「みんなの広場 投稿記事」  「見かけ倒し内閣」はいらない 無職・山崎善美・69(山口県下松市)毎日新聞 2017年8月13日 東京朝刊。 今回の内閣改造は、支持率回復を狙った「見かけ倒し」の姑息(こそく)な手法である。 そもそも支持率が下がったのは、お粗末な閣僚もさることながら、安倍晋三首相の民主主義を無視した、強引かつ国民をばかにした国会運営が原因だからだ。 

政策であったはずの「税と社会保障の一体改革」はおろか、景気浮揚策であるアベノミクスも既に破綻している。  安倍首相自身が信用されていない中で、小手先の内閣改造をしても焼け石に水だ。  安倍首相には、このまま、妻の昭恵氏や加計孝太郎氏、稲田朋美元防衛相をかばい続けて、証人喚問を拒否し、丁寧でも真摯(しんし)でもない国会運営を続けてほしいものだ。 支

持率が更に下がり続けることは明白である。  今、自民党を支持している方々には声を大にして言いたい。 今の自民党は、野党になる前の自民党とは異なり、戦後最悪の政権だということを。 安倍首相は一刻も早く「任命責任」を取って退任すべきである。

「みんなの広場 投稿記事」  徳が欠けている安倍首相 塾講師・小林俊彦・79(札幌市北区)毎日新聞 2017年8月13日 東京朝刊。 ことわざに、「臭い物にふた」というのがある。  安倍晋三首相は、問題のあった閣僚を交代させることで、支持率の上昇を狙っているようだが、臭い物の源を絶たなければ駄目だと私は思う。  今回の内閣改造後、反省の言葉を述べて、首相は深々と

頭を下げて見せた。  しかし、自らに向けられた疑惑には全く答えなかった。 これでは何の解決にもならない。 自らきちんと説明しなければ、事は解決しない。 単なるパフォーマンスに私は、だまされない。 それにしても、政治家や官僚の記憶力の悪さには驚いた。 「記憶にございません」と、堂々と言う。 難しい国家試験に合格したエリートたちが平然と言ってのける。閣僚も、同様で悪び

れない。 以前、ダグラス・グラマン事件の証人となった某氏は、手が震えて署名ができなかった。 その姿に、私は、良心のかけらを見たのだが。  安倍首相や閣僚、官僚の姿に「巧言令色鮮(すくな)し仁」という言葉を思う。 人徳のある政治家はいないか。  私のコメント。 諸般の問題は謝って済む問題ではない。 総理は当然のこと議員も辞職すべきだ。 

brv8d.jpg 日本食 「寿司バー」日本酒もあります。

brv9d.jpg 日本酒一合枡の飾り。
 
brv10d.jpg 日本食 「鉄板焼」コーナー。 カバーチャージ一人29、29ドル。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





隠蔽が蔓延する情けない社会 翻訳業・萩原重夫・66(東京都品川区) 毎日新聞 2017年8月4日 東京朝刊。 7月30日の本紙によれば、茨城県の取手市教委が中3生徒の自殺を隠蔽(いんぺい)し、虚偽の説明をしていたとのことである。 これまでも生徒の自殺はいじめが原因ではないと自己弁護する教委や学校の対応が厳しく批判され、ようやくいじめを認めるといった情けない

対応が繰り返されている。  今回の隠蔽はさらに自殺を「突然の死」とごまかし、またこの対応が適切だったと開き直っている点で、悪質度がもっと高いと厳しく非難されるべきである。  我々は国会で、森友、加計問題について毎日のように隠蔽、ごまかしを聞かされ続けてきた。  ごまかしきれなくなって記録の存在を渋々認めたに過ぎない。 最近も自衛隊の日報問題で、関与の有無をあ

やふやにしたまま稲田朋美防衛相が引責辞任している。 日本は上から下まで隠蔽が蔓延(まんえん)する社会になってしまった。 情報の保存と公開は民主主義の最低必要条件であり、権力者の都合でなかったことにできるなら、独裁体制と変わるところがない。  私のコメント。 安倍総理が率先して隠蔽(いんぺい)に加担している国家だから。 安倍君できるだけ早く退陣してくれ。

brv6d.jpg ノルウェージャン・スター号、船内寿司レストラン 1。

brv7d.jpg ノルウェージャン・スター号、船内寿司レストラン 2。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  予想通り「記憶にありません」 無職・北村かずゑ・72(熊本市東区) 毎日新聞 2017年8月1日 東京朝刊。 25日の本欄に、安倍政権の体たらくは首相の地元の山口県民として恥ずかしいというご意見が寄せられていました。 お気持ち、よく分かります。 以前、熊本県でも突然首相を放り出した人がいて、行く先々で「あの熊本?」と言われ、肩身の狭い

思いをしたものです。  いつもはラジオ派の私も衆参予算委員会の閉会中審査はテレビをつけました。 そして予想通り、官僚らは目を伏せての「記憶にありません」のオンパレード。 つい「なめるな!」と叫んでしまいました。 彼らはこの忠義、勲功で、いずれいい職に就くのでしょうか。  また、安倍晋三首相の隣で目を閉じ、椅子に寄りかかり、眠っているとしか思えない大臣の姿にも怒りを覚

えました。 私は以前本欄に、議員の椅子はなぜ豪華でなければならないのか、立派なものは必要ない、居眠りすれば転げ落ちるような事務用椅子で十分ではないか、という趣旨の意見を載せていただきました。 今回、改めてそう思いました。 恥ずかしい質疑でした。

「みんなの広場 投稿記事」  安倍首相は巧言令色鮮し仁 無職・松田百合人・77(福岡市西区)毎日新聞 2017年8月7日 東京朝刊。 衆参予算委員会閉会中審査では、野党議員の質問にへりくだって応じるなど、もっぱら言葉遣いで丁寧な説明を国民に向け演出した安倍晋三首相 「巧言令色鮮(すくな)し仁」の意味は、言葉を飾ってうまく言って、顔色をうまくつくろい、愛

嬌(あいきょう)を振りまいて、人の心を自分に引きつけようとする者には誠意ある人物が少ないというものだ。
 国民の多くはもうわかっているんです。 森友学園も加計学園もすべて安倍首相を取り巻く政治家と官僚の「そんたく」で進められたことは明白です。 「李下(りか)に冠を正さず」。 この言葉が真に理解できていれば首相になった時点で、妻に森友学園との関係を断ち切らせ、安倍

首相本人は、加計孝太郎加計学園理事長との食事やゴルフを一切やめていたはずです。 リーダーの意向をそんたくするのは日本の文化です。 だからこそリーダーは「己を修め人を治める」ことが肝要なのです。 もうこの問題に税金を使わないでください。 もっと重要な政策論議を期待します。 この国は今大変です。

「みんなの広場 投稿記事」  「疑惑隠し内閣改造」なのか 無職・鷺柳一・70(埼玉県鴻巣市)毎日新聞 2017年8月7日 東京朝刊。 大事な記録や文書は「残っていない」「廃棄処分した」と言い、「記憶にない」を連発した政府関係者たち。 野党や国民から疑惑の目で見られて当然だ。 そんな疑惑を払拭(ふっしょく)する目的もあってのことだろう。 3日、安倍改造内閣と自民党

役員人事が発表された。 これまでの政権の骨格は堅持したうえで、政調会長に岸田文雄前外相、安倍晋三首相に距離を置いてきた野田聖子氏と河野太郎氏をそれぞれ総務相、外相の要職に据え、清新さをアピールしている。  一方で、“疑惑隠し改造”と皮肉る識者も少なくない。  PKO日報隠蔽(いんぺい)問題や森友・加計両学園問題に絡んだ渦中の閣僚を交代させたと

しても、参考人として国会に招致、説明させるのは当然である。  首相は「丁寧に説明責任を果たす」と公約している。 安倍昭恵氏の参考人招致、あるいは証人喚問の英断を下せば、内閣支持率の回復も期待できるのではないだろうか。

su14d.jpg オスロ出港。 建物はアーケシュフース城。

su15d.jpg 風景 1。

su16d.jpg 風景 2。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  悲惨な状況で国守れるのか 主婦・谷本敏子・67(佐賀県神埼市)毎日新聞 2017年7月30日 東京朝刊。 「加計学園」問題で与党が収束を図ろうとした国会で、安倍晋三首相の不安定な答弁が新たな疑念を生んだ。 収束できると思った与党は勘違いしているのではないだろうか。 記録はなく記憶もあやふやで証拠も示さず、「一点の曇りもない」とい

う。  それなら加計孝太郎理事長の招致を拒否する必要もないのではないか。  「森友学園」問題では籠池泰典・前理事長は参考人招致を飛び越して罰則のある証人喚問だった。  同じ答弁を繰り返す大臣、首相、官僚。 認めたら大変なことになると承知しているからか。 森友問題で隠蔽(いんぺい)を繰り返した官僚は出世をした。 今回も一部の官僚は彼に続けと決心している

ように見える。  ミサイルが飛んで来るから、こんな小さな問題に関わり合っているわけにはいかないという意見も聞く。 だが、官邸に出入りした人たちのデータも削除してしまいない、記憶もない、という悲惨な管理状況の中、飛んで来るミサイルから日本を守ることができるのだろうか。

「みんなの広場 投稿記事」  二階幹事長の発言にあぜん 無職・井上正嗣・84(滋賀県栗東市)毎日新聞 2017年7月31日 東京朝刊。 2日間にわたる衆参予算委員会の閉会中審査が終了した翌日、自民党の二階俊博幹事長が大阪市内で開いた自派の会合でこうあいさつしたという。 「自民党はいろいろ言われているが、そんなことに耳を貸さないで正々堂々、自信を持って頑

張らなければならない」 加計学園問題などが論議されたものの、ますます疑惑が深まった印象だ。 にもかかわらず、こんな発言ができるとは。あぜんとする。 更に、政権に批判的なメディアを「いいかげん」と批判し、「料金を払っているんだから書く方も責任を持って」と主張したとのこと。 自民党もここまで救いがたい政党に成り下がったか、と情けない思いだ。  国民が何を不満に思っているの

か、本当に分かっているのだろうか。 「集団的自衛権の行使容認」に始まるあらゆる重大な場面で丁寧に説明せず、はぐらかすようなことばかりしてきた結果、国民の不満が積もり積もって今、噴出しているのである。 もっともっと丁寧な説明が必要ではないか。  安倍第三次内閣はリホォーム詐欺内閣。 コラムニスト小田嶋隆さんの弁。

bru36d.jpg ノルウェーの船舶監視船。 右側に光っている建物は、オスロのフラム博物館。

bru37d.jpg オスロのフラム博物館。 Viking号とGoel号が実物大で展示されている。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






ウラから目線  男と女と内閣支持率 福本容子 毎日新聞2017年7月18日 東京夕刊。 女心が読み切れず、ずっとモヤモヤしてきた。 安倍内閣の支持率は、なぜ女性の方がいつも低いのか?  世論調査に表れる男女差は誤差と呼べるようなものじゃない。 毎日新聞の場合、10ポイント超えもよくある。 極めつきは、最新の読売新聞世論調査。 男女とも支持率急降下なのだけど、男性の45%に対して女性は28%。 その差なんと17ポイントだ。  安倍晋三さんが女性に嫌われるタイプ、というのはハズレ。 

2006年9月、最初に首相になった直後の毎日の世論調査では、女性の支持率が69%あり、男性より6ポイントも高かった。 女性に人気がないのは、再登板後の今の安倍内閣なのだ。  2年前にも同じなぞ解きに挑んでみた。 自衛隊の海外活動を広げる安全保障関連法案に関心が高まっていた頃だ。 開いた男女差を、戦争をより嫌う女性の性質と関連づけた。  でも今は、反戦争の角度だけで説明がつきそうにない。 支持率に影響しそうな最近の主な出来事はといえば、「共謀罪」法に加計学園。 共通

するテーマは? 政権が本当のことを国民に語っているか、正直に説明しようとしているか、だろう。  そこから仮説を立てると、女性は、不正直や隠そうとする体質により敏感で批判的だから、となる。 反対から見た方がいいかも。 男性は不正直や隠そうとする体質により鈍感で寛容だから。 さて、正しいか、正しいなら、なぜそうなるのか?  正直わからない。 でも、ちょっとおもしろい研究結果を一つ。  南カリフォルニア大准教授のサメックさんら欧米の研究者5人が、幼い子どものいる親に実験をした。 表裏で色の違う

コイン2枚を投げてもらい、出た色の組み合わせ次第で賞金(品)がもらえる、というもの。 正直さが試される自己申告制だ。  すると、息子の前でコイン投げをした親の方が娘の前の場合よりウソの申告をする傾向がくっきり出た。 女子は正直者に、という親の望みの表れなのだとか。 男性は不正直にゆるい環境で育つということみたい。  かなり飛躍したけれど、ゆるい方の視線に慣れると、ますます不正直を重ねる恐れあり。 女性の支持率が低過ぎ、ではなく、男性の支持率はまだ高過ぎ、と見た方がよさそうだ。  さ

て、私のモヤモヤはまだ消えず、分析の挑戦は続く。 (論説委員)   私のコメント。 安倍政権の支持率はもっともっと下がるよ。

bru28d.jpg ノルウェージャン・スター号の対岸、観光船乗り場付近に建つ看板 海側。

bru27d.jpg ノルウェージャン・スター号の対岸、観光船乗り場付近に建つ看板 裏面。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






加計問題  「丁寧」一転、首相言葉に詰まる 閉会中審査 毎日新聞2017年7月25日。  「丁寧な説明」が一転、苦しい弁明に--。 「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、安倍晋三首相が出席して2日間にわたり行われた国会の閉会中審査。 25日の首相は、野党側の質問にしばしば言葉を詰まらせた。 「総理のご意向」と書かれた文書が発覚して以降、相次いで浮上

した数々の疑念を払拭(ふっしょく)することはできず、各地の市民から、徹底的な真相の解明を求める声が上がった。 【遠藤拓、大場弘行、伊澤拓也】   「私がお答えした全文ですか?」。 安倍首相の表情に、動揺が浮かんだ。民進党の蓮舫代表から、学園の計画を知ったのが「今年1月20日」だとする首相の主張と食い違う時期を、自身が先月の国会で答弁していたことを追及さ

れた場面だった。  この日付を巡り、首相は先月の答弁を修正せざるを得なくなり、共産党の小池晃書記局長への答弁でも「これは、あの実はこれ、言い直して、いるわけで……」などと言葉に詰まる場面が目立った。  先の通常国会では、民進党の低支持率をやゆして挑発していた首相だが、自らの政権の支持率が急落する中、24、25両日の閉会中審査では一変。野党議員の質問

に「ご下問があった」とへりくだって応じるなど、もっぱら言葉遣いで「丁寧な説明」を演出しようと躍起になった。  毎日新聞が25日、全国の有権者に両日の国会審議について尋ねたところ「疑念は晴れていない」との厳しい見方が相次いだ。 西東京市の自営業、鈴木治夫さん(71)は「政府高官や政治家が『記憶にない』ならばどんどん辞めてもらいたい」と訴え、大阪市の主婦、近藤佳

子さん(33)は「学園理事長らが公の場で説明した方がはっきりするのでは」と指摘。福岡市の坂井ヨシエさん(85)は「役所の文書が簡単に捨てられないよう対策を講じるべきだ」と求めた。  閉会後、参考人の加戸守行・前愛媛県知事は、前川喜平・前文部科学事務次官らを念頭に「首相は言いがかりをつけられただけ。 あそこまで低姿勢になる必要はなかった」と擁護した。 一方、問

題を告発してきた前川氏は「リーダーシップで真相解明に努めて」と首相に注文をつけた。   私のコメント。 疑念は晴れるどころか、真っ黒になってきた。 加計孝太郎の証人喚問を要求する。

jan39d.jpg オスロ市庁舎外壁の彫刻 1。

jan41d.jpg オスロ市庁舎外壁の彫刻 2。

jan42d.jpg オスロ市庁舎外壁の彫刻 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






内閣支持率 続落26%「総裁3選」62%否定 毎日新聞2017年7月23日。  毎日新聞は22、23両日、全国世論調査を実施した。 安倍内閣の支持率は26%で、6月の前回調査から10ポイント減。 不支持率は12ポイント増の56%だった。 支持率が20%台になったのは2012年12月の第2次安倍内閣発足後、初めて。 安倍晋三首相の自民党総裁任期が来年9月

に終わることを踏まえ、代わった方がよい」との回答は62%(3月調査は41%)で、3期目も「総裁を続けた方がよい」の23%(同45%)を大きく上回った。 首相の政権運営は厳しさを増している。

「みんなの広場 投稿記事」  長州の先人に恥ずかしい 無職・安田久男・67(山口県下関市)毎日新聞 2017年7月25日東京朝刊。 22、23日の毎日新聞の世論調査によると、安倍内閣の不支持率は56%にのぼった。 また先日、米国のトランプ政権は支持率が36%で戦後最低との記事も目に入った。 両国ともトップの不人気さが顕著であり、嘆かわしい状況である。  とり

わけ我が国では、ここ半年における安倍晋三首相の国会における説明不足や数に頼る強行採決、また、現職大臣の発言問題など、数え上げればきりがなく本当に情けない限りだ。  私は、安倍首相の故郷の選挙区に居住する者だが、今の日本国の現状をみて、平家一門のように栄華はいつまでも続くものではないと思う。 国会内での挑発的な言動や数々の雑言など、やりたい放題で

はないか。  このような体たらくで、幕末から明治期に活躍した長州の先人に対し恥ずかしくはないか。 不人気の原因や責任の無さを恥じ衆院解散で国民に信を問うべきだと思うがいかがであろう。 地元民としてもそろそろ決断の時期が来ていると痛感している。

DSC_1208a.jpg オスロ港の落書き。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  言葉の信用低下を憂える 無職・中武英則・72(宮崎市)毎日新聞 2017年7月19日 東京朝刊。 政治家は信念を言葉によって国民に語りかけ国民の理解の上で施策実現に努めるのだが、その根本となる政治家が発する言葉の意味と国民が認識する言葉の意味とが大きく違っているとなれば重大な問題である。  よく知られる政治(役所)用語の「前

向きに検討する」「善処する」等は、ある程度国民もその意味を消極的ながらも理解した言葉ともいえる。 だが、安倍内閣の言葉「丁寧に説明する」「真摯(しんし)に対応する」「反省している」等については、国民は政治用語ではなくて辞書に記載された当たり前の意味で使用していると理解している。  まさか一国の責任者が所信を述べる場合に政治用語を使うとは考えない。 首相が

「でんでんむし」と言えば、国民は「ああかたつむりのことだなあ」と間違いなく同じものを認識できるように、丁寧、説明、真摯、反省などの言葉について、為政者は国民に寄り添う意味も含めて辞書で正しい意味を真摯に再確認する必要があるのではないか。

「みんなの広場 投稿記事」  首相は全てを正直に語れ 無職・村井誠一・65(大阪府高槻市)毎日新聞 2017年7月20日 東京朝刊。 時事通信が今月7~10日に実施した世論調査で、内閣の支持率が前月比15・2ポイント減の29・9%となった。 加計学園問題についての安倍晋三首相の発言については「信用できない」が67・3%。 つまり、国民の大半は安倍首相に関す

る疑惑は真実だと受け止めていることをうかがわせる結果といえるだろう。  安倍首相自ら「丁寧な説明」を明言したにもかかわらず、政府が明確な物証を示さないうえ「記憶にない」を繰り返すだけでは当然の結果である。 さすがに安倍首相も危機感を覚えたのか、閉会中審査に出席するとのこと。 しかし、これまでと同じようなやりとりが繰り返されるようでは、今度こそ国民から愛想を尽か

されるだろう。  今までは数の力で押し通すこともできたが、状況が違う。問われているのは政策の是非だけではなく、安倍首相その人に対する不信感が根底にあるのだ。 事実の全てを正直に語り、非があれば国民に謝罪することだけが残された道である。  私のコメント。 安倍政権は反省などしません。

bru35d.jpg オスロ港を出航する他客船 1。

bru34d.jpg オスロ港を出航する他客船 2。

bru29d.jpg 
オスロ港に停泊する帆船。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  次の選挙まで絶対に忘れない 主婦・伊藤みさ子・66(京都府宇治市)毎日新聞 2017年7月17日 東京朝刊。 強行採決で成立した「共謀罪」法が11日、施行された。 まともに答弁できない大臣、金絡みの問題を起こす大臣、国民を愚弄(ぐろう)する大臣、そして森友・加計問題にきちっと対応しない安倍晋三首相。こんな人たちによって重要法案

が強行採決されてきた。  思えば、沖縄の米軍基地問題でも沖縄の人たちの思いを無視。 経済はといえば株価頼みで、働き方改革といって時間外労働の上限を月100時間未満まで認めようという。 求人倍率も高水準にあるとはいえ、非正規雇用は4割近くに上る。国の借金は増え続ける一方で、ツケを先送り。 野党がだらしないとしても、なぜ政権が維持できているのか全く分から

ない。 孫の未来を考えると、暗い気持ちになってしまう。 将来、「こんな時代にしたのはじいちゃんやばあちゃんたちのせいだ」と責められたら、どう答えればいいのだろう。 その頃は生きていないからというのはあまりに無責任だ。 次の選挙まで絶対に忘れないでいよう。

「みんなの広場 投稿記事」  総選挙で国民に信を問え 無職・山田清司・65(神奈川県秦野市)毎日新聞 2017年7月17日 東京朝刊。 東京都議選で、自民党は惨敗しました。  そして、安倍晋三政権の支持率は大きく下落しました。 安倍首相は、この状況を挽回すべく、近く内閣改造を行うそうです。  ここに至る経緯を考えれば、小手先の対応で挽回できると考える自民党

にあきれるばかりです。  これまで国民は、強権的な国政運営や閣僚たちの相次ぐ暴言・失言、自民党議員のさまざまな不祥事にあきれはてました。 国会での不誠実な答弁や態度、森友学園や加計学園問題への首相関与疑惑に対する政官あげての隠蔽(いんぺい)などに腹を立ててきました。 さらに、安倍首相の謙虚さのない、傲慢な態度に多くの国民が不信を抱きました。 国民か

ら信頼されていない政権のリーダーが、内閣を改造して引き続き政権を担当することには無理があると思います。  国政運営について、国民に信を問うべく、安倍首相は衆議院の解散・総選挙を行うべきであると思います。

「みんなの広場 投稿記事」  「死に体」に等しい安倍政権 無職・中野由夫・68(宮崎市) 毎日新聞 2017年7月17日 東京朝刊。 2日の東京都議選での自民党惨敗。 安倍晋三首相は「自民党への厳しい『叱咤(しった)』と受け止め深く反省する」と述べ、丁重な説明を約束する。 しかし、世論調査の支持率は下がるばかり。 政権幹部は内閣改造で雰囲気が変わると楽天

的だが、そんなに甘くはなかろう。  そんな中、安倍首相が欠席した閉会中審査が衆参両院で行われた。 しかし、主役不在で主張は平行線、何ら疑問は解消されない。 丁重に説明するとの言葉が空々しい。  都議選惨敗は、安倍政権の政治姿勢とその発言の数々が原因だろう。 都議選最終日、初めての街頭演説での「やめろコール」に対し「こんな人たちに、私たちは負けるわけに

はいかない」と言い放った。 「私たち」と「こんな人たち」を対立させて「こんな人たち」を「敵」とみなした。 一国の首相は全国民のために働くという自覚があればこの言葉は禁句だ。 攻撃的であるのも安倍首相の個性。 今の安倍政権は「死に体」に等しいと思う。

bru31d.jpg オスロ港停泊中のノルウェージャン・スター号3体 1。

bru30d.jpg オスロ港停泊中のノルウェージャン・スター号3体 2。
 
bru32d.jpg オスロ港停泊中のノルウェージャン・スター号3体 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  「裸の王様」の猛省を促す 無職・森本秋雄・72(北九州市若松区)毎日新聞 2017年7月10日 東京朝刊。 人間に過ちはある。 大切なのは、それを認め、改めることだ。 特に日本人は、潔さを尊び、惻隠(そくいん)の情で、反省する相手を許す寛大な心を持っている。  最近の安倍晋三首相の態度は正反対で、国民感情を逆なでしているようだ。 彼

にこれを進言できない雰囲気があるのか、周囲の者の態度も彼へのそんたくの連鎖反応としか思えない。 まるで裸の王様だ。 過ちの説明を求めても、鼻先でせせら笑うかのごとく相手を無視する様子には、テレビで国会中継を見た国民は嫌悪感さえ持ったのではないか。 それが東京都議選の自民党大敗の原因になったことは否めまい。  対照的に、小池百合子都知事は豊洲問題で約

束を守れなかったことをわび、頭を下げた。 これが好印象さえ与え大勝の一因ともなったと思う。 上に立つ者は非がある時は素直にそれを認め、頭を下げる勇気を持つということを安倍首相は学び猛省してほしい。 野党の体たらくでは、彼の天下がもう少し続くと思うから。

「みんなの広場 投稿記事」  拝啓 佐川国税庁長官様 団体職員・中井勝・61(神戸市兵庫区)毎日新聞 2017年7月11日 東京朝刊。 拝啓 佐川宣寿・国税庁長官様 長官ご就任、おめでとうございます。  あなたは財務省理財局長という前職では、森友学園への国有地売却問題を巡る国会審議で、野党の追及に対して「関係資料は破棄して存在しない」「いちいち職員に確

認することはしていない」などと答弁し、「適正に処理された」と言い切られました。 その胆力に尊敬の念を抱いております。 そんなあなたにお願いがあります。  私も納税者の一人です。 税務調査の際に「関係書類は紛失しましたが、適切に処理しているので経費の計上を認めてください」と申し上げる場合もありますので、その言い分を認めるよう「通達」を早くお出しください。 国会で何の

証拠も示さずに自らの主張を押し通されたのですから、私のこのお願いはよく理解していただけると思います。  今後ともこれまでの姿勢を貫かれ、ますますのご栄進をお祈りします。  敬具。  私のコメント。 安倍政権は最早終焉でしょう。 佐川国税庁長官は税収が激減し、ご苦労されるでしょう。 安倍君と共に早目に退任してください。

bru22d.jpg 市庁舎海側時計台。
 
bru21d.jpg 市庁舎海側の公園の彫刻 1。

bru26d.jpg 市庁舎海側の公園の彫刻 2。

bru23d.jpg 市庁舎海側の公園の彫刻 3。

bru24d.jpg 市庁舎海側の公園の彫刻 4。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.