FC2ブログ




前回のつづき  内閣府は各省庁に宛てた文書で、桜を見る会への推薦基準として①長官等②局長クラスの2分の1③各種審議会、委員会等の長④各界功績者--を規定。 さらに各界功績者の事例を①勲章・褒章の受章者②各省庁の表彰者③災害対応、被災者支援で貢献功労のあった者④復興策等に関係する施策の企画協力者――と示した上で、各省庁に同一人物が

連続して招待されないよう配慮し、推薦するよう求めている。 【佐藤緑平、岡大介】    公私の区別が必要 透明性高い基準を 川上和久・国際医療福祉大教授(政治心理学)の話 首相夫人には公的な役割もあるため、昭恵氏に限らず公私の区別が必要になる。 首相夫人の立場として公的な活動で評価されている人と交流があると思うが、私的な交流で桜を見る会に招待した

人がいたとすれば、推薦基準を見直さなければならない。  招待者名簿は廃棄されたとされ、参加者が基準を満たしていたかは分からない。 それでも現段階で、桜を見る会が肥大化したプロセスについて検討する第三者的な調査委員会をつくることはできる。 社会的な貢献があった人を慰労する会には一定の意味があり、国民の理解を得て桜を見る会を再開するには、未来志向で議論

して透明性の高い基準を定めることが求められる。  安倍晋三の桜を見る会の疑惑はやっぱり晴れない。  安倍晋三は噓が得意だからね。 また、外遊だって 税金の無駄遣い。 今回の増税も晋三の外遊の資金になるのか。

yoko30.jpg Celebrity Millennium横浜港出港 1。  この旅は新元号令和記念フェアと題し2019年9月22日~10月2日「どこへ行くかはお楽しみミステリークルーズ」というタイトルで、旅行代金とプレミアム客船のみ提示された募集でした。 ☆9月22日横浜(大さん橋)

~9月24日広島~9月25日関門海峡を通過して北九州~9月26日釜山(韓国)~9月27日舞鶴~9月28日金沢~9月29日秋田~9月30日青森~10月2日横浜港着の11日間のクルーズでした。


yoko32.jpg Celebrity Millennium横浜港出港 2。

yoko33.jpg Celebrity Millennium横浜港出港 3。

yoko43.jpg Celebrity Millennium横浜港出港 4。

★2018.04.11 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】   昭恵さん あなたは土俵 上がってよ

★2018.05.02 荒川強啓 デイキャッチ! 【時事川柳】    逃亡は 屋根裏部屋か 外遊か
★2018.05.16 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】  一転の くもりもないよ すりガラス
★2018.05.30 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】   森友は 「いいね!」 じゃなくて 「言い値」 らしい
★2018.06.06 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】   梅雨入り 更に伸びるな モリとカケ
★2018.06.20 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】   サッカーの 隅に小さく 加計の顔
★2018.07.04 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】  パス回し 手本は総理の 答弁か
★2018.09.05 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  誓約書 あんたが出してよ 国民に
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】   忘れるな そんなジジイも 有権者
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】   腕利きを 揃えた口利き ばかりだろ
★2018.11.14 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】   さつき流 五月雨式の 記載漏れ
★2019.1.09 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  新基地で サンゴのひだち 悪くなり
★2019.1.23 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  ♬厚労省は~ 気楽な稼業と 来たもんだ♪
★2019.2.20 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  不適切? 不正は適切 指示通り
★2019.2.27 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】   優越的 地位乱用の 内閣府
★2019.3.20 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  来年は 五輪が全部 黒くな
★2019.3.20 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  四選を 「よせ」と読みたい 民心
★2019.3.27 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  安っぽい 忖度するな 考案者
★2019.3.27 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  埋めるほど 溝は深まる 辺野古かな

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト









| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 客船の旅, All rights reserved.