「みんなの広場 投稿記事」  報道の自由度の低さに落胆 無職・山下昇・80(京都府精華町) 毎日新聞 2017年5月11日 東京朝刊。 国際NGO「国境なき記者団」が各国の報道の自由度に関する2017年の調査結果を発表しました。 その日本の順位の低さに悲しくなりました。  ジャーナリスト団体である同記者団の調査によると、調査対象の180カ国・地域のうち日本の順位は7

2位。 主要7カ国では最下位です。 かつては10位台に位置したことがあったものの、福島原発事故をめぐる情報開示が問題視されて以降、順位がダウン。 安倍政権下で特定秘密保護法が成立するなど報道に対する抑圧がさらに高まったと批判しています。  また、大手メディアが政権の意向に配慮して自主規制を続けていると指摘しています。 こういう状況に怒り心頭です。 首

相、閣僚らの問題発言や失言の多発は政治の劣化の証しです。 現状を正せるのはメディアの強い信念と努力しかないと思います。 私のコメント、安倍晋三君周辺の右傾化は大変危険です。

「みんなの広場 投稿記事」  国会と国民をばかにした発言 自由業・高木洋志・72(兵庫県宝塚市)毎日新聞 2017年5月13日 東京朝刊。 安倍晋三首相は自民党総裁の立場から、改正憲法を2020年に施行する意欲を述べた。 目指す改憲の内容は9条1項、2項を維持し自衛隊の存在を明記する条文を加えるなどというものだが、自民党内や国会の憲法審査会で議論されてこ

なかった考え方であり、唐突感が否めない。  また、自民党が野党だった12年にまとめた改憲草案で「国防軍」の創設を打ち出していることとの整合性について衆院予算委員会で質問されると、安倍首相は「読売新聞に掲載されたインタビュー記事を熟読してほしい」とかわした。 まさに国会と国民をばかにした発言であり、「下々は黙ってついてこい」と言わんばかり。 安倍1強を象徴す

る暴言である。  安倍首相は読売新聞を政権の広報紙と思っているのだろうか。 憲法審査会では改憲議題の絞り込みの段階で、改憲論議が煮詰まってきたとは到底思えない。 改憲を政争や権力維持の道具にすることなく、徹底した与野党論議が必要である。

akb14d.jpg 大阪城説明文 1。

akb16d.jpg 大阪城説明文 2。

akb17d.jpg 大阪城説明文 3。

akb18d.jpg 
大阪城。 記念写真ではありません(天守閣に上るのに時間を要し。 集合時間が切迫し「大阪城全体像」を撮りたくて、前の人物像を避けられなかった)。 Costa Victoria号の旅は終わりです。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.