マイセン磁器続き

mei30d.jpg


mei29d.jpg


mei13d.jpg

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





マイセン磁器続き

mei28d.jpg 渋い色合いが抜群。 全体かどうかわかりませんが。1500ユーロ 近い価格が付いていました。

mei21d.jpg


mei14d.jpg 左側2000ユーロ、右側2947ユーロです。 ホー、ため息がでます。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






マイセン磁器続き
mei20d.jpg この作品の価格 6、500EUR です。

mei26d.jpg


mei27d.jpg この作品の価格 3、158 EUR です。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






マイセンの工場見学で目の保養にと思って。 結構なお値段です。 価格を入れて撮ってきました。

mei15d.jpg


mei2d.jpg ドイツ・マイセン陶磁器の高級品。 写真にもあるように、この商品6,000ユーロです。 
今日のレート113円で計算すると。 678,000円です。 2人で海外旅行が一回できるよね。

mei12d.jpg


mei16d.jpg SET EUR 442です。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






パイプオルガンの演奏と工房見学
マイセンの磁器は今更紹介する必要はないでしょう。  見学工場ではマイセンの磁器で作られたパイプオルガン(写真参照)を演奏してくれました。  オルガンのキーボドの音階とパイプの大きさを調整して音符との整合性に苦心したそうです。
 
また、ブレーメンやドレスデンなど旧東ドイツ地区には時を刻むときに鳴る小さな鐘の形をした白い磁器もマイセンの作品です。  マイセンのマークの由来は交差した 「青の剣」 です。  「ザクロと桃」 を図案化したものだそうです。 そして、マイセンはワインも有名です。

mei4d.jpg
 マイセン本社でのパイプオルガンの演奏場面。

mei5d.jpg 楽譜をみて演奏するオルガン奏者。

mei6d.jpg 演奏を聞き入る、われわれのクループ。

mei32d.jpg 工房の見学

mei33d.jpg 工房の見学

mei34d.jpg 工房の見学

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






アルブレヒツブルク城
アウグスト2世はベトガー(ヨハン・フリードリッヒ・ベトガー。ヨーロッパでの磁器の発明者)に白い磁器の製作を命じた。 その製作場所としてこのアルプレヒツブルク城が選ばれた。 城はエルベ川に沿う高台にあり高価な材 料や製品が盗まれたりする心配がなく、且つ秘密保持に適していた。 城はザクセン繁栄の源泉ともなったマイセン磁器の発祥の地である。 つ

まり、最初の工房が置かれた場所である。 城は守りの堅固な城砦としての機能も備えていたが、王の住まいとして使われなかった珍しい城だといわれる。 1863年に現在のマイセン磁器工場が建設されるまでの153年間にわたってヨーロッパ最初の磁器工房としてザクセン州に富を生み出した場所である。

mei17d.jpg

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「ベルリンの壁美術館」
1961年8月13日深夜、東ドイツ政府が西ベルリンを囲む壁を建設した。 この全長155kmの壁により、西ベルリンは東ドイツにぐるっと四方を囲まれる陸の孤島となった。 館内はベルリンの壁をテーマにしたドキュメンタリーを映像や写真で紹介している。 境界となった建物の4階から飛び降りる子供の写真。 手作りのソ連兵の軍服を着て、うまく壁を通過す

ることのできた人。 実際に逃走に利用した車や気球なども展示されている。 また、数多い失敗例の話もある。 妻と子供を東側から連れ出そうと地下通路をひとりで造ったが、監視兵に知られて射殺された人の話等々。 こうした悲劇の事実を克明に表現している。

ber39d.jpg


ber35d.jpg


ber36d.jpg


ber37d.jpg

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「国会議事堂」 ドイツの首都ベルリンにある議事堂。1894年帝政ドイツ共和国の下院の議事堂として誕生した。 1933年に不審火による火災で炎上した。1999年に修復され、現在はドイツ連邦議会の議場が置かれている。

ber6d.jpg ドイツ連邦国会議事堂正面

ber7d.jpg ドイツ連邦国会議事堂全景

ソニーセンタービル
perg3d.jpg ドイツの世界的な建築家であるヘルムート・ヤーン氏が設計した。 ビルを覆う巨大なドーム型のテントが富士山を連想させる。 センタービルは オフィス、映画館、博物館、ホテルなどがあり、世界有数の企業がオフィスを構えている。 ソニーセンタービルは世界4大年金基金がモーガンスタンレーファンドから買収したとかの話がある。 バスの窓越し撮影。

ヨーロッパ・ユダヤ人犠牲者追悼碑
perg4d.jpg 切石が2711個が立ち並ぶこの石碑群は、首都中心部のパリ広場とポツダム広場のあいだに広がる道路沿いにある。 これ何、と。 声をかけたなる光景です。 これがヨーロッパ・ユダヤ人犠牲者追悼碑です。 2005年5月の落成です。 バスの窓越し撮影。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






ber34d.jpg ゼウスの大祭壇 階段の中間点から撮影。

ber11d.jpg 床のモザイク画

ber12d.jpg 上の鳥の拡大

ber20d.jpg アテネ神殿

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






ber21d.jpg ベルガモン博物館の見学時間はたったの1時間あまり。その短い間に、こんな写真が撮れるとはラッキーでした。女性が男性側に顔を向けてくれたら最高だったのに。

ber23d.jpg


ber24d.jpg


ber22d.jpg 上のコインの説明?

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.