く本だ。  こんな文章もある。  <人間の考えることには、どうしても誤りがありうる。 それなのに、自分たちの方針だけが絶対に正しいと信ずる人々は、ひとたび政治の実権をにぎってしまえば、国民をその一つの方針で引っぱっていくだけで、それに対する

批判や反対を許そうとしない>  今でも通じる、いや、今こそ思い起こすべき言葉ではないか。  無論、当時の連合国軍総司令部(GHQ)の指導による教材だが、何とか民主主義の国として日本を立ち直らせなければ、という熱い思いがみなぎっている。  思想家、内田樹氏が解説と本の帯で記したように、私も「読み終えて、天を仰いで嘆息した」のだ。 戦後の混乱と貧窮の中、こうした

教材を文部省が出したことに私は誇りを持ちたい。  内田氏の解説も極めて的確で公正だ。 稲田氏だけでなく、多くの国会議員、そして国民に読んでいただきたい。 (専門編集委員)

kai25d.jpg けんかはよせ 立て看板。

kai28d.jpg 世界の怪獣、石碑。

kai26d.jpg世界怪獣会議、石碑。

kai27d.jpg 吸血鬼エリート。 2017年。

★小泉純一郎氏の原発0法案に賛成。

★2018.4.11 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  昭恵さん あなたは土俵 上がってよ
★2018.5.2 荒川強啓 デイキャッチ! 【時事川柳】  逃亡は 屋根裏部屋か 外遊か
★2018.5.16 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 一転の くもりもないよ すりガラス
★2018.5.30 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】  森友は 「いいね!」 じゃなくて 「言い値」 らしい
★2018.6.6 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 梅雨入り 更に伸びるな モリとカケ
★2018.6.20 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 サッカーの 隅に小さく 加計の顔
★2018.7.4 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】 パス回し 手本は総理の 答弁か
★2018.8.29 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 幽霊が 水増し参加 足がつき
★2018.9.5 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 誓約書 あんたが出してよ 国民に
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 忘れるな そんなジジイも 有権者
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】 腕利きを 揃えた口利き ばかりだろ

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 客船の旅, All rights reserved.