「みんなの広場 投稿記事」  あの戦争は何であったか=無職・川村充良・71(神戸市北区)毎日新聞2016年8月23日 東京朝刊。 8月15日は終戦記念日。 正確には敗戦記念日。 そう呼ぶことに抵抗があるなら平和の日。 満身創痍(そうい)の日本がよろめきながら歩き出した日なのだ。  ドイツ・ベルリン郊外のポツダム市を訪れたことがある。 この地にある宮殿で連合国首脳が会談し、日本に対して降伏勧告を宣言した。 1945年7月26日に出されたこのポツダム宣言を無視せず速やかに受諾してい

たら、翌月の広島・長崎の惨禍は防げただろう。  世の中には、だましたい人と、だまされたい人がいるようだ。 だます方はそれなりの目的があるが、安易にだまされる人の存在も歴史の“摂理”であるらしい。 しかし、被害者的立場になってから文句を言っても始まらない。 結果として共同責任があるのだから。  国家を戦争に駆り立てる社会の構造は今も変わっていない。 何百万という同胞を犠牲にし、アジアの資源と住民の生活や生命を奪ったあの戦争が何であったかを、私たち一人一人が考えなければならない。

kte14d.jpg 五稜郭公園 14。 箱館奉行所( はこだてぶぎょうしょ)。 高台から。

kte20d.jpg 五稜郭公園 15。 箱館奉行所・入口の門。

kte16d.jpg 五稜郭公園 16。 門番所跡・説明文。

kte22d.jpg 五稜郭公園 17。 石垣。

kte17d.jpg 五稜郭公園 18。 土塁・石垣の説明文。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





「みんなの広場 投稿記事」  A級戦犯分祀すべきだ=無職・藤田修三・69(静岡市葵区)毎日新聞2016年8月9日 東京朝刊。 間もなく、終戦記念日がやって来る。  この日を、過去の戦争で犠牲になった多くの人たちの冥福を祈り、平和への誓いを胸に刻む日としたい。 そんな祈りと反省の日に、毎年繰り返されるのが閣僚たちによる靖国神社への参拝だ。 そのたびに近隣諸国が反発し、外交問題にまでなる。  最大の問題点は、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されたことにある。 以降、天皇陛下も参

拝をお控えになったままだ。 陛下のご心中は、いかばかりかとお察し申し上げたい。  国家や民族により、その死生観や宗教観が異なるとはいえ、かつて戦争によって犠牲になった我々の先人はもとより、近隣諸国にまで多くの被害と苦痛をもたらした戦争の責任者をも合祀する靖国神社の現状は、一日本国民である私でさえ妥当とは思えない。 A級戦犯は分祀すべきであると考える。 そのうえで、国内外の誰もが、心から平和を祈念できる追悼施設の建設を早急に検討すべきだと思う。

kte10d.jpg 五稜郭公園 10。 箱館奉行所( はこだてぶぎょうしょ)。

kte11d.jpg 五稜郭公園 11。 箱館奉行所( はこだてぶぎょうしょ)の入口左側のアップ。
 
kte12d.jpg 五稜郭公園 12。 箱館奉行所( はこだてぶぎょうしょ)の入口右側のアップ。

kte13d.jpg 五稜郭 説明文 13。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






新閣僚に聞く 内閣改造 防衛相・稲田朋美氏 毎日新聞2016年8月5日。  中韓と話し合う 稲田朋美(いなだ・ともみ)氏(57)。 この方、超右寄り。

問い 中国や韓国で稲田氏の歴史認識への警戒感が高まっています。
◆日韓両国が北朝鮮の核ミサイル問題など安全保障上の課題に協力して取り組むことは大変重要で、交流を推進したい。 東アジアや太平洋地域の平和と安定には中国、韓国との協力的関係を築くことは不可欠だ。 いつでも話し合いの場を自分から設けたい。 議論することで私への誤解も払拭(ふっしょく)されると思う。 機会があれば訪中したい。 

問い  靖国神社に参拝しますか?
◆本質は心の問題だ。 安倍内閣の一員として適切に行動したい。
問い 第二次世界大戦などについての歴史認識は?
◆個人的見解を述べることはしない。 政府の70年談話と認識は一致している。

問い 首相候補と見られています。
◆政治家であれば誰しも首相を目指すが、なろうとしてなれるものではない。 実力もタイミングも人の輪も運もあって実現する。
問い 自民党内の総裁任期延長論についての考えは?
◆安定政権が続くことは日本の存在感を世界に示せる国民の財産だ。 (延長議論は)前向きに考えたい。 延長も視野に入れて議論すべきだ。

問い> 今年3月に安全保障関連法が施行された。 初適用される見通しの国連平和維持活動(PKO)の「駆け付け警護」についての考えは?
◆特に女性の皆さんに関連法の必要性や立憲主義を壊すものでないとしっかり説明したい。 駆け付け警護は隊員教育などを進めており、任務を的確に遂行し得る万全の体制を整える。  【聞き手・村尾哲】

米国 稲田防衛相の靖国参拝けん制 国務省副報道官 毎日新聞2016年8月5日東京朝刊。  米国務省のトナー副報道官は3日の記者会見で、第3次安倍再改造内閣で稲田朋美氏が防衛相に就任したことを受けて 「米国は歴史問題には癒やしと和解を促す方法でアプローチすることが大切だと強調する」 と述べた。 稲田氏は終戦記念日に靖国神社を参拝するかどうかの明言を避けており、閣僚としての参拝をけん制した格好だ。 AP通信が伝えた。


kte4d.jpg 五稜郭 説明文 6。

kte6d.jpg 五稜郭公園 7。 箱館奉行所( はこだてぶぎょうしょ) 2010(平成22)年に部分復元が終了、内部が一般公開された。 歴史的復元建造物。

kte8d.jpg 五稜郭 説明文 8。

kte9d.jpg 五稜郭公園 9。 画面写真左から 清水谷・杉浦・武田。 ★清水谷 公考(しみずだに きんなる)(1845年~1882年)函館裁判所総督から箱館府知事。 ★杉浦兵庫頭誠(すぎうらひょうごのかみまこと)(1826年~1900年) 最後の箱館奉行と呼ばれた開拓使 函館支庁主任。

kte7d.jpg 武田斐三郎(たけだあやさぶろう)顕彰碑 五稜郭を設計した人物。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  戦争を学んで平和な世界築く 中学生・深澤友理香・14(東京都世田谷区)毎日新聞2016年8月13日 東京朝刊。  平和な世界を築くために必要なことは、戦争や原爆について学ぶことだと思います。 今年は戦後71年。戦争を経験した方々も高齢化が進んでいます。  私は小学生の時、家族で広島を訪れ原爆ドームや平和記念資料館を見学したことがあります。 原爆の恐ろしさを実感し、戦争の悲劇は決して忘れてはならないと強く思いました。  先日、戦争経験者の話を

聞き、平和について考える催しが東京都世田谷区内でありました。 私のような年代の人はほとんど参加しておらず、残念に思いました。 私たちは、戦争経験者の話や平和への思いを、後世に語り継いでいかなければならないと思います。  私は、一人一人が、思いやりの心を忘れずに、命を大切にして生きることが、平和な世界を築く第一歩にもなると思います。 平和を守るために何ができるのか、考えていきたいです。

kte3d.jpg 五稜郭公園 1。 『五稜郭公園』 星型城郭で国の特別史跡に指定されている。  戊辰戦争最後の戦いである箱館戦争の舞台となった。  春は桜の名所、冬は堀がライトアップされる。 2010年箱館奉行所も復元オープン。  かつて榎本武揚、土方歳三らが率いる新撰組にとって最後の砦となった、国の特別史跡五稜郭跡。 一般的には五稜郭公園の名で親しまれ、多くの木々と堀に囲まれた星型の城郭は、夏に緑色、秋に赤黄色、冬に白色、そして5月の大型連休ごろには桜色へと装いを変えます。 公園と

して一般開放された1914(大正3)年に、当時の函館毎日新聞社が発刊1万号を記念し、10年かけて約1万本のサクラの木を寄贈、植樹。 2010(平成22)年に復元公開された箱館奉行所の横に建立されている碑で、その功績を確かめることができます。 長い年月を重ねるうちに樹木は朽ち、現在では約1600本が花を咲かせます。 公園の管理者によると、正面から入園して一の橋を渡り切った右手の土手にあるサクラが、周囲に日を遮るものがないためか、特に見栄えがするとか。 また、散り際には堀の水面が花び

らで覆い尽くされ、開花時とは一味違った趣を楽しめます。 桜の開花はソメイヨシノが標本木、函館市では五稜郭公園の桜が観測場所となっています。 5月はじめの週末や祝日には、花見に集う市民であふれ、賑やかです。  函館市公式観光サイトより。

kte4d.jpg 五稜郭公園 2。

kte1d.jpg 五稜郭公園 3。

kte2d.jpg 五稜郭公園 4。 ペリー提督の黒船。

kte18d.jpg 五稜郭公園 5。 ペリー提督の黒船。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  指導者の反知性に不安 自営業・小塚久枝・61 (京都市右京区) 毎日新聞2016年8月9日 東京朝刊。 先日の本紙に掲載されたジャズ評論家、瀬川昌久氏の寄稿 「戦中に共通する反知性 敗戦から71年の今」 に大いに共感するとともに、大変励まされました。  太平洋戦争が始まりジャズ的な演奏法まで細かく禁止されたほか、言論思想面の弾圧が広がり、京都学派を激しく攻撃するなど戦中に横行した言動を瀬川氏は 「反知性的」 と断じておられます。 そして、今日

の与党の一部の政治家たちの反対派に対する言動に同様の軽率な妄想を感じるとのこと。 戦争を体験した方の弁として重みがあります。 それはまた、私が今感じている不安が間違いではないという証しにもなりました。  瀬川氏の寄稿はこう締められています。  「当時の指導者たちの危険極まりない神がかった思想と言動の再現を許してはならないという思いで私は筆を執った」 このような思いでいらっしゃる年配の方々もたくさんおられるでしょう。心して真剣に未来を考えなければならないと思います。

kod31d.jpg 
函館朝市 9。

kod28d.jpg 函館朝市 10。

kod29d.jpg 函館朝市 11。

kod30d.jpg 函館朝市 12。 

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2016 客船の旅, All rights reserved.