すっかり夜の観光。添乗員に現地ガイドさん曰く、こんなところでよろしいでしょうか。と、いう観光。

buta78d.jpg この小さな街に7つの教会があるそうです。その教会の一つ。

buta79d.jpg 別の角度から。

buta80d.jpg 日本ではバーとかいう店舗の壁のデザイン。

buta81d.jpg
あれ電柱に怪しげな人物が 魔女か???。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





センテンドレ街の観光は日が落ちてからでした。 街はブダペストの北へ約20kmにあります。 のどかな田舎街ということでしたが、訪れた時間帯は日が落ちていました。 薄暗い街をただ散策したという印象です。 しかし、言われる面影は暗くなっていても何となく感じるものがありました。 色とりどりの家が立ち並ぶ、可愛らしい街です。 多くの芸術家達が街に住んでいるためか、美術館やギャラリーがたくさんあるそうです。

buta76d.jpg
セルビア正教会。
 
buta71d.jpg 別の教会の十字架。

buta72d.jpg かわいい街の様子。

buta73d.jpg かわいい街の様子。

buta74d.jpg センスのいい店舗。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






エステルゴム大聖堂の天井のセンターに4体ある聖人像。

buta66d.jpg S.HIFRONYMUS
 
buta67d.jpg S.GREGORIUS

buta68d.jpg S.AMBROSIUS

buta69d.jpg S.AUGUSTINUS

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






教会内部の天井画と彫刻

buta65d.jpg 聖母マリアの昇天の絵画の上の部分の天井画。

buta70d.jpg パイプオルガンの上の絵画。

buta63d.jpg 上の天井画の拡大。

buta64d.jpg 教会の中心部分の天井。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






buta54d.jpg エステルゴム大聖堂の別の角度から。

buta56d.jpg このドームをくぐり右側に教会の入り口がある。

buta60d.jpg
主祭壇を飾る絵は 「聖母マリアの昇天」(13,5m×6,6m)1枚のキャンバスに描かれた
絵画としては世界最大級といわれる聖画です。

buta62d.jpg
「聖母マリアの昇天」アップ。

buta61d.jpg
副祭壇の一つ。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






エステルゴム大聖堂は19世紀半ばに建てられたもので、ハンガリー最大の規模を誇っています。 聖イシュトヴァーン王の建てた最初の礼拝堂は、12世紀末に火事で焼け、その後再建そして増築されたが、オスマン・トルコの襲来によって再び焼けてしまうという経緯があります。  教会の中に入ると、天井装飾の美しさに目を奪われます。  主祭壇を飾る絵は 「聖母マリアの昇天」(13,5m×6,6m)1枚のキャンバスに描かれた絵画としては世界最大級といわれる聖画です。

buta48d.jpg  エステルゴム大聖堂外観。

buta50d.jpg エステルゴム大聖堂正面。
 
buta53d.jpg 
正面の銅像。

buta51d.jpg 外壁の彫刻。

buta49d.jpg 教会の石畳の下にあるレストラン。①の写真壁部分にレストランがある。

buta52d.jpg
レストランのメニュー。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.