ギリシャ・ロードス島では 「QE」 の停泊位置が悪く、客船の外観の撮影は1点だけでした。 寂しいので、ロードス島に停泊していた他の客船を掲載します。

dod4d.jpg ギリシャ・ロードス島 Commercial Port Berthに停泊の「QE」。

dod9d.jpg 左から Cost Atlantica号・Astor号・右側は「QE」の上甲板から撮影。

dod7d.jpg Astor号。 総トン数 20,606GT : 全長 176.3m : 幅 22.6m : 船客定員 650名 : 乗組員 300名 。

dod14d.jpg Cost Atlantica号 1。 総トン数 85,619トン : 全長 292.6m : 幅 32.2m : 船客定員 2112名 : 乗組員 920名 。

dod15d.jpg Cost Atlantica号 2。

dod16d.jpg Cost Atlantica号 3。

dod17d.jpg Cost Atlantica号 4。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/
http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





ロードス島、旧市街を散策。

cru19d.jpg 「マリン門」 コマーシャル・ハーバーを出て城壁沿いに右に歩いていくとこの門がある。 ここから旧市街に入ることができる。

cru20d.jpg 旧市街のショッピング街。

cru21d.jpg 旧市街のショッピング街の陶磁器類販売店。

cru32d.jpg Tシャツのデザイン。

cru22d.jpg 遠方にモスクの尖塔がある。「スレイマン・モスク」では?。 オスマン帝国が聖ヨハネ騎士団に勝利した記念に建設された。 モスクの名前は戦いを指揮したオスマン帝国の皇帝スレイマン一世の名が付けられた。

cru30d.jpg 騎士団が使用した建物。 どこの国の紋章かな。イポクラテス広場の海側にあった。

cru23d.jpg 「イポクラテス広場」 円形の構造物ははカステラニアの噴水。 円錐形の先端には「フクロウ」の像がついている。

cru31d.jpg レストランらしき建物。2階には客らしき姿が見られる。 

cru29d.jpg 建物の上にはイスラムの紋章がある。

cru33d.jpg 「(Our Lady of the Burg)町の聖母マリアと訳すのか?」 という教会の跡。 14世紀末から15世紀初め頃の建設。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






2002年マルタ島を訪れ「聖ヨハネ騎士団」を知った。 その始まりがロードス島にあることは知らなかった。 「聖ヨハネ騎士団」 はエルサレムを訪れる巡礼者のための 「聖ヨハネ病院の医療活動」 を行っていた軍事医師団だった。 しかし1291年にイスラム軍によりエルサレムを追われキプロスに逃れ。 1309年にロードス島に本拠地を移した。 1522年にはオ

スマン帝国軍に攻められシチリアに撤退した。 シチリア王より 「マルタ島」 を借り受けそこに本拠地を移した。 ロードス旧市街には城壁の中に聖ヨハネ騎士団にまつわる数々の建造物・宮殿が残されている。

cru10d.jpg 聖ヨハネ騎士団の建造物

cru12d.jpg 聖ヨハネ騎士団の建造物。哨戒塔かな。

cru14d.jpg


cru15d.jpg この右側に騎士団長の居城がある。

cru16d.jpg 騎士通り。 聖ヨハネ騎士団の建造物の中心部。

cru17d.jpg 騎士通り。 前画面の反対側の通路、海岸側に向う。

cru18d.jpg 「考古学博物館」 騎士団の病院だった建物跡。

cru25d.jpg


cru26d.jpg 各国騎士団の紋章。

cru27d.jpg 各国騎士団の紋章。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






中世の城砦都市の壁に沿って縦横に張り巡らせた迷路の様な石畳の道路を歩きます。

cru2d.jpg 中世の城砦都市。アンボイス門。

cru1d.jpg 上の橋の両側の風景。

cru3d.jpg 世界遺産都市の看板。

cru4d.jpg


cru6d.jpg センスのいい説明看板。

cru7d.jpg ロードス・タウン旧市街入り口(聖アンソニー門)の上にマリア像が。

cru8d.jpg 上の写真マリア像のアップ。

cru9d.jpg 縦横に張り巡らせた石畳。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






白い家々に囲まれて、浮かび上がっているかのようなリンドス村です。 村全体が考古学遺跡の指定を受けているそうです。 車、バイクの進入も禁止とか?。 道そのものが狭く道幅もない。 車を動かせる状態ではない道路だと思います。

lin11d.jpg リンドスの頂上にあるアクロポリス。

lin14d.jpg 海側は素晴らしい景色だ。 そのⅠ。 何故か豪華なヨットが一隻。

lin18d.jpg そのⅡ。

lin20.jpg そのⅢ。

lin23d.jpg そのⅣ。 先の豪華なヨットがアクロポリスに向う途中の位置(場所)がかわるとこんな風景になる。

lin24d.jpg そのⅤ。

lin25d.jpg そのⅥ。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






リンドス村のアラカルト。

lin2d.jpg このような路地というか、階段あり緩やかな坂道を登ります。

lin1d.jpg その路地の道端で、女性はたくましく商いをしています。

lin3d.jpg 手編みの刺繍織りを売っています。

lin9d.jpg 上のロング。

lin6d.jpg これ、アメリカ人向きかな?。 昔、見たことがあるブロンディの漫画を模した絵。

lin7d.jpg 坂の途中で、視野がひらけて、こんな風景が。

lin10d.jpg こちらは立派な店舗。

lin12d.jpg
壁に、こんな状態で売り物を展示しています。 格好の被写体。

lin4d.jpg お洒落な、道のデザイン。 概して、センスは良いのでは。 自然な石でこのようなデザインを造るのは「根気」以外に表現のしょうがない。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






典型的な城砦都市の見本である城壁に囲まれた町。 徒歩でリンドスの村を歩きました。 狭い道には色んな露天店舗があり、われわれの目を楽しませてくれました。 歩きながらの街の外観を主に撮りました。 通路の様子は次回掲載します。

lin26d.jpg 城壁の街が良くわかると思います。

lin13d.jpg 城壁の中にあるモスク。

lin27d.jpg モスクの尖塔。 全画面のアップ。

lin16d.jpg 教会付近の様子。 イスラムのモスクあり、キリスト教会あり複雑。 

lin15d.jpg 赤い屋根の教会の十字架のアップ。

lin17d.jpg 遺跡の一部かな?。

lin22d.jpg 何かの施設だと思う。 老人施設か病院か?。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






作品の続き。
aru11d.jpg 作品9。

aru12d.jpg 作品10。

aru13d.jpg 作品11。

aru14d.jpg 作品12。

aru15d.jpg 作品13。 動物、特に鹿の絵柄を多く見かけました。 縁起がいいのでしょうか。

aru16d.jpg 作品14。 

aru17d.jpg 作品15。

aru19d.jpg 作品16。

aru18d.jpg 作品17。
 
http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






ロードス島東部海岸に「アルハングロス」というロードス市から29km離れてた小さな村がある。 美しい伝統的な家々と、陶器や絨毯の工房で有名です。 今回は陶器工場を訪れました。 作品の作られる工程と展示販売店を見学しました。

aru3d.jpg 作品製作過程。

aru2d.jpg 作品1。

aru4d.jpg 作品2。

aru5d.jpg 作品3。

aru6d.jpg 作品4。

aru7d.jpg 作品5。

aru8d.jpg 作品6。

aru9d.jpg 作品7。

aru10d.jpg 作品8。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






トルコからギリシャ・ロードス島に到着(2012/10/18)。
エーゲ海南東部の12の島々の中心にある「ロードス島」はギリシャと言うより地中海を代表するリゾートアイランドです。 海岸沿いには国際的なリゾートホテルが立ち並び、カジノやゴルフコースといったリゾート施設が充実しているのも特徴です。

dod1d.jpg Queen Elizabeth号船上からロードス島の港周辺及び広範囲の様子を撮る。 城壁に囲まれた街の様子が良くわかると思う。

dod2d.jpg 港にあるシャチの彫刻。 後ろに城壁が写っている。

dod3d.jpg シャチ・モニュメントと客船Costa Favolosa号。

dod4d.jpg われわれが乗船している客船Queen Elizabeth号です。

dod6d.jpg 客船Costa Favolosa 号です。

dod7d.jpg 客船 Astor /総トン数 20,606トン /全長 176.3m /幅 22.6m /船客定員 590名~650名(最大)/乗組員 300名。

dod9d.jpg 左側からCosta Favolosa号・Astor号・Queen Elizabeth号船上から撮影。

dod5d.jpg ロードス港に着く、高速船かな?。

dod8d.jpg Blue Star フェリー。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.