大晦日の夜を如何お過ごしですか。 今年、沢山の方に画像を見ていただき感服しております。 新しい年がよりよい年でありますよう。 感謝、感謝です。

perg18d.jpg エルベ川が霧に包まれた。 豪華な城風の建物も冴えない。

perg17d.jpg  エルベ川が霧に包まれた。

perg19d.jpg 霧が晴れると観光船も生き生き。 しかし、この季節乗客は少なくデッキにいる人の姿は少ない。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





perg14d.jpg


perg15d.jpg どうやら、この地方の秋の天候は不順のようです。突如、霧がでてました。

perg16d.jpg エルベ川も霧に包まれています。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






perg12d.jpg 霧が晴れると、巨大岩石が出現。

perg11d.jpg 一瞬の霧の晴れ間。 

perg13d.jpg 展望台から眺める岩石の姿にはただただあきれはてる。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






ドレスデンの南東。 チェコ国境に近い山地に 「バスタイ渓谷の奇岩」 があります。 その景観の素晴らしさから、ザクセンのスイス(Saechsische Schweiz)と呼ばています。

basu1d.jpg バスタイ渓谷の奇岩の一部。  

basu2d.jpg 中心の川は、エルベ川です。 突如、霧が発生して、あれよ、あれよという間に辺りが闇の中になりました。

basu3d.jpg 霧が発生する前のバスタイ渓谷の霧の晴れ間の状態。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






pill10d.jpg 屋根が絵になりますね。この素晴らしい屋根の曲線のデザインいやいや感服。

pill18d.jpg 黄葉と屋根のコントラストいいね。ここ馬小屋か、牛小屋か?。人の住いではないと思う。

pill17d.jpg 緑があって、黄葉とその先には赤いバラがある。そして秋雨。情緒あふれる光景。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






ビルニッツ宮殿のメイン建物の全体像。 庭のアプローチも好い。 周りの環境もいい。 全て最高です。

pill11d.jpg


pill8d.jpg


pill9d.jpg

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






pill2d.jpg 秋咲きのバラが美しい。

pill4d.jpg
 

pill7d.jpg 雨で地面はこんな状態。 寒いし環境は悪いが 「宮殿」 の風景は最高でした。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「ビルニッツ宮殿」 ザクセン王オーガスタ1世が最も寵愛したコーゼル女伯爵に与えた宮殿です。 秋も深いこの地方は、いま黄葉が真っ盛りでした。 宮殿の中に入ると、よく手入れされた庭園が広がり花壇には、「秋咲きのバラ」 が秋雨にぬれて、宮殿全体の雰囲気を最高に高めてくれました。

pill13d.jpg


pill14d.jpg


pill16d.jpg

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






エルベ川のクルーズ。 小雨模様の天候ですが観光船で 「ピルニッツ宮殿」 に向います。 船はドレスデンの展望台(ブリュールのテラス)の下から出発します。

dres40d.jpg Blasewitz 下船前の町の光景。

dres41d.jpg Blasewitz(ブラセベッツ)下船。

dres42d.jpg エルベ川観光船。 次の目的地に向って出航して行きました。 

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






dres27d.jpg ザグゼン州大蔵省の建物。

dres29d.jpg エルベ川遊覧。 ブリュールのテラス沿いから出発。 結構豪華な別荘が川沿いにありました。

dres39d.jpg その川沿いの豪華な別荘の一部。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.