市庁舎
市庁舎は1911~23年かけて建てられた。 106mの塔、赤レンガの質感、ゴシック風の窓、大広間に高窓から入る採光が効果的に演出してくれる。 2階に上がる階段は世界一歩きやすいように設計されたと聞く。 ノーベル賞受賞晩餐会が行われる 「黄金の間」 には1900万枚の金箔が使われているという。

gam1d.jpg
市庁舎1F大広間

gam2d.jpg
市庁舎1F世界一、歩きやすい設計だとといわれる階段

gam4d.jpg
大広間2Fから

gam5d.jpg
黄金の間10kgの金箔が使われているといわれる

gam6d.jpg
黄金の間

gam7d.jpg
黄金の間

gam8d.jpg
2Fシャンデリア

gam9d.jpg
2F家具調度

gam10d.jpg
2Fフレスコ画

gam12d.jpg
2F必見の場

gam13d.jpg
市庁舎まえの広場

gam14d.jpg
情緒がある、旧市街ガムラスタンの石畳

gam15d.jpg
世界一小さい彫刻像「鉄の少年」賽銭をあげ、頭を触ると幸運が訪れるとか?

gam16d.jpg
旧市街ガムラスタンのウインドウの飾り

gam17d.jpg
帆船SEA CLOUDⅡ号。運行している帆船で停泊中。いいなァーロマンがある

gam18d.jpg
海岸の野外レストラン

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





スウェーデン・ストックホルム
オスロ~ストックホルムまでの走行距離(1472,34km)を38時間かけて到着する。 船の旅は飛行機で短時間で訪れる旅とはだいぶ趣が違います。  終日航海中は船側の様々な催し物の企画が盛り沢山です。 とても全部はこなし切れません。 サウナに行く、プールで泳ぐ、甲板をウォーキング、ダンス教室、ナフキン折りの講習、タンゴの演奏などなど、のんびり行こうという心境です。 ストックホルム入港の様子からご覧ください。

suto1d.jpg
素晴しいでしょう

suto3d.jpg
カルガモはこちらでも人気者?

suto5d.jpg
小さな島には鳥がいっぱい

suto25d.jpg
美しいでしょう

suto26d.jpg
表現に困ります

suto27d.jpg
スウェーデン語では、何というのでしょうか

suto28d.jpg
いいですね

suto30d.jpg
以下感動のみ

suto32d.jpg


suto34d.jpg


suto35d.jpg


http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.