「みんなの広場 投稿記事」  「おごり」の安倍政権、退陣を 年金生活者・治部康利・96(大阪市淀川区)毎日新聞 2017年5月5日 東京朝刊。東日本大震災に関する相次ぐ暴言で今村雅弘前復興相が大臣職を辞任した。 福島原発の自主避難は「本人の責任」「まだ東北で良かった」などと被災者の傷口に塩を塗り込むような許されざる発言である。  大臣、政務官らの相次ぐ

失言や不祥事に対し、「政権の緩み」という批判がある。 しかし、私は「政権のおごり」が背景にあると思う。 世論の内閣支持率が高いと判断し、それに安座しているのだ。 安全保障関連法制定や高齢者の暮らしを直撃する年金減額を強行し、今は「共謀罪」づくりの強行である。  選挙で国会の議席を多数得たことから、おごりが生まれたのだ。 安倍晋三首相は「任命責任は私にあ

る。 国民に心からおわびを申し上げる」と陳謝したというが、おごりの“源”は安倍首相だと思う。 そもそも憲法をないがしろにする安倍首相は憲法尊重擁護義務をなんと心得ているのだろう。 謝ってすむ話ではなく、安倍政権はきっぱり退陣すべきではないか。 森友問題で自身ないし妻昭恵の学園への関与が明白なら総理大臣どころか議員も辞めると宣言したではないか。 関与が明らか

になった今、即、退陣してほしい。 憲法改正どころの話ではない。


「みんなの広場 投稿記事」  憲法は死につつあるのか 自営業・荒木泰子・78(京都市左京区)毎日新聞 2017年5月12日 東京朝刊。 五月晴れにも心が重いのは年齢のせいだろうか。 施行70年の日本国憲法も、勘違いなのか本心なのかは分からないが、「立法府の長」と“自称”した行政府トップとその取り巻きによって拡大解釈が繰り返され、いつの間にかそれに慣らされてしまっ

た国民が気付かないうちに緩慢な「死」を迎えつつあるのではないか。  安全保障法制に続く、「共謀罪」を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案……。  野党の中には内紛も見られ、ばらばら状態。 労働者の祭典・メーデーという言葉も死語に近いか。 この3日は朝日新聞阪神支局襲撃事件から30年。 今のメディアは米国に比べると政府に対して及び腰のように感じられる。  敗戦の

年に国民学校に入学した私は生え抜きの新憲法世代である。 非常に珍しかった時代に留学を経験し長年、教育や国際交流活動に従事してきた。 78歳の身はこの悲惨な日本、そして世界の状況に蟷螂(とうろう)の斧(おの)をいかに振るうべきか、夜も眠れない思いだ。

akb10d.jpg 桜田門枡形巨石の説明文。 

akb11d.jpg 大阪城の巨石 1。 「蛸石」。 左の方にタコが寝ているようなシミがあるのでそう呼ばれている。 表面積が大阪城内で一番広く36畳。

akb13d.jpg 大阪城の巨石 2。 蛸石の部分。
 
akb12d.jpg 大阪城の巨石 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.