発信箱  オスプレイ=佐藤千矢子 毎日新聞2016年5月20日 東京朝刊。

熊本地震の被災地支援にかかわった陸上自衛官が言っていた。 「熊本県の南阿蘇村で、コメしか行き渡らなかった避難所があったんです。 でも、オスプレイが飛んできて、おかずを運んでくれた。 みんな喜んで 『私はオスプレイ賛成よ』 と言っていた人もいた」 熊本地震で、米軍が新型輸送機オスプレイを派遣し、救援物資を輸送したことは、さまざまな反応を呼んだ。 違和感が残ったのは、派遣は日米政府による震災の政治利用か否か、という論争だ。  沖縄県の普天間飛行場に所属するオスプレイは、4月18

日からの5日間で、のべ12機が派遣され、南阿蘇村に食料や水など計36トンの物資を届けた。 輸送量そのものは多くはない。  自衛隊は輸送用ヘリを約300機持っており、当時、投入されたのは約100機。 操縦系統の不具合を起こしたヘリがあり、稼働率は下がっていたものの、自衛隊に余力はあったと見られる。  それでもオスプレイを受け入れたのは、評判の悪いこの新型輸送機をアピールするための政治利用ではないか、というのが批判の趣旨だ。  すると今度は、これでオスプレイの安全性や有用性がはっき

りしたわけで、文句を言うのは逆に政治利用ではないか、という批判が起きた。  震災の救援は「来るものは拒まず」の姿勢で当たるしかない、と私は思う。 「初動では使えるものは何でも使って物を持っていくのが鉄則」 (河野克俊統合幕僚長)というのが現場感覚だろう。  だからといって、今回のことでオスプレイの安全性や有用性が証明されたわけでもない。 米軍の支援には感謝したうえで、配備の問題点はやはり分けて考えるべきだと思う。 (論説委員)

alm40d.jpg Costa Fortuna号が先に出港して行った。

alm41d.jpg サボナ港を後に マルセイユ・フランスへ向け Costa Diadema号 出港。 

alm42d.jpg Costa Diadema号船上からサボナの街を見送る船上の人々。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





「みんなの広場 投稿記事」   甘利氏の説明責任どうなった=行政書士・岩崎泰彦・52(北九州市小倉北区) 毎日新聞2016年5月20日 東京朝刊。

甘利明氏が政治とカネの問題で経済再生担当相を辞任してしばらくたつ。 閣僚による 「あっせん利得処罰法違反」 という犯罪の可能性もあった。 安倍晋三首相も 「本人に説明責任を果たしてもらう」 と公言していたが、風前のともしびだ。  日本人は忘れやすいが、それは善くも悪くもある。 折しも自民党では「道徳教育の強化」が叫ばれている。 その自民党議員である甘利氏が少なくとも道徳に反することをした可能性があるのに、ここのところメディアもだんまりだ。 もちろん、日々刻々と新しいニュースが飛びこん

でくるので無理からぬ面もある。  しかし、忘れてよいことと悪いことがある。 甘利氏は病気を理由に国会を休んでいるが、本人ができなくても代理人が説明責任を果たすことも可能だ。それすらせず、嵐が過ぎ去るのを待っているかのような姿勢はあまりにも不誠実で国民をばかにしている。 不問にされては政治不信が募り、我が国の民主主義政治も最悪と言わざるを得ない。  私見、検察特捜部は動かないのか、検察は安倍晋三の言いなりか。 この国は独裁政権なのか。 

alm27d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 7。

alm29d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 8。

alm39d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 9。 マルセイユ・フランスへ出港前のCost Diadema 船上から撮影。 日没前の時計塔とサボナの街。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」   東京五輪返上に同感=主婦・山田松子・78 (大津市) 毎日新聞2016年4月29日 東京朝刊。

24日の投稿 「東京五輪 返上検討の時では」 を読み、全く同感です。 熊本地震の被災者の方々には心からお見舞い申し上げます。 長い行列に並んで大人がおにぎり1個を手にするニュースを見て胸が痛くなり、涙が出ました。 できることなら食料品を山ほど買って皆さんに配りたい気持ちです。  阪神大震災、東日本大震災などに続き、今回の大地震。 復興にどれだけ費用と期間を要するでしょう。 そういうことを考えると、多額の出費が見込まれる東京五輪を開催するなんて、という思いです。  五輪に使う

お金を被災された人たちを救うことに充てようという気にはならないのでしょうか。 一市民の私に何の力もないのは百も承知ですが、それが悔しくてせめて一筆書くことで気持ちを落ち着かせているのです。 一日でも早く安眠できる生活に戻られるよう、心からお祈りしています。   私見、東京都知事 『舛添要一』 がオリンピックを仕切ると思うと、ぞっとする。 なぜ、検察は動かないのか??。

alm36d.jpg マンションの外観の彫刻。
]
alm34d.jpg 遺跡の痕跡が街の一角に残されている。

alm32d.jpg こういう観光ミニ列車が、ヨロッパではよく見かける。

alm37d.jpg 跳ね橋の真ん中の起動部位。

alm38d.jpg 水道管の?蓋。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  東京五輪は返上し復興に力を=無職・中井忠・72 (神戸市垂水区) 毎日新聞2016年5月16日 東京朝刊。

本欄では4年後の東京五輪開催について賛否両論が掲載されています。 私は開催に反対です。 最大の理由は、3年前に行われた五輪招致のプレゼンテーションなどで安倍晋三首相がうそをついたからです。  首相は福島原発事故の汚染水問題などについて「全く問題ない。 コントロールされている」とアピール。 これは原発事故に苦しむ人々のことを考えない無神経で許されない発言でした。 未曽有の原発事故から5年たった今も汚染水問題の解決に見通しが立たない状況です。 東日本大震災では原発事

故も起き、国難といわれました。 その復興に全力を挙げるべきです。  そして今、熊本地震が発生。五輪招致活動に絡む金銭疑惑まで飛び出しました。  東日本と九州の復興に全力を注ぐため東京五輪を返上しても、世界は公約違反とは言わず、その英断に拍手してくれると思います。    私見、大賛成、金まみれの五輪は禍根を残すだけ。 撤退するのがベスト。

alm25d.jpg 教会の多い街だが、通りすがりに入った、教会一部 4。

alm30d.jpg 教会の多い街だが、通りすがりに入った、教会一部 5。

alm35d.jpg 教会の多い街だが、通りすがりに入った、教会一部 6。

alm31d.jpg 教会の多い街だが、通りすがりに
入った、教会一部 7。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






前回のつづき。   安保法は 「国民の敗北」 最後の一線指摘 熊本地震後には、緊急事態条項を憲法に加えるべきだという声が自民党から出ている。 石川さんはまたも立憲主義が脅かされることを危惧する。 「大災害のような緊急事態が起こることはあり得るけれども、それには災害対策関連法で対応できます。 緊急事態条項の本質は一時的にせよ、三権分立というコントロールを外して首相に全権を委ねること。 これも立憲主義の破壊につながりかねない。 『緊急事態に対応するために必要』 という表向き

の言葉をうのみにせず、隠された動機を見ねばなりません」 石川さんは 「憲法を守れ」 とだけ叫ぶことはしない。 「日本国憲法は権力の制限や人権尊重を最重要視する近代立憲主義の上に成り立っています。 『政権がそれ以上踏み込めば立憲主義が破壊される』 という、越えてはいけない最後の一線はここだと指摘し続けることが、僕の役割だと思っているのです」 憲法学者の毅然(きぜん)とした覚悟と誇りを見た。

zyb26d.jpg 教会の多い街だが、通りすがりに入った、教会 1。 左側が入り口。

zyb27d.jpg 教会の多い街だが、通りすがりに入った、教会の一部 2。

zyb28d.jpg 教会の多い街だが、通りすがりに入った、教会一部 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






前回のつづき。  立憲主義とは「憲法に基づく政治」「憲法による権力の制限」を意味する。 なぜそれが大切なのか。 石川さんは語る。 「支配者は自らを縛る立憲主義のルールを外したがるものです。 支配者を縛ることは、権力の恣意(しい)的な法解釈や法律の運用を防ぐという意味で、被支配者、つまり私たち国民すべてに利益がある。 支配者による人権侵害を防ぎ、法律が国民に公平に適用される社会のために、立憲主義は不可欠なのです」 「立ち上がる」決意を固め、新聞社からの依頼に応じて96条

改正を批判する論文を寄稿すると、読者から大反響があった。 講演やシンポジウムの演壇にも立ったり、インターネットテレビ番組に出演したりする機会が多くなった。  96条改正は与党内部を含めた多方面の批判を浴びたため、政権は口をつぐんだ。 ところがまたも立憲主義を揺るがす事態が起きる。 それは14年7月、9条の解釈を変更し、集団的自衛権の行使を一部容認する閣議決定だ。  「法学的には、クーターです」。 眉間(みけん)にギュッとしわが寄った。  「従来の解釈は、国が当然に持つとされる個

別的自衛権を根拠にして、自衛隊は9条で定めた 『戦力』 ではない 『自衛力』 だ、という新手の論理構成を持ち込むことで一応の筋を通していました」と一定の評価をして、こう続けた。  「他方で、日独伊三国同盟のように共通の敵を想定して他国と正式に同盟を結ぶことは、9条によって否定された外交・防衛政策ですが、日米安保条約が次第に 『日米同盟』 としての実質的な役割を持つようになりました。 その中で 『同盟』 の別名と言ってよい 『集団的自衛権』 を日本は行使できない、という立場は、現行の

憲法の枠内で論理的に許容される “最後の一線”です。 それを破ってしまったら、これまでに築かれた法秩序の同一性・連続性が破壊されてしまう。 そういう意味で、正式な憲法改正手続きをとらずに9条に関する解釈の変更という形で、憲法の論理的限界を突き破った閣議決定は、法学的にみれば上からの革命であり、まさしくクーデターなのです」  昨年の国会に提出された安保関連法案に反対する国民の声は大きく、石川さんも8月、国会前の抗議集会に参加し、マイクを握った。  石川さんはもう一つ大きな

問題があると指摘する。 解釈改憲と安保関連法の成立は、安倍政権を支持する人々の勝利であり、9条を守りたい人々の敗北だ?と見る構図だ。 「いや、そうではありません。 私たち全員が負けたのです」と切り出した。 「立憲主義は主張の左右を問わず、どんな立場を取る人にも共通した議論の前提です。 安倍政権はこの共通基盤を破壊しました。 だから私たち国民全員が敗北したといえるのです」 国民が敗者。 戦後、新憲法のもとで築き上げた共有財産が崩れたというのだ。 大切な土台は突然破壊さ

れたわけではない。 安倍政権は13年8月、集団的自衛権行使に賛成する官僚を内閣法制局長官に登用した。 「法の番人」の独立性を保つため長官人事に政治力を発揮しない、という歴代内閣の慣例を破った。 さらに昨秋、野党が要請した臨時国会を召集しなかった。 憲法は衆参どちらかの総議員の4分の1以上の要求があれば召集せねばならない、と規定しているにもかかわらず。「基盤」は破壊され続けている。  つづく。

zya32d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 1。

zyb25d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 2。

zya33d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 3。

zya34d.jpg
サボナ・イタリア。 街並み 4。

zya35d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 5。

zyb24d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 6。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






特集ワイド 「クーデター」で立憲主義破壊 憲法学者、石川健治・東大教授に聞く  毎日新聞2016年5月2日 東京夕刊。
3日は憲法記念日。 多くの国民が反対した安全保障関連法が成立してから初の記念日だけに、どこか重苦しさが漂う。 会いたい人がいた。 「現代憲法学の鬼才」 と評される石川健治・東京大教授。 市民団体 「立憲デモクラシーの会」 の呼びかけ人の一人である。 節目を前に何を思うのか。  【江畑佳明】

ドアを開けた途端、懐かしい本のにおいを感じた。 東大駒場キャンパス(東京都目黒区)にある「尾高朝雄(ともお)文庫」。 尾高氏は元東大教授の法哲学者で、ここは石川さんの研究拠点の一つ。 戦前に出版されたドイツ語やフランス語の哲学書や法学書などが、本棚に並ぶ。 古典文献から得た幅広い知識を憲法論に生かす研究姿勢に加え、自著への書評で 「鋭敏な時代感覚も持ち合わせている」 などと高く評価される。  「再び首相の座に就いた安倍晋三氏の政治手法には、日銀、NHKなどを含め、権

力から独立してきた組織にお友達を送り込んで、その自律性を奪うなど、『違憲』 ではないにしても 『非立憲』 的な姿勢が、当初から目立ちました。 そこに憲法96条改正論議がでてきたわけですね」。
 石川さんは政権に対し、厳しい視線を向けているのだ。  実は長年、忠実にある教えを守り、メディアの取材にはほとんど応じなかった。 その教えとは「憲法学者は助平根性を出してはならない」。 憲法学は政治と密接な関わりを持つ研究分野だからこそ、メディアなどで政治的な発言をするようになると、学問の

自律性が損なわれかねないという意味だ。 師と仰ぐ東大名誉教授で「立憲デモクラシーの会」の共同代表を務める樋口陽一氏(81)から受け継いだ「一門」の戒め。 そもそもは、樋口氏の師で東北大名誉教授の清宮四郎氏(1898?1989年)が説いた。 戦後の憲法学の理論的支柱だった清宮氏は、こうも言い残したと、樋口氏から聞かされた。 「『いざ』 という時が来れば、立ち上がらねばならん」 約3年前、石川さんは立ち上がった。 2012年12月の政権発足直後、安倍首相が96条改憲を言い出したから

だ。 同条が定める改憲発議のルールについて、現在の 「衆参両院の総議員の3分の2以上」 から 「過半数」 の賛成で可能にしたいという。 「憲法秩序を支える改正ルールに手をつけるのは憲法そのものを破壊することであり、革命によってしかなし得ない行為だ。 支配者がより自由な権力を得るために、国民をだまして 『革命』 をそそのかす構図です」 正直、今が師の教えである 「いざ」 の時かは分からないが、「ここで立たねば、立憲主義を守ってきた諸先輩に申し訳が立たない」 という思いが全身を駆け巡った。

zya26d.jpg  落書き、ハートマークにある 「い」 は日本語の 「ひらがなの 「い」 を表現しているような感じです。 イタリア語と関係あるのかもしれない??。

zya25d.jpg
こういう、彫刻が街のあちこちにある。

zya29d.jpg  何かの案内かな?

zya30d.jpg 住宅の窓に、こんな飾り物が。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






前回のつづき。  ●外相「説明反映されず」   ケイ氏が離日した翌日の20日の衆院外務委員会で岸田文雄外相は 「丁寧に説明したが、十分に反映されておらず遺憾。 報告書が事実に基づくものになるよう申し入れたい」 と述べた。 川村泰久外務報道官も同日の記者会見で 「報道機関や報道関係者に日本政府が圧力をかけたような事実は一切ない」 と述べた。  ケイ氏は19日の記者会見で 「高市総務相に面会を求めたが、国会会期中との理由で会えなかった」 と述べた。 これに対し総務省は

「提示された面談日には国会審議があった」 と説明する。 代わりに13、14日に松下新平副総務相、今林顕一情報流通行政局長らが面談したという。  特定秘密の運用をチェックする衆院情報監視審査会委員の岩屋毅氏(自民)は、ケイ氏と額賀福志郎会長(同)の面談日程が合わなかったと明かし 「(暫定報告書は)残念に思う。 しかるべき部署の人が会って、しっかり説明すればよかった」 と語った。  来年提出される日本への勧告を記した報告書に拘束力はないが、日本政府がどのように受け止めるかが

問われる。   特別報告者の暫定報告書 (要旨)  <序論> 日本は、報道の自由を保障した憲法に誇りを持っているにもかかわらず、報道の独立は深刻な脅威に直面している。

zya18d.jpg Cattedrale dell'Assunta カトリック教会入口。

zyb21d.jpg 教会内部 1。

zya21d.jpg 教会内部 2。

zyb22d.jpg 教会内部 3。

zya22d.jpg 教会内部 4。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






前回のつづき。  ●フランク・ラ・ルー氏、訪日調査のきっかけ.。

ケイ氏は大学教員をしながら無報酬で特別報告者を務めており、調査訪問国は限られる。今年は3カ国の予定で、他の2国は厳しい報道規制で知られるタジキスタンとトルコ。 なぜ日本も対象になったのか。  きっかけは2013年に成立した特定秘密保護法のようだ。  前任の特別報告者(表現の自由担当)のフランク・ラ・ルー氏(グアテマラ)は同年秋、国会審議中だった同法案について 「内部告発者や秘密を報じる記者を脅かす内容を含む」 と表明した。 14年に特別報告者を引き継いだケイ氏も懸念を示し

日本在住の研究者らと連絡を取ってきた。  昨年12月の予定だった訪日は日本政府の要請で延期になったが、今回実現した。  ケイ氏は今回の調査で秘密保護法を所管する内閣官房の担当者と面談した上で 「残念ながら政府関係者の回答で、我々の懸念は払拭(ふっしょく)されなかった」 と暫定報告書に記した。 そして 「記者に対する萎縮効果を生じさせうる部分は全て削除するよう法改正すべきだ」 と踏み込んだ。 秘密保護法は22条に 「報道・取材の自由への配慮」 を明記しているが、ケイ氏は調査に

応じた人の話を引用して「ないよりはましという程度だ」と皮肉った。  ケイ氏は12日、調査開始に当たって 「日本は民主的で自由な国だが、ジャーナリストが取材で圧力を感じることがあると理解している」 と話した。 19日の記者会見では「(その)懸念は強くなった」と語った。  つづく。

zya16d.jpg 「レオン・パンカルドの塔」 15世紀にサボナで生れの航海家レオン・パンカルドを記念して建てられた時計塔です。 時計塔の左側に Costa Diadema号のお尻が見える。

zya15d.jpg 時計塔に向かって、左側の通路。

zya17d.jpg サボナの街はクラシックな建物が多い。 壁や柱や窓枠などに立体的な絵(だまし絵を)見て散歩するだけで楽しい。

zya20d.jpg 上の写真のアップ。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






◎国連 表現の自由担当、訪日調査 放送法と秘密法、専門家批判 毎日新聞2016年4月25日 東京朝刊。

国連人権理事会に任命され、表現の自由を担当する専門家 「特別報告者」 が訪日調査を終えた。 調査を踏まえ、放送事業者に「政治的公平」 を求めた放送法4条がメディア規制の口実になっているとして廃止を求め、特定秘密保護法が記者や情報源を萎縮させる恐れがあるとして改正を迫るなど、改善点を具体的に指摘した。 特別報告者は来年、正式な報告書を人権理事会に提出し、日本に問題点を勧告する。  【青島顕】

●メディアの独立に力点
特別報告者として日本の 「表現の自由」 の現状を調査するため来日したデビッド・ケイ米カリフォルニア大アーバイン校教授(国際人権法)は12?19日、政府高官やジャーナリスト、学者ら数十人と面談しA4判8ページの暫定報告書(英文)をまとめた。 特に放送を中心とする 「メディアの独立」 に2ページ以上を費やした。  高市早苗総務相が放送法4条の 「政治的公平」 の解釈を巡

り放送局に電波停止を命じる可能性に言及した問題を取り上げ、「何が公平であるか、いかなる政府も判断すべきではない。 メディア規制の脅しと受け止められている」 と批判して 「4条廃止」 を提言した。  暫定報告書について、鈴木秀美・慶応大教授(憲法)は 「放送免許を握る総務省が、4条を事業者の守るべき倫理規定だと解するなら4条はそのままでよいが、政府が圧力の口実に使うような状態が続くなら、廃止した方がいいと思っている」 と感想を述べた。  ケイ氏は匿名で調査に応じたジャーナリストら

の話をもとに 「(彼らは)政府の強い圧力を感じていた」 と暫定報告書に記している。 民放の報道番組関係者は 「圧力うんぬんは従来言われているが、自分たちに政府の直接のコントロールが及ぶことはない。  自分の周囲では自主規制をしないようにするだけだ」 と毎日新聞の取材に答えた。  つづく。

zya11d.jpg ヨットが通過する間、旧市街に渡る橋は閉鎖され渡れない。 待機している、観光客、ほとんどが Costa Diadema号の乗船客。

zya12d.jpg ヨットが通過して橋が渡れるようになった。 旧市街にも待機している人々も映る。

zya13d.jpg 先陣をきる観光客。 旧市街からの人々も橋を渡ってくる。

zya14d.jpg 吊り橋の真ん中で、停泊中の Cost Diadema号。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.