レスヴォス島は人口約4万人、病院が一軒という小さな島です。 でも、ギリシャで三番目に大きな島です。 ギリシャ正教会の府主教座が置かれているが。 オスマン帝国統治時代の名残なのかモスクが相当あった痕跡があったり、様々な顔を持っている島です。 ウーゾの生産農家が15軒ほど。  島の北側には美しい漁村「モリヴォス」があり、鰯が水揚げされ輸出されています。 モリヴォスには中世ヴェネチアの要塞が威容を誇っています。 要塞は次回掲載。

mytil42d.jpg 修道院の外側にある小さな礼拝堂 12。

mytil37d.jpg リモナス修道院の内部。修道院の中には大きな「かめ」があちらこちらに置かれている。単なる装飾ではなさそうだが??。

mytil38d.jpg リモナス修道院の内部。

mytil39d.jpg 修道院の中庭。

mytil40d.jpg 修道院の中庭。

mytil41d.jpg 古文書室の廊下側に置かれた、当時使用していた農耕具。

mytil21d.jpg 
脱穀に使われたのだろうか、農耕具のひとつ。 

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.