エストニア・タリン 最終編。 次の寄港地はドイツ・ヴァルネミュンデです。

est64d.jpg
キーク・イン・デ・ショク 「台所を覗く」 という意味の、高さ38メートルの塔です。 かつて兵士らが塔の上から、下に見える家の台所を覗き見できる場所として、こう呼ばれるようになりました。 1470年に建造されたこの塔は補強され、壁の厚さは4メートルにもなります。 上階をイヴァン皇帝の軍に吹き飛ばされたものの建物はそのまま残され、現在はタリンの軍事・防衛博物館として使用されています。

est65d.jpg
旧市街の入り口。

est66d.jpg
教会 1。

est67d.jpg
教会 2。

est68d.jpg
市電 1。 ほとんど運転手は女性でした。

est69d.jpg
市電 2。

est70d.jpg
タリン港に停泊する客船、手前はRegatta号。(総トン数:30,277トン 全長:181m 全幅:26 m)

est71d.jpg
Celebrity Constellation号正面。

est72d.jpg
Celebrity Constellation号横面。

est73d.jpg
タリン港に停泊する、左Regatta号。 右Celebrity Constellation号。

est74d.jpg
タリン港を出港したコンステレーションの船内からタリンの街の全貌。 右の尖塔は「聖オレヴィステ教会」 左の尖塔は「ニグリステ教会」

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





あけましておめでとうございます

2014年万能川柳。 選者、中畑貴志さんが選ぶ句の中から。 安倍晋三を誹謗して、ぼくが選ぶ2句(イシダノブヤス)。
「増益の大企業には減税し」 「赤紙がスマホに届く世が来そう」

est63d.jpg

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







【衆院選2014】 山田美樹氏(自民党)の運動員、選挙期間中に人身事故を起こしていた。 被害者が救急搬送される近くで山田氏ら陣営が街頭演説を行っていたことが毎日新聞の取材で分かった。 翌日に被害者の入院先を訪ねてきた秘書が、応対した親族に「(投開票後の)月曜まで待ってくれ」などと言って身分を明かさなかったことも判明。 被

害者側は「非常識だ」と批判しており、山田氏の事務所は取材に対し、山田氏本人に事故をすぐ報告すべきだったなどと釈明している。 男性は転倒して一時意識不明となり、搬送先で外傷性くも膜下出血と診断されて2週間以上入院した。 半年間の通院が必要で運転もできない状態だという。  山田美樹は選挙区で勝ち当選した。 皮肉にも敗れ

たのは民主党大表海江田氏だった。 毎日新聞の取材の後、山田議員は見舞いに訪れたらしい。 こんな議員は即辞職すべきではないのか。
  
エストニア・タリン 6。
est56d.jpg
旧市街。 ハンザ都市のひとつとして繁栄した店舗街 1。

est57d.jpg
旧市街。 ハンザ都市のひとつとして繁栄した店舗街 2。

est58d.jpg
旧市街。 ハンザ都市のひとつとして繁栄した店舗街 3。

est59d.jpg
旧市街。 ハンザ都市のひとつとして繁栄した店舗街 4。

est60d.jpg
旧市街。 ハンザ都市のひとつとして繁栄した店舗街 5。

est61d.jpg
旧市街。 ハンザ都市のひとつとして繁栄した店舗街 6。

est62d.jpg
旧市街。 ハンザ都市のひとつとして繁栄した店舗街 7。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






エストニア・タリン 5。

est45d.jpg
旧市庁舎
ラエコヤ広場にあるゴシック様式の建物がタリンの旧市庁舎です。 旧市庁舎は1402年から1404年にかけて建造され、北欧最古のゴシック建築と言われています。 この建物に付随した塔の高さは65メートル。 その先端には、旗を持った番兵の像があります。 この像は 「トーマスおじいさん」 と呼ばれ、タリン市民に親しまれています。

est46d.jpg
ラエコヤ広場  1。
町の中心であるラエコヤ広場。 かつて、市場や祝い事に使用されていましたが、ここで処刑が行われたこともあると記録に残されています。 広場の中央には、バラのコンパスが彫られた丸い石があります。
 
est47d.jpg
ラエコヤ広場  2。

est48d.jpg
ラエコヤ広場  3。

est49d.jpg
ラエコヤ広場付近のレストラン。

est51d.jpg
旧市街の一角。

est54d.jpg
オレヴィステ教会 1。
旧市街の北側、ライ通りとピック通りの間にある13~16世紀に建造されたゴシック様式の教会です。 ここにはタリンで最も高い、高さ124メートルの尖塔があります。 塔は夏季に開放され、上からは見事なタリンの町並みが望めます。

est53d.jpg
オレヴィステ教会 2。 Celebrity Constellation号客船主催のツアーの一行。

est55d.jpg
オレヴィステ教会 3。 塔の上の部分。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






疑惑いっぱいの「小渕優子議員」が当選しました。 さて 「自民党」 も 「検察」 も 「みそぎは済んだ」 として、むやむやにする魂胆ですかね。 自民党はともかく 「東京地検特捜部」 はちゃんと捜査の結果を公表するんだろうね。 期待している。

エストニア・タリン 4。
独立への道を開いた 「歌と踊りの祭典」(ユネスコ無形遺産) エストニアは「歌」で独立を勝ち取った国です。 絶えず周辺の大国の支配下に置かれてきたエストニアは、独立への悲願を歌に託した 「歌と踊りの祭典」 で知られています。 

1988年9月に開催されたこの祭典には30万人が集まり、当時禁じられていたエストニアの民族音楽をエストニア語で合
唱。 国民の機運を高め、祖国を独立へと導きました。 そして1991年8月20日、その夢は現実のものとなりました。 流血なしに独立を成し遂げたこのイベントは 「歌う革命」 とも呼ばれています。 独立を果たした今もなお、エストニアでは5

年に1度タリンの歌の原に国内外から多くのエストニア人が集い、国を挙げたこの国民的行事が行われています。 この祭典は、ユネスコ世界無形遺産に登録されています。

est28d.jpg
旧市街の街並み。

est50d.jpg
「聖霊教会」 旧市庁舎広場の近くに建つ、14世紀に建造された内部、外観ともに壮観な教会です。 八角形をしたこの純白の教会の正面には、タリンで最も古い公共の時計が時を刻んでいます。 その 1。

est29d.jpg
その 2。

est40d.jpg
かつてあった聖カタリナ教会の裏手にある小径です。 ここには工芸品の作業場が集まり、アーティスト達が伝統的な手法でガラス器や帽子、キルト、セラミック、宝石類、手塗りの絹などを作成・販売しています。 その 1。

est41d.jpg
その 2。

est42d.jpg
旧市街にあるカフェ 1。

est43d.jpg
旧市街にあるカフェ 2。

est44d.jpg
旧市街にあるカフェ 3。

est39d.jpg
旧市街にあるカフェ 4。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






むちゃくちゃな解散を強行し『700億円』の無駄遣いを平気で行う安倍政権は許せない。  若者よ選挙に行こう。  棄権すると、将来自身が損するよ。 

ニューヨーク共同発。 米紙ニューヨーク・タイムズは4日付で・・・安倍政権は歴史の修正を求める勢力に迎合する 「火遊び」 をしていると強い表現で批判する社説を掲載した。 安倍晋三については中国や韓国から批判され、米国でも不満の対象だとした。 ニュースが毎日新聞夕刊から流れた。


エストニア・タリン 3。
est24d.jpg
「聖母マリア大聖堂」  地元ではトーム教会と呼ばれている、トーンペアの丘に建つルター派の教会です。 13世紀に建造されたこの純白の教会は何度も修復が繰り返され、随所に様々な建築様式を見ることができます。 教会の床には13~14世紀前半のものと見られる墓石が横たわり、北欧戦争でスウェーデン軍を率いたポンタス・ド・ラ・ガーディ、ロシアの

最初の世界探検を率いたドイツ人のアダム・ヨハン・フォン・クルーゼンステルンや、エカテリーナ女帝の愛人と噂されたスコットランド出身のサミュエル・グレッグ将官などが埋葬された教会としても知られています。 バロック調の塔は1770年代に増築されたものです。

est25d.jpg
聖母マリア大聖堂の入り口。

est27d.jpg
時計台の尖塔は1770年代に増築されたものです。

est26d.jpg
建物の棟にはマリア様の彫刻がある。

est30d.jpg
何なの案内を指示している彫刻で造られた案内板。 こんな案内板は初めて見ました。

est31d.jpg
しゃれた入り口 1。

est37d.jpg
しゃれた入り口 2。 印象ではどこかの大使館みたい。

est32d.jpg
彫刻で造られた案内板。 

est35d.jpg
古い建物だが、しゃれた造りでしょう。

est36d.jpg
甲冑の看板は、骨董屋さんかな?

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






むちゃくちゃな解散を強行し『700億円』の無駄遣いを平気で行う安倍政権は許せない。  若者よ選挙に行こう。  棄権すると、将来自身が損するよ。 

ニューヨーク共同発。 米紙ニューヨーク・タイムズは4日付で・・・安倍政権は歴史の修正を求める勢力に迎合する 「火遊び」 をしていると強い表現で批判する社説を掲載した。 安倍晋三については中国や韓国から批判され、米国でも不満の対象だとした。 ニュースが毎日新聞夕刊から流れた。


エストニア・タリン 2。
est14d.jpg
「トームペア城」は13世紀にエストニア人の砦があった場所だそうです。 13世紀前半ドイツ騎士団が進出し城として建設しました。 現在はエストニア議会議事堂として使用されている現役の建物です。

est15d.jpg
議会議事堂広場に描かれた「方位」を示す図。

est22d.jpg
議会議事堂国旗と紋章。

est16d.jpg
「アレクサンドル ネフスキー聖堂」 1。  議会議事堂の真正面にある建物。 1900年に建造されたタマネギ型のドームを持つロシア正教の教会です。 ロシアのツァーリ(帝政ロシアの皇帝の公式の称号)の権力を示すために建てられたと言われています。 独立を長く切望していたエストニア国民にとっては、決して喜ばしい建物ではありませんでしたが、現在はエストニアに住むロシア正教の信者にとって重要な教会となっています。 

est17d.jpg
アレクサンドル ネフスキー聖堂 2。

est18d.jpg
アレクサンドル ネフスキー聖堂 3。

est19d.jpg
アレクサンドル ネフスキー聖堂 4。

est20d.jpg
アレクサンドル ネフスキー聖堂 5。

est21d.jpg
アレクサンドル ネフスキー聖堂 6。

est23d.jpg
アレクサンドル ネフスキー聖堂 7。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






むちゃくちゃな解散を強行し『700億円』の無駄遣いを平気で行う安倍政権は許せない。  とに角、選挙に行きましょう。 

エストニア・タリン 1。
エストニア・タリンの歴史 (2007年6月24日早朝入港 雨のち曇り)
紀元前2500年頃から、それまでの先住民とともにフィノ・ウゴル族がエストニア人として、バルト海沿岸に位置する現在の土地に住み続けています。 東洋と西洋の要所であったことから、長い間にわたってさまざまな王様や征服者が欲しがる場所となりました。 彼らの生活は自然信仰を重んじた平和な暮らしでした。 12世紀、エストニアを含むバルト地域は

チュートン騎士団の強い権勢に支配されます。 その後、ドイツとデンマークの十字軍によってキリスト教化が進められます。 14世紀にはエストニア各地で教会や要塞、街の建設が行なわれ、首都タリン(当時のレヴァル)はハンザ都市のひとつとして繁栄しました。 貿易はそこに住み着いたドイツ人商人によって支配されました。 その後、デンマーク、スウェーデン、ポーランド、ロシアによる領土争いが繰り広げられたリヴォニア戦争にスウェーデンが勝利し、18世紀初頭までエストニア

を支配しました。 大北方戦争終結後のロシア占領下においても、ドイツ貴族たちはその領地支配を継続し、タリンはハンザ都市のひとつとして維持されました。 1918年2月24日、エストニアはその独立を宣言しました。 これ日が現在の独立記念日となっています。 その後の2年間に渡り、エストニア自由戦争と呼ばれる戦いをソビエトとの間で自由獲得のために繰り広げました。 この間に日本国はエストニア共和国を事実上承認しました。 1939年の独ソ不可侵条約の秘密

議定書により、ソビエトに組み込まれることとなります。 国外逃亡やシベリアへの抑留などにより、エストニア人、バルト・ドイツ人の多くを失うこととなりました。 当時は禁止されていたエストニア国歌を歌うことによる「歌の革命」を契機に、1991年8月20日、エストニアはソビエトからの独立回復を宣言しました。

est1d.jpg
われわれの到着後、直ぐに入港してきた。Regatta号 1。

est2d.jpg
Regatta号 2。

est3d.jpg
タリンの港は一本の停泊ラインがあるだけで廻りには何もありません。

est4d.jpg
こんな感じで停泊しています。

est5d.jpg
カドリオルグ公園。 別名、白鳥の泉。 スウェ-デンとの北方戦争に勝利しロシアのピョートル大帝が作らせた。

est6d.jpg
1980年代に革命の舞台となった「歌の原」 人口の三分の一にあたる30万人の人が集まり歌って独立の望みを高めた場所。

est7d.jpg
グスタフ・エルネザック像。 独立に尽力した数学の教師。

est8d.jpg
足元に書かれたグスタフ・エルネザックのサイン。

est9d.jpg
グスタフ・エルネザック像と広場。

est10d.jpg
銅像の説明文。

est11d.jpg
「歌の原」の入り口に設定された仮説店舗 1。

est12d.jpg
「歌の原」の入り口に設定された仮説店舗 2。

est13d.jpg
1980年に開催された第22回モスクワ五輪のヨット競技場になった付近。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

 





エストニアが4月にサイバーテロにあっていた。 「電子立国」として知られる北大西洋条約機構NATO加盟国エストニアで4月、政府や銀行などのコンピューターを狙ったサイバーテロが発生し、NATOが 「国家の情報技術基盤を全面攻撃された初のケース」 と判断、加盟国防衛のため本格的な検討に入ったことが10月7日毎日新聞の調べでわかった。 

日本を含む世界各国のコンピューターが悪用され、国家中枢が約1カ月にわたり攻撃された事件は、サイバー空間における新たな戦争形態を印象付けた。攻撃は4月27日夜に始まった。 大統領府や13省庁などすべての政府機関をはじめ、大手銀行や新聞社などのホームページに突然、外国からの接続アクセスがほぼ同時に殺到。通信回線やコンピューターサーバーが容量超過で使用不能に陥った。 「攻撃のスケールと複雑さは過去に例を見ないものだった」 と言う。 

当局は国内外を結ぶインターネット通信網を素早く閉鎖したため、市民生活に深刻な影響はなかった模様だ。  事件の発端はエストニアの旧支配国ロシアの反発を押し切る形で旧ソ連兵の記念碑を首都タリン中心部から撤去した直後に起き、「ロシア政府による組織的攻撃」 との見方があるがロシア政府は否定している。 ポットネットは攻撃者がネット上にウイルスをばらまき、感染したパソコンを外部から自由に操れる仕組み。  海賊版の基本ソフトはOSのセキュリティーが

更新されないためウイルスに感染しているOSが多いそうです。 感染したパソコン (ロシア、米国、中国、エジブト、ベトナム、日本など)から特定サーバーを攻撃する仕組みだそうです。 今回の攻撃もこの方法で 「エストニア」 が狙われたのです。 私が訪れたのはその事件の1ヶ月ちょっと後の6月中旬だつたが 「首都タリン」は何の支障もなく街は穏やかで、市民には何の動揺の気配もなく生活を営んでいた。 また、現地の通訳もその話しには触れなかった。 毎日新聞の10月8日の記事で初めて知った次弟です。 毎日新聞記事から抜粋転載。

tarin1.jpg
タリン港に停泊中の右側コンステレーション号と左側Regatta号。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






est58d.jpg


est61d.jpg


est42d.jpg


est38d.jpg


est39d.jpg
ライ通りには建物の外観にいろんな彫刻(装飾)をしている。ここは薬局関係の建物?。

est43d.jpg


est63a.jpg
聖オレフ教会尖塔

est62d.jpg
聖オレフ教会入場待ちのコンステレーション号の別の仲間達

est52d.jpg
聖オレフ教会尖塔の入口から上部

est64d.jpg
グレート・コースト・ゲート

est46d.jpg
海洋博物館の一部

est44d.jpg
ふとっちょマルガレータ

est48d.jpg
タリン市電?運転手はほとんど女性です。手を上げて挨拶してくれました。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.