ベルク教会(ハイドン廟)
1809年5月31日77歳のハイドンはハイドンガッセの家で亡なくなりました。 その遺体はフントシュトルム墓地に葬られました。 生前、ハイドンはアイゼンシュタットに埋葬されるのを望んでいたそうです。 1820年遺体をアイゼンシュタットにあるエ

ステルハージー家ゆかりのベルク教会に移すことになり、棺を開くと遺体には頭部がなかったそうです。 諸説あるそうですがエステルハージー家の書生が埋葬の数日後に切断して盗み出していた。とか?。その他、別の説もあるようです。 頭蓋骨はいろいろな人の手に渡り1954年にやっと胴体と一緒になったそうです。

belg1d.jpg


belg2d.jpg


belg4d.jpg


belg5d.jpg


belg3d.jpg 朝早くの到着で、教会には入れなかった。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





エスターハージィ城 Ⅳ

est16d.jpg 城内の彫刻。

est20d.jpg
城内の彫刻。

est19d.jpg ハイドン・ザール、天井のフレスコ画部分。

est18d.jpg ハイドン・ザールの左右の壁。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






エスターハージィ城 Ⅲ

est11d.jpg 鏡の台

est12d.jpg 陶器
 
est13d.jpg 陶器

est14d.jpg 陶器

est15d.jpg 陶器

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






エスターハージィ城 Ⅱ

est5d.jpg 城内の案内板。

est6d.jpg エスターハージィ城の家紋? 

est8d.jpg ハイドン・ザール、天井のフレスコ画は素晴らしいです。  ハイドンの要望で音響効果のため床を板張りにし柱にも木柱を用いたと伝えられています。 ホールは現在もコンサートが催されて音響効果は抜群です。

est9d.jpg ハイドン・ザール、天井のフレスコ画は素晴らしいです。

est10d.jpg ハイドン・ザール、天井のフレスコ画は素晴らしいです。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






エスターハージィ城 Ⅰ
オーストリアの地方都市、アイゼンシュタットのエスターハージィ城内にあります。 ハイドン・ザール(ザールは)ドイツ語でホールの意味。 その名の通り作曲家ハイドンが30年以上にわたって生活し、多くの作品がここで初演されたそうです。 現在のステージは当時のものではありません。が、ホールの収容人数は約600人で、とても素晴らしい音響を誇っています。 また、ハイドン・フィルハーモニーの演奏CDはすべてここで録音されるそうです。 天井には美しいフレスコ画が描かれています。  ハイドン・ザールとフレスコ画は次回掲載します。

est7d.jpg エスターハージィ城正面。 

est2d.jpg エスターハージィ城正面入り口。

est1d.jpg 歴代城主の写真?

est4d.jpg 家紋?

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.