この世で天国を求める者はドゥブロブニクに行かれよ”と、バーナード・ショウが書いている。 旧市街は全長1940mの城壁を歩きと、屋根のオレンジ色・空の青・と海の青が見事です。 国内外で”アドリア海の真珠”とも呼ばれ、ユネスコ世界遺産として保護されています。

doj60d.jpg ドゥブロブニク入港前の上甲板の様子 1。

doj61d.jpg ドゥブロブニク入港前の上甲板の様子 2。

doj62d.jpg ドゥブロブニク港と港の様子を上甲板から撮影「Crystal Serenity」号が停泊している前に「QE」号は停泊しました。

doj52d.jpg ドゥブロブニク入港前の上甲板の様子 3。

doj53d.jpg ドゥブロブニク入港前の上甲板の様子 4。

doj54d.jpg ドゥブロブニク Gruz Berth港に停泊している「QE号」。

doj55d.jpg テンダーボートはこのような状態で保管されています。

doj56d.jpg レストランの入り口付近にあるエリザベス女王の肖像。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/
http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.