ウクライナ・セバストポーリの朝
セバストポーリは「uaさんの情報にようると、現在でもロシア連邦の海軍基地とウクライナ海軍の司令部がある軍港の街」だそうです。 したがって海に向かって威嚇するモニューメントが多いようです。 そんな印象を感じています。

sevast66d.jpg このモニューメントも海に向かって造られている。

sevast71d.jpg この海岸道路には大小の爆弾・大砲・大きな錨などのモニューメントが多くある。

sevast69d.jpg 駆逐艦かな?

sevast50d.jpg セバストポーリ港の沖に停泊中のロッテルダム号午後2時頃。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





ウクライナ・セバストーポリ港付近の様子

uaさんから 「ウクライナ・セバストーポリ」 のことについて次のような情報をいただきました。 セヴァストーポリは今でもロシア連邦の海軍基地とウクライナ海軍の司令部がある軍港の街ですね。 ウクライナと言っても大半の人はロシア人でセバストーポリは特別市(独立行政市)になっていて今でもロシアへの領土編入を求める運動が盛んに行われているところです。 世界の中で戦争が起きる可能性の高いところの一つの地域と言われています。

sevast53d.jpg 海岸付近を時間つぶしに歩いて、発見したモニュメント。

sevast52d.jpg この時期結構涼しいのに、若い連中は海で泳いでいた。

sevast54d.jpg ウクライナは旧ソ連の軍港ではなかったかな。港付近には軍港を強調するモニュメントが結構ある。

sevast55d.jpg 珍しく自然の姿。日時計がその方向を示したいるんだが。

sevast56d.jpg 軍港を強調するモニュメント。

sevast59d.jpg ウクライナの英雄を称える銅像だと思う。

sevast58d.jpg 銅像の下に描かれた彫刻

sevast61d.jpg 銅像の下に描かれた彫刻

sevast60d.jpg 2004年9月。ユシチェンコ大統領であったか、その候補であったか定かでないが。突然、重病にかかり、顔面は痘痕だらけとなった。ダイオキシン中毒によるものとされ、ユシチェンコ陣営では反対陣営による置毒を主張しており、国民の同情は高まった。この事件はロシアのプーチン大統領が画策したとされ、一時国際間で問題になったと記憶する。

sevast57d.jpg 選挙があるらしくて、多分候補者の看板かな?。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






ウスペンスキー修道院
クリミアハーン宮殿をあとにしてすばらく走ると。 大型バスから小型バンに乗り換えて急な狭い道を10分足らず乗り継ぐとウスペンスキー修道院(洞窟修道院)が断崖絶壁の壁に張り付くように造られていた。 急斜面の階段を進むと修道院に入る門があり、門の中以降は写真撮影禁止。 下に機関銃を持った監視の兵士がいてカメラを構えると大きな声で怒

鳴って警告していた。 周囲の環境が大きな岩盤や谷底がある異様な環境に造られているので、軍の隠れ基地でもあるのかとも思ったが、それらしい建物もなく。 神聖な神を慮ってただ写真を撮るなということらしい。 修道院の中は洞窟になっていてうす暗い階段が続く、幾つかの小部屋、聖具室、埋葬室等があり一番奥に神殿がある。 修道院は9世紀に建設されたそうで、修復作業が一段落して(現在も修復中である)1993年以降一般公開されるようになった。

sevast42d.jpg 階段の先にある門、この中から撮影禁止。

sevast41d.jpg 修道院の入り口

sevast43d.jpg 
この大きな岩盤の縁に張り付くように修道院がある。

sevast45d.jpg フレスコ画

sevast46d.jpg 付近の異様な環境

sevast44d.jpg たった一軒ある店舗、ここで聖水を売っていた。

sevast38d.jpg 教会の向かい側の岩盤。

sevast39d.jpg 教会の向かい側の岩盤。

sevast47d.jpg こんな岩盤が狭い道路に迫り出している。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






クリミアハーン宮殿 (続き)

sevast28d.jpg ハーレムの正面左側

sevast30d.jpg 中庭にある「黄金の噴水」の裏側。ハーレムがある庭に面している。

sevast31d.jpg 庭にある噴水

sevast34d.jpg


sevast33d.jpg 入り口の左側の建物

sevast32d.jpg 入り口の右側の建物

sevast35d.jpg クリミアハーン宮殿の入り口の前にある民家、一見、食堂or喫茶店のような感じ。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






クリミアハーン宮殿 (続き)

sevast20d.jpg 宮殿の一部屋のシャンデリア

sevast25d.jpg 宮殿の一部屋の天井

sevast16.jpg 
中庭にある「黄金の噴水」

sevast17.jpg 
「涙の泉噴水」 これが有名でとかくいわくがある噴水。中心の×印から少しずつ涙
が出るようにポトポトと水滴が落ち、あたかも悲しげな雰囲気に造られている。左の
胸像はロシア文学者プーシキンです。

sevast27d.jpg


sevast18.jpg


sevast26d.jpg ハーレムの部屋の光とりと装飾

sevast37d.jpg 中庭にある水放け

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






バフチサライには町全体に噴水が30箇所あるそうです。 その噴水が、ここ 「ハーン宮殿」 に25個集中しています。 その全部は見せてもらえませんでしたが。 ハーンが薄命の愛人を偲んで造った噴水が特に有名です。 この噴水についてはいろんな逸話があるそうです。 ハーンが本妻を無視して愛人のみ愛するものだから、本妻が毒殺したとか・・・話に尾ひれがついて、現在に伝わっているようです。

sevast29d.jpg ハーレムの外観。この中にはハーンに使える女性が何人もいた。しかも室内に閉じ込め外へ出ることもできない状態で隔離していたらしい。もっとひどいのは13歳を過ぎると、お払い箱(売買)になったとうひどい話であった。
 
sevast13d.jpg 宮殿の建物の一部

sevast15.jpg 
宮殿の建物の入り口、イスラム風装飾。

sevast14d.jpg


sevast21d.jpg 会議室???部屋の中にある噴水。英語のツアーに参加しているので説明と撮影のずれで正確な説明は聞いていない。

sevast23d.jpg


sevast24d.jpg 部屋にある噴水の入り口。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「ウクライナ・セバストーポリ」
ウクライナ南部、クリミア州の海港都市で、黒海に面したクリミア半島に位置する都市です。 人口は約36万人。 セバストポーリとは、ギリシャ語で  『高い都市』 を意味する。 前5世紀にはギリシャの植民市ケルネソスが建設された地域として知られる。 その後クリミア地方の政治、商業の中心として栄えた。 13世紀タタール人の支配で衰えたが、18世紀

末にロシア領となるとともに港がつくられ、19世紀の初めには黒海艦隊の基地となった。 ソ連時代に、クリミア戦争と第二次世界大戦での攻防戦の奮闘を讃え英雄都市(英雄都市とは、ソ連最高の勲章であるレーニン勲章が与えられ、さらに金星章とともに英雄的行為の証明書がソ連最高会議幹部会から与えられる)の称号を与えられた。 その歴史を反映する記念碑、黒海艦隊、クリミア戦争、防衛、解放等に関する多くの博物館や美術館がある。

sevast6d.jpg クリミアハーン宮殿のプレート

sevast5d.jpg クリミアハーン宮殿の入り口、独特の装飾。

sevast7d.jpg 中庭

sevast8d.jpg


sevast9d.jpg


sevast1d.jpg セバストーポリ港沖に停泊するロッテルダム号

sevast2d.jpg テンダーボートが着く岸壁では歓迎の音楽隊が演奏してくれていた。旧ソ連圏ではこんな光景が多い。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.