「みんなの広場 投稿記事」  原発政策の「ツケ回し」に怒り 主婦・水島俊子・71(大阪府守口市)毎日新聞2017年1月24日 東京朝刊。  今月11日の記者の目「東電事故と国民負担」を読んで、東京電力福島第1原発事故の緊迫した情景がよみがえってきた。 そして原発建設を計画した際、原発事故の賠償や廃炉費用などを考えていなかったのかと思った。 現実を目の前に突きつけられて失策に気づき、あれこれと慌てふためくことは許されない。 プラス面ばかりを考えて、「負の計算」ができなかった国の

政策に怒りを感じる。  原発は決して安全ではない、と正確に国民に伝えてほしい。 電力自由化で新規参入した新電力や国民に、事故の賠償費用や老朽化原発の廃炉費用を負担させることに反対だ。 「原発は安い」と言いながら“ツケ”を国民全体に回すのは、どう考えてもおかしい。  東電や国は起こりうる事態への準備を整えておくべきだったのだ。 どうしてできなかったのか。甘い考えで国民を苦しめないでほしい。  韓国編は本日で終わり。 次回から佐世保のハウステンボスです。

aup48d.jpg 中庭の回廊。

aup49d.jpg 極楽殿への通り道。

aup22d.jpg 安養門。 階段が国宝第22号に指定されている蓮華橋・七宝橋です。 上の8段が七宝橋、下の10段は蓮華橋と呼ばれます。

aup21d.jpg 紫霞門 。 仏様の体を「紫金光身」ともいい。 紫霞門は仏様の体から出る紫の金色がまるで、霧のように曇っていたということ事から名付けられた伝えられている。

aup20d.jpg 
極楽殿(阿弥陀仏の極楽世界)蓮華橋・七宝橋を通って安養門を抜けるとそこは極楽浄土の領域になります。 現在は蓮華橋・七宝橋が通行禁止になっているため、大雄殿側から極楽殿へと入ります。 極楽殿にはすべての衆生を救済し、西方極楽浄土に往生させる阿弥陀如来の像が安置されています。 極楽殿は文禄・慶長の役で焼失してしまい石壇部以外は後年新しく作りなおされたもので、朝鮮時代の1750年に修復したものをさらに1925年に再建しました。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





「みんなの広場 投稿記事」  今年は改憲論戦に注目 無職・佐久間信行・60(愛知県豊橋市)毎日新聞2017年1月12日 東京朝刊。 今年は、憲政史上まれに見る波乱に満ちた重要な年になると予想しています。 護憲派、改憲派それぞれが、「憲法改正」を巡って激しい論戦を交わす年になるのではないでしょうか。  そこで主導権を掌握するために重要になってくるのが、衆参両院の国会論戦に先立つ憲法審査会での、両派間の審議の駆け引きだと思います。 現在は鳴りを潜めたかのような自民党憲法

改正草案ですが、圧倒的な数的優位にある改憲派が、これをたたき台にした審議に踏み込む可能性にも留意すべきでしょう。 国民を縛り、緊急事態条項まで盛り込んだこの草案を、安全保障関連法以来、通例のようになった、数の論理で押し切るようなことでよいのでしょうか。  少数意見の中にこそ、日本国憲法の三原則(国民主権、基本的人権の尊重、平和主義)を守り抜こうとする気概が脈打っている気がしてなりません。

「みんなの広場 投稿記事」  宗教信仰で済む話ではない 自営業・丸尾理絵・43(長崎市) 毎日新聞2017年1月22日 東京朝刊。 16日の本欄「中、韓の歴史認識非難が問題」の投稿で「靖国参拝は宗教、信仰としての行動で内政だ」とのご意見でしたが、靖国神社にはA級戦犯が合祀(ごうし)されていることで「宗教信仰」で済む話ではないと思います。 元々は徴兵されたりして戦死された方々が祭られている場なので「お国のため」に亡くなられた方々を敬い参拝するのは自然なことだと思います。 しかし、A

級戦犯が合祀されたことで「敬い参拝」することには日本人の私でもかなりの抵抗感があります。  ドイツで例えるとA級戦犯をヒトラーに置き換えれば一目瞭然ではないでしょうか。 戦争で中韓両国は日本によって多大な被害を受けたのですから、その抵抗感は想像を絶すると思います。 非難されて当然だと思います。 国会議員は国民の代表で公人です。 お互いを尊重し認め合うためには相手の気持ちをよく考えて行動する必要があると思います。

aup46d.jpg 「極楽殿(阿弥陀仏の極楽世界)」 極楽殿にはすべての衆生を救済し、西方極楽浄土に往生させる阿弥陀如来の像が安置されています。 極楽殿は文禄・慶長の役で焼失してしまい石壇部以外は後年新しく作りなおされたもので、朝鮮時代の1750年に修復したものをさらに1925年に再建しました。

aup41d.jpg 木組み様子 1。

aup45d.jpg 木組み様子 2。

aup47d.jpg 木組み様子 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






社説   5年目の安倍政権アベノミクス的は外れツケが増えた 毎日新聞2016年12月31日 東京朝刊。 「経済を、取り戻す。」--。 そう公約し、今の安倍政権は誕生した。 それから丸4年。 あの時の約束はどうなったのだろう。  安倍政権が最も強調したのは 「デフレからの脱却」 と 「経済の好循環」 だ。  2%の物価上昇率、3%以上の名目経済成長率を達成する、と公約に明記した。 その実現のため登場したのが、金融政策、財政政策、成長戦略の「三本の矢」からなるアベノミクスだった。  第一の

矢、つまり日銀による異次元緩和が的を外したのは明白だ。 物価上昇率は9カ月連続でマイナスで、「2年程度で物価上昇率2%」 はかすりもしなかった。 第二の矢、財政政策はどうか。 毎年のように何兆円という経済対策が打ち出されたが、効果は持続していない。 法律に盛り込まれた消費増税を、経済状況を理由に2度も延期しなければならなかった事実は、好循環が起きていない証しに他ならない。  安倍首相は、有効求人倍率の上昇や雇用の増加を成果として強調する。  景気対策による面も一

部はあるだろうが、数字の改善=雇用の改善とは限らない。  高齢化に伴う介護要員の需要増や建設・運輸業界の人手不足が有効求人倍率を押し上げている。  高齢者が非正規社員として再雇用され雇用の総数を膨らませている面もある。 経済構造の変化が高賃金の雇用を生み、人々が希望の職を得るという望ましい姿はまだ遠い。  アベノミクス最大の罪は、重要な課題を先送りし、将来世代に回すツケを一段と膨らませたことだ。 異次元緩和に出口は見えない。 2017年度末の国と地方を合わせた

長期債務は1094兆円となる見込みで、12年度末から約160兆円増える。  アベノミクスの理論的支柱とされた経済学者の浜田宏一・内閣官房参与は文芸春秋1月号で、かつて日銀の金融緩和だけで経済が立ち直ると考えたがそうならなかったと誤算を認めた。 そのうえで、原因を財政政策の踏み込み不足とし、もっと強力な財政のテコ入れと金融緩和を組み合わせる必要があると説いている。  一段と借金は増えるが同氏は、「国の借金であれば消費者金融などとは違って返済期限もなく、将来世代に繰り

延べすることもできる」 と指摘している。  せっかく働き方改革など構造問題に取り組んでも、同時に将来の不安が増大するツケ回しを続けていては効果は台無しだ。 政策のコストは誰が負うのか、国民のチェックが求められている。  私の意見。 安倍政権は米国のトランプ大統領より危ぶまれる。 皆様よく吟味してください。

aup39d.jpg 仏国寺・本堂。

aup43d.jpg 庭にある豚の彫刻。 有名な金色の豚、大変縁起物だそうです。 金属製の豚像に触ると子宝に恵まれるとか、お金持ちになれるとかと現地ガイドが説明していました。

aup44d.jpg 中庭 1。

aup38d.jpg 中庭 2。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  人を軽んじる風潮を懸念 元地方公務員・神尾与志広・68(兵庫県豊岡市)毎日新聞2017年1月12日 東京朝刊。 広告大手・電通の新入社員だった女性の過労自殺が大きな波紋を広げている。 上司と同社が労働基準法違反容疑で書類送検されたのを受けて社長が辞任を表明したが、それで決着がつくほど簡単な問題ではない。 自殺の背後に

人を軽んじる社会の風潮を感じ、それを懸念する。  低賃金と不安定な雇用を常態化させる非正規雇用は広がりを見せている。 過度の人員削減による労働力不足を補うために、長時間労働やサービス残業が増加するなど、人を人と思わない労働環境がはびこっているように感じられてならない。 他方、過剰なサービスが過重労働を生み、消費者がそれを平然と受け入れている現状があ

る。 コンビニなどに見られる年中無休、24時間営業といった形態は普通に考えて、健全な経済活動とはいえないだろう。  過剰なサービスがもたらす労働環境の劣化を消費者は認識すべきであり、便利さを再考する必要に迫られていると思う。   私の意見。 安倍晋三の支持率がTBSの世論調査で60パーセントを超えたという。 世論調査のやり方が変だと思う。

aup36d.jpg 回廊、先に木魚。
 
aup31d.jpg 木魚と雲版。

aup35d.jpg 木魚。

aup34d.jpg 回廊の壁と天井部分。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






台湾  「脱原発法」可決へ 再生エネ比率、大幅引き上げ 毎日新聞2017年1月11日 東京朝刊。 【台北・鈴木玲子】 台湾の蔡英文政権が2025年までに脱原発を実現するため提案した電気事業法改正案が11日にも立法院(国会)で可決される見通しになった。 脱原発が実現すれば、アジアでは初めて。 代替の再生可能エネルギーを今後9年間で普及・拡大させられるかが鍵だ。  蔡氏は昨年1月の総統選で脱原発を公約に掲げていた。 改正法案では、再生エネ比率を大幅に引き上げるため、電

力自由化により再生エネ事業への民間参入を促す。 産業界には「電力供給が不安定化し価格の高騰を招く」との懸念があるが、可決は確実視されている。  欧州ではドイツが脱原発に転換したが、アジアでは中国やインドが原発建設を進めている。 台湾では、完成した原発3カ所6基(2基は停止)のうち北部の第1、第2原発が人口の密集する台北まで30キロ弱と近く、11年の東京電力福島第1原発事故後に反原発機運が高まっていた。 台湾の原子炉は18年から25年までに順次40年の運転期間が

終わる。 蔡政権は、運転延長や新規稼働を認めず全原発廃止に持ち込む構えだ。  台湾では電源比率(15年)で原発は14%を占め、代替となる再生エネは4%に過ぎない。 改正案では再生エネ比率を20%まで引き上げる計画だ。 実現のため台湾政府の傘下にある台湾電力が独占する電力事業への民間参入を認める。 再生エネの発電と売電を自由化し、その後、台湾電力を発電、送電で分社化。 火力などの他の電力も自由化する。  私の意見。 台湾の政権は良い選択をしたと思う。

aup33d.jpg 「手水舎」 水は古くから、けがれを洗い流すものと考えられ、神にお参りする人はまず身のけがれを手水舎で落とします。 手と口を水で洗うことで、全身のけがれが落ちると考えられています。 韓国も同じではないかな。

aup32d.jpg 「多宝塔」 多宝塔 1.。 対照的に釈迦塔は統一新羅時代の典型的なつくりであるといえます。 同型の屋根が上に連なっていくというシンプルな姿で、感恩寺の三層石塔などにもよく似ています。 釈迦塔は国宝第21号に指定されており、また1966年の補修工事の際に中から発見された舎利荘厳具や世界最古の木版印刷物である無垢浄光大陀羅尼経なども、すべて国宝第126号に指定されています。

aup29d.jpg 多宝塔 2.。  大雄殿(釈迦如来の彼岸世界)青雲橋・白雲橋の右手にある坂から大雄殿(左側、奥の建物)の領域に入っていきます。  坂の下に水飲み場がありますが、この石槽も慶尚北道有形文化財第98号に指定されている貴重なものです。

aup37d.jpg 多宝塔 3.。 

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  この1年/下 投票だけでなく声を上げよう 自営業・黒田みゆき・57(大阪市東住吉区)毎日新聞2016年12月30日 東京朝刊。 今年夏の参院選の結果、衆参両院とも改憲勢力が3分の2を超えた。 テレビ番組で池上彰さんのインタビューを受けた安倍晋三首相は例の早口で「憲法改正は自民党の党是。 改憲草案は既に示している」と語るのを聞き、いよいよ大変なことになってきたと思った。  それからは小説一辺倒だった読書の半分を憲法、原発、日本会議、安倍官邸など

に関する本に向けるようになり、新聞もそれまでの何倍もじっくり読み、切り抜きも。 そして、ただ「腹が立つ」というだけでなく、考えを文章にまとめ、投稿も始めた。 選挙の投票だけが自分の責任だと思い、欠かしてこなかったが、もうそれだけではいけない世の中になっていると思う。  野党の質問に対し、小ばかにしたように答弁する首相。 小ばかにされているのはその先にいる自分だと思う。 ばかにされないようにしっかり勉強して、自分にできることをしていきたいと考えている。

「みんなの広場 投稿記事」  この1年/下 政治家の言動に落胆した 無職・甲斐正樹・67(宮崎県延岡市)毎日新聞2016年12月30日 東京朝刊。 地方議員と国会議員の言動に心底から落胆した1年だった。公費を私費同然に使うなど、政治家の正体が妖怪のように思えた。 何よりも口惜しく悲しかったのは、国会の有り様だった。  与党議員は確固とした自分の意見を持っているのだろうか。 持っているなら、もっといろいろな意見が出てくるはずだ。あえて政治家の方たちに言いたい。 「政治家としての誇

りと信念を持ってほしい」と。  命を脅かす原発の海外への売り込みや武器の輸出。 国民の財産と生命を守ると言うのなら、そんな商売はやってはいけない。 そう思わないのだろうか。  議員が今取り組むべき日本の政治課題は、貧困格差の是正、子育ての支援、介護への援助、労働時間の削減など、国民が生活を維持するための身近な問題のはずだ。 憲法改正や統合型リゾート(IR)整備推進法(カジノ法)など後回しでいい。 ただ安倍晋三首相に服従しているとしか見えない与党議員の現状に、不安を抱いている。  早々の政権批判、よろしく。

aup27d.jpg 天王門。 仏法を守護する四天王がここで睨みをきかせており、寺院を邪悪なものから守っています。 また通過する人々を神聖な気持ちで本堂に向かわせる役割も担っています。

aup26d.jpg 上記のアップ。

aup25d.jpg 左側が広目天、右側が多門天。

aup24d.jpg 左側が持国天、右側が増長天。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






慶州を訪れる誰しもが必ず足を運ぶ場所といえば、それはやはり仏国寺(プルグッサ)でしょう。 1995年にはユネスコの世界遺産にも認定され、韓国が世界に誇る宝となっています。 仏国寺では6つの国宝を始めとして統一新羅時代に作られた貴重な文化財をたっぷりと味わうことができます。 また仏教の教えから見れば、ここは俗世を離れ清浄たる仏の世界に足を踏み入れる場所でもあります。 仏の国を訪ね、極楽浄土に導かれる場所。 それが仏国寺です。

aup17d.jpg 入口付近にある石碑。

aup18d.jpg 佛国寺説明文。

aup16d.jpg 佛国寺入口。

aup19d.jpg 入口付近の仏具など販売店。
 
aup23d.jpg 「紫霞門」 紫霞門に上る階段が国宝第23号に指定されている青雲橋・白雲橋。 2段に別れた上の16段が白雲橋、下の18段が青雲橋と呼ばれます。 階段であるのに橋と呼ばれているのは、紫霞門を越えて釈迦如来の彼岸世界に渡るという意味に表したものです。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  この1年/上 「暴」の1年から「穏」の新年に 医師・松村正彦・63(奈良市)毎日新聞2016年12月29日 東京朝刊。 「今年の漢字」 に 「金」 が選ばれたが、私には「暴」としか思えない。 米国では暴言を続ける人物が大統領選に勝利し、フィリピンからも指導者の暴言の数々が伝わってくる。 国内では車の暴走で尊い命が奪われる事故が相次いだ。  何よりも政治面では、与党の暴慢な国会運営が目立ち、国民の間で反対の声が強いカジノ法、年金制度改革関連法を数の力

によってわずかな審議時間で成立させた。 もっとも安倍晋三首相によると、自民党は結党以来、強行採決をしようと考えたこはないらしい。  沖縄での米軍基地を巡る問題でも、辺野古への移設計画やヘリパッド工事を強行。 そして、新型輸送機オスプレイが名護市沿岸で大破した事故の原因が明らかにされないまま飛行再開を政府が認めるなど全て暴挙以外の何ものでもない。  「暴」 の字があふれた今年も終わろうとしている。 新年こそは「穏」やかな1年に、と願うばかりだ。  

「みんなの広場 投稿記事」  この1年/上 核禁止条約交渉に反対とは… 無職・久野茂樹・67 (鹿児島県霧島市) 毎日新聞2016年12月29日 東京朝刊。 今年を振り返り、釈然としない出来事があります。 それは国連総会で、核兵器禁止条約制定に向けた交渉を来年開始するよう求める決議案が賛成多数で採択された際、唯一の被爆国である日本が反対に回ったこと

です。 理由は、禁止条約が成立すれば米国の核抑止力に影響が及ぶ、すなわち日本が米国の傘の下で守ってもらえなくなるから、ということらしいです。 これには国民として納得できません。  「核兵器のない世界」 をスローガンに掲げ、核兵器廃絶に向け先頭に立っていたはずの日本が、こんな二枚舌を使うようなことをしていいのでしょうか。 確かに国際政治は複雑で、一筋縄ではいか

ないことも分かります。 しかし国内政治の 「原発再稼働」や「沖縄基地問題」 にさえ、その複雑な背景が見え隠れするようです。 日本は米国の後ろをシッポを振ってついていく犬のポチではありません。 今回の反対で世界の嘲笑を受けることのないよう、願ってやみません。 

aup12d.jpg ジャカルチ市場 1。
 
aup13d.jpg ジャカルチ市場 2。

aup14d.jpg ジャカルチ市場 3。

aup15d.jpg ジャカルチ市場 4。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






特集ワイド  イタリア 「五つ星運動」 創設者が語った…飛躍生んだ 「日本との縁」 市民の政治意識変えた福島原発事故 毎日新聞 2016年12月20日 東京夕刊。  「既成政治家を追い出せ」 と、米国のトランプ次期大統領並みに声のでかいおやじがイタリア政界をかき乱している。 新興政治団体 「五つ星運動」 の創設者、ベッペ・グリッロ氏(68)。 漫談家として鍛えた冗舌で人気を集め、今月の国民投票で憲法改正案を否決に導き、首相を辞任に追い込んだ立役者だ。 「トランプ現象」を欧州に広げるかのような毒舌家はかつて 「運動が飛躍したのは日本人のおかげ」 と殊勝なことを語っていた。 どういうことか--。 【藤原章生】

あったかもしれない日本の姿 福島事故を機に脱原発など国民投票の威力を高めたイタリアと、自民党1強体制で原発再稼働を進める日本。 道は分かれたが、「縁」があるなら、日本はイタリアから何かを学べるのか。  ジャーナリスト、今井一さん(62)は、イタリアが政治離れの若い層を国民投票へと導いた点を評価する。 「自民、民進党への嫌悪から選挙に行かない日本の若者も地方で行われる住民投票には結構行くんです。 今回のイタリアの国民投票は衆愚政治の始まりという論評がメディアで目立ちますが、

知識層がどれだけ不満でも、扇動者がどれだけ怪しくても、主権者が決するのが民主主義なんです。 過去の東京都知事や大阪府知事選もみなそう。 イタリアは原発などさまざまなテーマで実施していますが、日本も国民投票を制度化すべきです」 前出の伊藤さんは五つ星運動が路上デモだけでなく、国会議員を送り込み、議会制民主主義に関与してきた点に着目し、「在野でいくらデモをしても、国会に支持勢力を送り込まなければダメだという教訓と言える」 と話す。  日本にも近い将来、グリッロ氏のような政治

リーダーの下、既成政党に組み込まれない 「不満の受け皿」 が出てくる可能性はあるのか。 今井さんは言う。 「今の時代はトランプさんや(欧州連合離脱を主導した英外相の)ボリス・ジョンソンさんのように、汚いことをあえて隠さない、うさんくさい人が支持される時代です。 『クリントン、きれいごと言うけど、どれだけ裏でもうけてんねん』 っていう感覚ですね。 うさんくささでは安倍(晋三)首相や橋下徹さんらは先を行っていたとも言えますが、庶民の不満を吸い上げる運動とは言えませんね」 大事なのは、今の政治に行き

詰まりを感じている人がいかに多いかを示し、市民主体の改革につなげることだと、マシアさんは力説する。 「グリッロ氏の躍進は、行き詰まりの先に光が見えるまでの長い長い変革の序盤にすぎない」 既成政治に風穴を開けたイタリア社会は、震災後、あったかもしれないもう一つの日本を想像させる、ある種の「鏡」と言えそうだ。

aup9d.jpg ジャカルチ市場 南浦洞の南側に広がる、韓国最大の魚介類の専門市場。  釜山港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類をその場で味わうというのがこの市場での楽しみです。 店先の生簀で泳いでいる魚をその場でさばいてもらって刺身で食べることができます。 市場内の問屋では、ヒラメ、タイ、カレイなどが売られており、魚を買って上階にある食堂へ持っていくと希望通りに調理してもら

えます。 ずらりと並んだ露店商のおばちゃんたちが売るイキのいい魚を見たら、自分で選んだ魚介類の刺身を味わって見るのもいいでしょう。 最近リニューアルオープンしたばかりのジャカルチ市場ビルの2階は乾物専門市場で、軽くてかさばらない海苔や魚の乾物などがおみやげに最適。 南浦洞の繁華街や国際市場と隣接し、グルメとショッピングが一緒に楽しめます。 外国人観光客にとっては庶民的な異国情緒を感じさせる釜山きっての人気スポット。

aup8d.jpg ポヤ。

aup11d.jpg モンゴイカ?。

aup10d.jpg 店仕舞いが近い市場内部。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  税金の使い方に関心持とう ピアノ教師・田中靖枝・77(福岡市早良区)毎日新聞2016年12月19日 東京朝刊。 安倍晋三首相の真珠湾訪問の目的は「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。 未来に向けた決意を示したい」。 立派です。 だったらなぜ政府は、ステルス戦闘機F35を42機も買うのでしょうか。 1機百数十億円もするそうです。

米国の軍需産業最大手企業から日本向けに機体の製造を請け負い、日本企業が愛知県内の工場で組み立て、まず来年2機完成予定といいます。 戦争をしないのなら戦闘機は要らないはずです。  一方、患者負担の月額上限を定める高額療養費制度で、70歳以上の中所得層の外来のみの限度額1万2000円などを引き上げる方針が固まりました。 現状維持だと170億円

不足するそうですが、この財源は戦闘機1機の削減で済みます。 さらに来年度予算編成で社会保障費の伸びを1400億円削る計画ですが、これは戦闘機10機分。 役に立つ時は世界大戦!という無用の長物に税金を使っている現実を知らない人が多過ぎます。 税金の使い方に関心を持ちましょう。

「みんなの広場 投稿記事」  おごる政権に恐怖を感じる 無職・吉川卓男・67(兵庫県芦屋市)毎日新聞2016年12月21日 東京朝刊。 安全保障関連法に続き、「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)を自民党が数の力で成立させた。 どうやら安倍晋三首相を筆頭に自民党は国民から白紙委任状をもらい、数の力で何をやってもかまわないというおごりに満ちあふれているようだ。  環太平洋パートナーシップ協定(TPP)審議をめぐる山本有二農相の“強行採決発言”など、目に余る失言も多発してい

る。 問題になると発言を取り消したりしているが、おそらくこれらの発言は本音であろう。 野党の追及に対する安倍首相の答弁も、何かというと 「旧民主党政権ではできなかった」 とやゆするレベルにとどまり、あきれるばかりだ。  「カジノ」には世論調査でも反対の声が多いにもかかわらず、世論を無視してまで突き進む安倍政権の手法には恐怖すら感じる。 これに対抗するためにも、マスコミは国民の意見をもっと取り上げ、専門家の見識を広く紹介するなどの手立てを講じる必要がある。

aup3d.jpg 釜山港敷地内にある韓国庭園。

aup2d.jpg 韓国庭園の説明文。

aup4d.jpg 中国・青島港からの贈答碑。 

aup5d.jpg 上記、説明碑のアップ。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.