国連 「報道の自由に脅威」 放送法改正勧告へ 毎日新聞2016年4月20日 東京朝刊。

国連人権理事会が任命した特別報告者(表現の自由担当)のデビッド・ケイ米カリフォルニア大アーバイン校教授が19日、訪日調査を終え 「日本の報道機関の独立性が深刻な脅威にさらされていることを憂慮する」 として放送法や特定秘密保護法の改正を求める声明を発表した。  表現の自由を担当する特別報告者の訪日調査は初めて。 日本政府への正式な勧告を来年発表する予定という。 ケイ氏は同日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で離日を前に記者会見した。 放送事業者に 「政治的

公平」 を求めた放送法4条の規定を根拠に、高市早苗総務相が放送局の電波停止に繰り返し言及した問題について「大いに懸念を抱いている。 4条を廃止すべきだ」と述べた。  日本は政府が放送免許を認可し、放送行政を監督していることに関し、政府ではなく独立行政機関が監督すべきだとの考えを示した。  特定秘密保護法を巡っては、特定秘密の定義があいまいで範囲が広がること、報道機関が萎縮する恐れがあることを挙げ 「法を根本的に変えるべきだ」 と語った。 ヘイトスピーチ対策にも触れ、ま

ずは雇用や住居に関する人種差別を禁止する法制定を急ぐべきで、ヘイトスピーチの定義があいまいなまま規制すれば表現の自由に悪影響を及ぼす可能性があると指摘した。 【青島顕】

zia18d.jpg 
ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 18。

zia28d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 19。

zia19d.jpg 
ラ・スベツィア・イタリア。 海岸沿い公園の彫刻 1。

zia20d.jpg 
ラ・スベツィア・イタリア。 海岸沿い公園の彫刻 2。

zia21d.jpg 
ラ・スベツィア・イタリア。 海岸沿い公園の彫刻 3。

zia22d.jpg
ラ・スベツィア・イタリア。 海岸沿い公園の彫刻 4。   ラ・スベツィア・イタリア編はおわり。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





みんなの広場 9条守るため権力に「ノー」=主婦・黒田美智子・68(神戸市垂水区) 毎日新聞2016年4月18日 東京朝刊。

非戦を誓った日本国憲法の第9条を私は何より誇りとし、大切に思ってきた。 日本は決して戦争をしない国だと信じてきた。 ところが、多数決の力によって、あれよあれよという間に 「戦争のできる国」 となってしまった。  戦争に正義も不正義もありはしない。 ただただ悲惨でおぞましい憎しみの連鎖を生むだけだ。 平和憲法の9条を葬らせてはならない。 春秋に富む若者を戦場に送る愚

を犯してはならない。 私に何ができるか? 私には選挙権がある。 投じる1票に全ての思いをこめ、9条を葬ろうとする権力に 「ノー」 と言おう。  改憲の動きが加速しつつある。 目先の経済動向や好戦的な政治家の言葉にのせられることなく、冷静に考えよう。 2年前に本紙に掲載された、なかにし礼さんの詩 「平和の申し子たちへ! 泣きながら抵抗を始めよう」 を私は今も口ずさんでいる。

zia23d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 14。

zia24d.jpg 
ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 15。

zia25d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 16。

zia26d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 17。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






みんなの広場   安倍政権の暴走止めよ=無職・中野由夫・67(宮崎市) 毎日新聞2016年4月14日 東京朝刊。

3月29日に安全保障関連法が施行された。 この施行により 「専守防衛」 を守ってきた自衛隊の活動が大きく変わる。 背景に安倍晋三首相の独特な憲法観がある。  歴代政権の憲法解釈を転換し集団的自衛権の行使を可能にした安倍政権。 民主主義の基本にある 「立憲主義」。 それは憲法がとりでとなって国家権力の暴走を縛り民主主義を保ってくれる。 それを 「王権が絶対権力を持っていた古い時代のもの。 憲法は国の形、理想と未来を語るものだ」 と言い切る。 その言辞からは立憲主義は見

えてこない。 政治責任は私が負うと主張する首相だが、とても民主主義(国民の権利や自由)は守れないだろう。 安倍政権の 「野党は対案を出さない」 との批判に対し、民進党などは廃止法案や周辺事態法改正案などを国会に提出した。 しかし、強化された「日米同盟の絆が損なわれる」 と法案の審議には応じない。 数を背景に国民や野党を愚弄(ぐろう)し続ける安倍政権。 鉄ついを下すのは選挙しか残っていない。

zia16d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 10。

zia14d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 11。

zia17d.jpgラ・スベツィア・イタリア。 街並み 12。
 
zia15d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 13。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






前回のつづき。  「殺すな、殺されるな」 福岡・隊員の家族 「愛する人を戦地に送るな」 と訴える富山正樹さん。 元自衛官らの訴えが、自衛隊内部にどう影響しているかは見えない。 しかし、自衛官の家族の心にはジワリと響いているようだ。 福岡市在住の富山正樹さん(52)は、安保関連法に反対する元自衛官の話が載った記事や投稿を現役自衛官である20代の息子に送り続けている。 胸にあるのは、昨年の日米共同訓練に参加した後に除隊した若い隊員の証言。 「戦場では女性や子供を殺しても

仕方ない」 と話す米兵にショックを受けたとの話に触れ心がざわついた。 「お前も日米共同訓練でそんな話を聞いていないか」 とも問い掛けた。 だが、息子は返事をしてこない。 富山さんは昨年7月から週2回、福岡・天神など繁華街で 「愛する人を戦地に送るな!」 とプラカードを手に一人で立ち始めた。 息子の死が怖いだけではない。 海外で人を殺したりしないか、帰国しても心身が傷ついたりしてはいないか。そう想像するだけで胸が苦しくなり、何かせずにはいられなかった。 「いのちを守るひとりスタンディングア

ピール」と名付けたが、今では20人前後の仲間がいる。  3月27日夜、福岡市に富山さんの演説を聴きに行った。 話題は、ニューヨーク在住の長島志津子さん(65)とのメッセージのやりとり。 米永住権を持つ次男が03~06年、イラク戦争を機に計4回出兵したことを、長島さんが今も悔やんでいるという内容だった。 次男は10年に退役したが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)で、今も心を閉ざしているという。  富山さんは訴えた。 「息子を戦地に送ったことを悔やんでいる長島さんは、日本の皆さんに同じ

思いをしてほしくないと私にメッセージを託しました。 私たちはまだ首の皮一枚つながっている。参院選で野党が勝てば、法は施行されても運用を止められます」 富山さんの紹介で長島さんに電話で取材できた。 「息子がPTSDで社会復帰できないから苦しいだけじゃない。 罪もないイラク市民を息子が殺したかもしれない。 でも、それを聞くことすらできない。無事に帰っておいでと何度も叫んだ私は、何なのかと自問してしまう。 殺されそうになったら、イラク人を殺してでも無事に戻ってと言ったに等しいでしょう。 その罪悪

感、分かります?」 イラク戦争が始まる前夜の03年3月、長島さんは車の窓を開け、大音量でジョン・レノンの「イマジン」をかけ、ニューヨークの街を走り回った。 イラク戦争反対と息子の無事を祈りながら。 今はその時を思い出すだけでつらいという。 長島さん自身も最近、カウンセラーから「家族として戦争を追体験したPTSD」と言われた。  富山さんは4月にも提訴予定の安保関連法に対する違憲訴訟の原告に加わる。 難しい裁判になりそうだが「裁判闘争が戦争協力を止める抑止力になるかもしれない」と考え

ている。 「海外で息子が殺し殺されず無事に帰国したならば良かったということではありません。 長島さんのような精神的苦痛は自衛隊員の家族も持つかもしれない。 日本社会はそれを受け入れられますか」 イマジンを聴きながら、想像してみた。 「戦争ができる国」になった日本。 問われているのは「自衛官の命」だけではない。

zia10d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街の中心にある教会。

zia11d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街の中心にある教会外壁の彫刻。

zia12d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街の中心にある教会外壁の彫刻。

zia13d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街の中心にある教会外壁の彫刻。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






前回のつづき。   参院選 「命かかった1票」 長崎・元海曹長  長崎県佐世保市在住の元海曹長、西川末則さん(64)はフェイスブックで、自衛官やOBらに今夏の参院選では野党候補に投票するよう訴えている。 目的はやはり安保関連法の廃止だ。 36年間、自民党を支持してきたが、考え方を変えた。 自衛官は政治活動ができないことを念頭に、こう語るのだ。  「自衛官やOB、家族は声を上げなくていい。 任務追加が予想される南スーダンの駆け付け警護を拒否したい隊員や家族は野党候補に入

れてください。 投票は誰にも見られません。 命がかかった1票です」 佐世保市は、海上自衛隊佐世保基地▽陸上自衛隊相浦駐屯地 ▽米海軍佐世保基地の3拠点に加え、17年度末にも 「日本版海兵隊」 といわれる陸自の離島防衛部隊 「水陸機動団」 の新設が予定されている。 安保関連法によって海外の離島で米海兵隊と一体となって活動するとの見方もある。  西川さんは「佐世保の軍事施設が増強されるのは賛成だが、米軍とは一線を画すべきだ。 実戦訓練を積んだ米軍と、日本を守る訓練し

かしていない自衛隊が一体となれば、必ず自衛隊の危険性は増す。 そして最初に犠牲になるのは若い海曹士だ」 と危惧する。 さらに後方支援活動での落とし穴を指摘する。 戦闘行為が起これば部隊の判断で撤退できると政府は説明するが、西川さんは非現実的と考える。 「安倍晋三首相は現場を知らない。 交戦状態で現場指揮官の判断で撤退するなんて、できるはずがない」  つづく。

zia6d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 6。

zia7d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 7。

zia8d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 8。

zia9d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 9。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






特集ワイド 続報真相 安保法施行揺れる元自衛官 平和って何だ、これじゃない 毎日新聞2016年4月1日 東京夕刊。
「専守防衛」 を旗印とした自衛隊の任務は、3月29日施行の安全保障関連法によって劇的に変わった。集団的自衛権の行使を認めたことで、海外での武力行使が可能になるのだ。 同法に反対してきた元自衛官や家族は、どんな思いで今、「戦争ができる国」になった日本を受け止めているのだろうか。  【堀山明子】

「憲法が最強の盾」 山形・元2等陸曹    山形県鶴岡市で3月19日に開かれた安保関連法廃止を求める集会に初顔のゲストスピーカーが招かれていた。 地元出身で、自衛隊の元2等陸曹、森村真人さん(38)。 メモを手に、慎重に言葉を選びながら重い体験を語り始めた。  「昨年、19年間勤務した自衛隊を退職しました。 この国の向かう方向に疑問を持ち、日本の未来のために何か行動しようと思いました」 森村さんは1996年に入隊。 2011年3月の東日本大震災では宮城県石巻市に入り、分

隊長として行方不明者の捜索に参加した。 「厳しい災害現場で、国民のために活動できた自衛隊を誇りに思った。 素晴らしい仲間もいた」。  演説には今も変わらぬ自衛隊への愛着がにじむ。 しかし、米国の戦争のために海外に出る新たな任務は納得できないとの思いを語った上で、悩んだ末の結論を自分の言葉として訴えた。 「憲法9条は国民を守る最強の盾としてつくられた」 この演説は森村さんのフェイスブックに掲載されている。 古巣の仲間の反応はどうだったのだろう。 山形を訪ねると、森村さんは 「自

衛隊から反応は一切なし」 と諦めたような口調で語った。 「自衛官は、政治活動はしないと宣誓させられますからね。 そのせいか政治に関心がない隊員が多い。 自分たちの命にかかわることなのですが……」 新人隊員は研修を終えるとすぐに宣誓への署名を迫られる。 宣誓は「私は、我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、日本国憲法及び法令を遵守(じゅんしゅ)し」と大前提から始まる。 そして 「政治的活動に関与せず」 「危険を顧みず、身をもって責務を完遂」 などと行動規範が続く。 森村さん

も異議を唱えず署名した。  海外活動に小さな疑問が生じたのは12年秋、シリアとイスラエル境界のゴラン高原で自衛隊が展開していた国連平和維持活動(PKO)に志願し、東京で研修を受けていた時だった。 非番の日に偶然訪れた中東地域の現代アート展。 米軍の空爆にさらされながら、平和を願う市民の日常生活をテーマにしたイラク人作家らの作品を初めて見た。 作品から浮かび上がったのは中東諸国に対する欧米社会の偏見。 米軍が掲げる 「正義の戦争」 というイメージが崩れ、「米軍は罪のない

市民を殺りくし、憎悪の連鎖を生んでいるのではないか」 と感じた。  その年末、シリア内紛の激化を理由に自衛隊はゴラン高原からの撤退を決め、研修は途中で打ち切りに。 「危険は覚悟の上なのに」 と落胆した一方で、「仲間が撃たれることを想定した訓練の経験はない。 現地に行ったら対処できない事態に巻き込まれたかもしれない」 とも思った。 米軍、そして海外での自衛隊の活動についての疑問を消し去ることはできなかった。  戦争と平和について考える資料を読みあさり、自分で考える練習を始めた。 

13年12月6日深夜、自民、公明両党が参院本会議で特定秘密保護法を強行可決した様子をインターネット中継で見て、戦争へ向かう足音が聞こえた。 「これが平和だと思っていた日本か? おかしい」。 家業を継ぐ意思もあり、自衛隊を辞める選択を考え始めた。  昨年3月、「実家のすし店を継ぐ」 という理由で退官。 米軍への戦争協力に対する疑問が原因の一つとは誰にも言えなかった。 だが、いよいよ安保関連法が施行され、仲間に身の危険が迫った今、「仲間に代わって自衛隊の外から、反対の声

を上げるしかない」 と覚悟を決めた。 後方支援など新たな任務での宣誓を求められた時、拒否できる隊員がいるとは思えない。 「外からの運動で仲間を守れるのか」。 心が揺れる日々は続く。   つづく。

zia1d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 1。

zia3d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 2。

zia2d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 3。

zia4d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 4。

zia5d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 街並み 5。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






語られぬ本質、広がる 「落差」 東京本社社会部編集委員・滝野隆浩=防衛大卒・56歳 。

21日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式を取材した。 首相は訓示を「自衛隊最高指揮官、内閣総理大臣、安倍晋三」と締めくくった。 過去3度の訓示では「自衛隊最高指揮官」とは言わなかった。 今年は特別な思いがあったのか。  式のすぐあと、学生舎の前で一人の卒業生と会った。 大半は任命・宣誓式に出るため陸海空の制服に着替えている最中だが、任官を辞退した彼は紺色の制服のままだった。 卒業証書は前日に渡され、卒業式への出席は認められなかった。 2年前からそうだとい

う。  私は34年前に防衛大を卒業した。 任官しなかったが名物の 「帽子投げ」 はやった。 だから思わず 「何だか寂しくない?」 と聞いた。 彼はぽつんと答える。 「もう愛着ないですから、気にしてません」 今年の卒業生は「集団的自衛権1期生」 と呼ばれている。  集団的自衛権の行使を一部容認した安保関連法が昨年9月に成立したあと初めて卒業する幹部の卵たち。 その1割にあたる47人が任官しなかった。 「自分の力を民間で試したい」 と彼は言い、こう付け加えた。 「新しい安保法制のこと、まったく

関係ないわけじゃない。 頭のどこかにあります。 複雑です」 首相の強い思いと、任官しない若者の気持ちの複雑さ。 この 「落差」 が、私は新しい安保法制をめぐる現場自衛官、そして国民の戸惑いの正体だと思う。 昨夏、国会の法案審議の過程で 「憲法違反」 の批判が出た。 そして国民の賛否は真っ二つに割れた。 その状態は今も続いているが、政府のていねいな説明はほとんどない。  私はこの1年、数十人の制服幹部や隊員に会ってきた。 新しい法制に反対する者はいない。 ただ、彼らは「これか

ら、どうなるかわかりません」 と口をそろえた。 任務が増え、さらに多忙になるにもかかわらず、人員も予算も増えない。 陸上自衛隊では「人を撃つ/撃たれる」 場面も想定して具体的な訓練が始まっているのに、政府の説明は「リスクはこれまでと同様」 だ。 「駆けつけ警護」 などは当面やらないという。 夏の国政選挙の争点になるのを避けるための語法らしい。  「安全保障の大転換」 とうたわれてできた法律が、29日に施行された。 それは、これまでにない任務が下令され自衛隊が動き出すということだ。 なのにこ

の現場の困惑は何なのか。 そして、国民の関心の低さは??。  大仰な言葉のわりに本質が語られていないと感じる。 「廃案」を主張する野党の姿勢も、議論にはつながらない。 もっと具体的な問題をリアルに論じ合わなければ。 そうしないと 「落差」 は広がるばかりだ。   私見。 昨今、自衛官の応募が少なくなったと聞く。 安倍政権周辺は腹の中で薄ら笑いをしているだろう。 徴兵制を、もくろむ、チャンスと思って。

spe37d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 客船の停泊桟橋から海岸沿いを走り、左側のオレンジ色の建物まで無料バスが往復する。

spe38d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 客船の停泊桟橋から左側のオレンジ色の建物まで無料バスが往復する。 望遠レンズで撮影したので遠近感がないが、歩くと1時間近くかかると思う。

spe39d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 海岸沿いの石畳(一番目の写真)の左側に庭園があり、その左側が道路になっている。 その庭園にあった、敬虔な記念碑。

zya1d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 3種類の植物。 形とコントラストが面白いので、パチリ。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






安保法 施行 国会論戦 首相 「日米同盟強化」 野党 「違憲、廃止を」 毎日新聞2016年3月29日 東京夕刊。

安倍晋三首相は29日午前の参院予算委員会で、同日施行された安全保障関連法について 「廃止すれば日米同盟の絆は大きく毀損(きそん)される」 と述べ、同法廃止を掲げて夏の参院選での協力を進める民進党や共産党などをけん制した。  一方、この日も全国各地で抗議集会が予定され、安保関連法を有権者がどう評価するかが参院選の行方を左右する情勢になっている。 以下省略。  『全国35都市で抗議集会』  毎日新聞の集計では、安全保障関連法が施行された29日は少なくとも全国

の35都市で抗議集会などが予定されている。  太平洋戦争末期の沖縄戦で住民の4人に1人が犠牲になったといわれる沖縄県では、沖縄平和運動センター主催の集会が那覇市であり、約250人(主催者発表)が集まった。 山城博治・平和運動センター議長は「憲法の根本をひっくり返す天下の悪法だ。 反対の声を上げ続ける」と話した。 米軍嘉手納基地がある沖縄市から参加した看護師、具志堅美恵子さん(49)は「日米の軍事行動が一体化し、多くの米軍基地や自衛隊基地がある沖縄が標的にされ

ないか不安。 憲法9条を守り、安保関連法を廃止にもっていきたい」と語った。  安倍晋三首相の地元、山口県下関市でも市役所前で抗議集会が開かれた。  東京・永田町の国会近くの公園には、子育て中の母親らでつくる 「安保関連法に反対するママの会@ちば」 のメンバーら6人が午前10時ごろに集まった。 「だれの子どももころさせない」 と書かれた横断幕を広げ、安保法への懸念を語り合った。 千葉市花見川区の主婦(46)は 「今まで政治に無関心だったツケが回ってきた。 集団的自衛権が行使さ

れると他国の戦争に巻き込まれるかもしれない。 子どもたちのことが心配だ」 と話した。  【藤田剛、佐藤敬一、松田栄二郎】

spe35d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 市街地への入り口(循環バスで5~10分ぐらいかな)海沿いの整備された海岸沿いから Costa Diadema号を撮影 1。

spe36d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。  市街地への入り口(循環バスで5~10分ぐらいかな)海沿いの整備された海岸沿いから Costa Diadema号を撮影 2。

zia29d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 市街地への入り口付近の公園にある 「ジュゼッペ・ガリバルディ」 の記念碑。

spe34d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。  上の銅像の説明文。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






防衛大学校 「任官拒否」 が倍増の47人 卒業生の1割 毎日新聞2016年3月21日。 
防衛大学校の卒業式が21日、神奈川県横須賀市の防衛大であった。 卒業後に自衛官への任官を辞退する 「任官拒否者」 は卒業生419人中、11%にあたる47人に上り、昨年に比べ2倍近くに達した。 40人を超えるのはバブル景気で就職戦線が学生の売り手市場だった1991年の94人以来25年ぶりで、89年の51人に次ぐ過去4番目の多さ。 <民間挑戦の男子 安保

法論じぬ硬直性に違和感> <防大卒業式>安倍首相訓示「周到に準備を」 安保関連法で 防大が任官拒否者から理由を聴き取ったところ、内訳は、民間企業などへの就職26人 ▽身体的な理由11人 ▽大学院など進学6人 ▽その他4人。 今月29日の安全保障関連法施行で、自衛隊は他国軍の後方支援など任務の幅が広がり、リスクも高まるが、安保関連法を理由にした任官拒否者はいなかったという。 防大は「景気動向などさまざまな要因がある」としている。  任官拒否は73年以降、毎年出

ている。 91年に最多を記録し、その後10?30人台で推移していた。 2012年は73年以降最少の4人で、13年7人 ▽14年10人 ▽15年25人だった。 最多だった91年は、進路判断の材料となる90年度の有効求人倍率(1人あたりの求人数)が1.43倍。 50人を超えた89年と90年も1倍を超え、求人状況が良好だった。 14年度の有効求人倍率は1.11倍で7年ぶりに1倍を超え、15年度は毎月上昇し昨年12月は1.27倍だった。  【町田徳丈】

spe32d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。  ここは市街地への入り口付近。 客船の停泊地から、この手前まで無料循環バスでの移動です 1。 

spe25d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。 ここは市街地への入り口付近。 客船の停泊地から、この手前まで無料循環バスでの移動です 2。 どこの国でも落書きが好きなようだ。 しかし、生きた植物にこのような悪戯は如何なものか。

spe26d.jpg ラ・スベツィア・イタリア。  ここは市街地への入り口付近。 客船の停泊地から、この手前まで無料循環バスでの移動です 3。 どこの国でも落書きが好きなようだ。 しかし、生きた植物にこのような悪戯は如何なものか。

spe27d.jpg ラ・スベツィア・イタリア 市街地への入り口付近 4。 日本にはない植物。

spe29d.jpg ラ・スベツィア・イタリア 市街地の入り口付近 5。 日本にはない植物。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






『みんなの広場』   未来を考え原発はやめよう 地方公務員・岩崎真介・47(神奈川県大和市)  毎日新聞2016年3月22日 東京朝刊。   NHK番組「原発避難7日間の記録」を見た。 原発を推進する人たちもこれを見ただろうか。 もし見たなら何を思ったろうか。  3・11の事故を教訓に原発事故に対してはさまざまな対策や計画が新たに作られた。 しかしそうしたものは実際に有効に機能するのだろうか。 私は番組を見てとても機能するものではないと思った。  3・11の事故前にも原発事故に対しては対

策があった。 実際に事故が起きてみると、そのどれもが有効に機能しなかった。 事故は事前の想定をはるかに超えており、放射線という五感で感知することのできない厄介な毒物に対して人はただ遠くへ逃げるか屋内に閉じこもることしかできなかった。 それさえどれほど効果があったか疑わしい。  放射線という人が無害化できないものを扱う原子力発電とは到底人の手に負えるものではないと思う。 原発事故から学ぶのは新しい対策を立てることではない。 真摯(しんし)に未来を考え原発をやめることだと思う。  

私見、政治家及び財界も先の大津地裁の判決をよく読み、原発の危険を検討してはどうか。 一旦事故を起こすと、その終息に億年の時間がかかることを学んだはずだ。 経済優先ではなく、人命優先でしょう。

spe22d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 16。 Costa Diadema号甲板から撮影。

spe21d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 17。 Costa Diadema号甲板から撮影。

spe23d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 18。 Costa Diadema号甲板から撮影。

spe30d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 19。 Costa Diadema号甲板から撮影。

spe31d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 20。 Costa Diadema号甲板から撮影。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.