オークランド港の早朝

okun4d.jpg


http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





昨日の夕食の中華料理に含まれた何かで(多分魚介類)ジンマシンが発症した。 夕飯後1時間しない内の発症である。過去にその経験があるので、医務室の手配をすべく添乗員及び日本人コーディネーターを探すも下船の手続き等で忙しいらしく捕まらない。 幸い同船したグループの小西様に会い通訳をお願いする。 医務室にTELするもジンマシンの説明の

単語がわからない。 持参の翻訳機でようやく見付けジンマシンであることを説明し医務室に向う。 診療時間外の依頼だが快く受けて診察をしてくれた。 静脈にカプセル状の薬剤を投入して、4時間置きに飲む薬剤をくれた。 症状は二枚貝のアレルギーではないかと言う診断。 医師の診察及び診断書等の諸費用約300ドル。 翌朝看護士が静脈に入れたカプセルを抜き処置をしてくれた。 ジンマシンの症状はすっかり治癒していた。

okun2d.jpg
ニュージーランド港の朝。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






オークランド港の早朝

okun3d.jpg


http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






下船日の朝素晴しい朝焼けに出会った。 AM8時には客船サファイア・プリンセス号を離れ市内観光に向う。

okun1d.jpg
素晴しい朝焼け

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






この様なモーテルが沢山あります。 念の為、申し添えますが日本で言うところのラブホテルではありません。  ニュージーランドは土地は安いし、人口密度が低いので平屋が多いのです。 10年ほど前の話ですがクライストチャーチで土地の取引単位は最低300坪で200万前後だと、ガイドが話していました。

taurng4d.jpg
モーテルの入口と各部屋にそれぞれ付いている車庫。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






タウランガのほぼ中心街からサファイア・プリンセス号を撮影。 客船の大きさがわかると思います。

taurnga1d.jpg
停泊中のサファイア・プリンセス。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






お城は1878年の建造です。 過去には何回か転売された経緯があるそうです。 現在はパーカー家の私邸です。 全て素晴しいものばかりですが正面玄関の天井の彫刻は3人がかりで6年半費やして完成されたものです。 たいへん手の込んだ彫り物の彫刻が引き立ちます。 室内の写真及びビデオ撮影は禁止です。 霧が出てすっかり雨になりました。

dunedin6d.jpg
ラーナック城。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/index.html

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.