テネリフェの続き

tene20d.jpg


tene25d.jpg
この辺の画像はバスの窓越しに撮ったものです。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





テネリフェの続き

tene59d.jpg
テイデ山 3,718m。標高2,356mから3,555mまで約8分で上るロープウェイ約40人乗り。2,000m地点で撮影。

tene53d.jpg


tene55d.jpg
三日月が溶岩の間から顔を出している

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






テネリフェの追加画像 「Avenida de Francisco」通りに面して造られていた何かの記念像。

tene57d.jpg


tene56d.jpg
シャトルバスの乗降口から軍事博物館方面に徒歩30分ぐらい離れた場所に造られていた。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






テネリフェの日の出と街の様子

tene9d.jpg
いい街です

tene62d.jpg
刻々と変化する日の出の様子

tene35d.jpg
船内のミニゴルフ場、主にパターでホールを回ります。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






tene5d.jpg
テネリフェ到着時の港の風景。Costa Serenaが港にドント控えていた。

tene6d.jpg
テネリフェの早朝の街の風景。

tene8d.jpg
ボイジャー号から見た日の出と街の風景。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






ホームページの編集に時間を費やし画像アップが遅れました。  テネリフェ・スペイン領の続きです。 見渡すかぎり凄まじい風景の連続です。 火山の噴火の恐ろしさを感じます。  なお、この写真のほとんどはバスの窓ガラス越しに撮影したものです。 バスを停めることは危険なので、この地区での下車を禁止しているようです。

tene30d.jpg


tene31d.jpg


tene32d.jpg
荒涼とした溶岩地帯が続く。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






今日は画像アップだけでご勘弁してください。 朝からホームページの全面改造に取り掛かりいささか疲れました。 後日画像の説明を記入します。

tene50d.jpg


tene51d.jpg


tene52d.jpg

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






テネリフェ・スペイン領、続き

tene28d.jpg


tene29d.jpg

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






テネリフェ・スペイン領、続き

tene26d.jpg
溶岩の分布図

tene24d.jpg
まるで砂漠のようでしょう

tene27d.jpg
溶岩の積み重ねを見ると何回も噴火が繰り返されたことがわかる。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






テネリフェ・スペイン領。 カナリア諸島最大の島。この島にはスペイン最高峰のテイデ山3,718mがそびえており、面積は東京都とほぼ同じ大きさです。 島の約半分が自然保護地区に指定され国立公園でもあります。 標高2,000m地点から頂上付近までロープウェイが設置されています。

tene23d.jpg
テイデ山

tene21d.jpg
2,000m付近の溶岩の状態

tene22d.jpg
2,000m付近の溶岩の状態

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.