特集ワイド 「こんな人たち」と国民を分断 安倍さんの本質 毎日新聞 2017年7月10日 東京夕刊。 「辞めろ」コールに対し、安倍晋三首相が「こんな人たち」と激高する場面もあった街頭演説。 「こんな人たちに皆さん、私たちは負けるわけにはいかない」。 東京・秋葉原で1日、安倍晋三首相が今回の東京都議選を通じて唯一行った街頭演説。 「帰れ」「辞めろ」コールを浴びた首相

はこう言い放った。 恐らく戦後政治史に残るであろう「秋葉原演説」。 あの光景が浮き彫りにしたものは何か。 今一度、考えたい。【井田純、小松やしほ】   「まさか、ああいう言葉を国民に向けるとは思っていなかった人が多いのではないでしょうか。 国会で民進党や共産党を相手に言うのとは意味が違います」とコラムニストの小田嶋隆さん。 永田町での振る舞いが秋葉原で可視化さ

れた意味は、決して小さくないとみる。 「自分に賛成しない人間を『国民とは別のカテゴリー』に分けたようなものですから」 味方と敵を峻別(しゅんべつ)し、身内をとことんかばう一方、自分を批判する相手には攻撃的な態度を隠さない。 安倍政権の根底にある、まるで「不良少年グループ」のような世界観を、小田嶋さんは「ヤンキー的」と表現する。 なるほど、選挙中、「自衛隊としてお願い」

演説を行った稲田朋美防衛相は、野党からの罷免要求にもかかわらず、次の内閣改造まではその地位にとどまりそうだ。   以下、割愛します。    安倍首相の秋葉原演説(抜粋) 皆さん、あのように人の主張の訴える場所に来て、演説を邪魔するような行為を私たち自民党は絶対にしません。 私たちはしっかりと政策を真面目に訴えていきたいんです。 憎悪からはなんにも生まれな

い。 相手を誹謗(ひぼう)中傷したって、皆さん何も生まれないんです。 こんな人たちに皆さん、私たちは負けるわけにはいかない、都政を任せるわけにはいかないじゃありませんか。 (7月1日、東京都千代田区のJR秋葉原駅前で)


su9d.jpg 市庁舎ホールにあるベル。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.