この市庁舎は毎年12月10日にノーベル平和賞の授賞式が行われる。  平和賞はノーベル賞の中で選考人物にもっとも批判の多い賞であり、物議が絶えない。  平和賞はしばしば戦争終結功労賞や投機的授賞と揶揄され、戦争を起こした人が和平合意するなどして受賞している。 戦争終結功労賞の例として有名なのは、ベトナム戦争終結を約したパリ協定の功労による1973年のキッシンジャー元米国務長官である。  世界はいまだに残念なことに、この協定後も戦争

は続いている。 残念なことだ。この市庁舎への訪問者は旅行者を含め年間10万人を超えるという。  ノルウェー人は国旗を一家に平均16本持っているそうだ。 それぞれ国旗を掲揚する理由があるらしい。  食卓のテーブルの上、寝室などなど国旗を通じて国の存在感を示しているらしい。 また、スキーを4000年前からしているとカイドが話していた。

nob9d.jpg
市庁舎正面

nob8d.jpg
市庁舎裏側

nob1d.jpg
市庁舎内部

nob2d.jpg
市庁舎内部

nob3d.jpg
市庁舎内部

nob4d.jpg
市庁舎内部天井

nob6d.jpg
市庁舎内部

nob7d.jpg
市庁舎内部

nob15d.jpg
市庁舎裏側の左右の壁の彫刻画

nob16d.jpg
市庁舎内部のシャンデリア

nob14d.jpg
市庁舎前公園の銅像、女性の裏側には男性の像があります。

nob10d.jpg
港の帆船

nob11d.jpg
出港した船内から見るヨットハーバーと市庁舎

nob12d.jpg
海の中の小さなレストラン?

nob13d.jpg
素晴しい街並み

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.