都議選 自民、歴史的惨敗 首相は謙虚さを 政治部長・佐藤千矢子 毎日新聞 2017年7月3日 東京朝刊。 この国の政治をめぐって今起きていることは、「安倍1強」政権の緩みというひと言で片付けられない深刻な問題を含んでいる。  東京都議選で小池百合子知事の支持勢力が圧勝したのは知事が信任されたことを意味するが、自民党惨敗に国政での失策が影響したこと

は疑う余地がない。  先の国会での強引な運営、閣僚や自民党2回生議員の問題発言と行動は、政治の劣化を見せつけた。  学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題は、安倍晋三首相の友人を優遇するために「総理の意向」が働いたかどうか、今のところ真相はわからない。  だが、文部科学省の内部文書をめぐって政府の対応が二転三転し、「政府はあったものをなかったことにし

かねない。 うそをついているかもしれない」という印象を与えた。  政治は「信なくば立たず」。 何か隠しているという不信感を持たれることほど、政権にとって命取りになることはない。  1日夕、都議選で首相が初の街頭演説に立ったJR秋葉原駅前に足を運ぶと、異様な空気に包まれていた。 首相に「帰れ」コールを浴びせる集団。その場にいた自民党衆院議員は「民主主義の否定」とこ

れを批判した。 互いに異論に耳を傾けない分断の政治を象徴しているようで、やりきれなさを感じた。 こうした政治を生んだのも、批判に不寛容な首相の姿勢が影響しているのではないか。  首相は「加計学園」問題について「丁寧に説明していく」と語っていた。 自民党惨敗を教訓に、地道に政権への信頼回復に努め、謙虚で丁寧な政治を目指すしかない。  

私のコメント。 外遊だって!税金の無駄遣い。 いい気なもんだ。  ★TBSラジオ デイキャッチ時事川柳! 7月5日の句

 「領収証 無くていいよね 国税庁」  「反省の ポーズだけなら 猿もする」

bru12d.jpg 市庁舎一階ホール 1。

bru13d.jpg 市庁舎一階ホール 2。

bru14d.jpg 市庁舎一階ホール 3。

bru15d.jpg 市庁舎一階ホール 4。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.