バチカン博物館の入り口

この画像は2007年に乗船したクルーズの画像を掲載したものです。 「IBM」 のソフトを使いホームページの更新をしてきました。 ホームページを公開したのは19年前でした。 その間、管理料とかの名目で金銭を要求されたことは一度もありません。  突如、ジャストシステムという会社が「IBM」のホームページを管理するという話がメールでありました。 しかも、ジャストシステム社が金銭を要求してきました。 断じて許されない行為なので放置していました。 ジャストシステム社が使用

中のソフトの管理期限を切り、金銭の支払いが無いと。 以降、掲載画像に問題が生じても責任は取らないと言った
”脅し同然の内容”メールを送ってきました。 さて期限が過ぎてしばらくすると画像の更新を邪魔してきました。 現在は全く更新が不可能です。 「IBM」のホームページを断念し画像を「FC2ブログ」に移行している最中です。 画像が重複したりしていますがご容赦ください。

vati1d.jpg  
ピオ・クレメンテ美術館/キアラモンティ博物館/エジプト博物館/エトルリア博物館/絵画館などの総称歴代の法王が富と権力にあかして集めたギリシャ/ローマ/エジプト/エトルリア/キリスト教美術品が展示されている。

vati3d.jpg  システィーナ礼拝堂に通じる廊下の天井画 1。

vati2d.jpg  
システィーナ礼拝堂に通じる廊下の天井画 2。

vati4d.jpg  
システィーナ礼拝堂に通じる廊下の天井画 3。

vati5d.jpg  
システィーナ礼拝堂に通じる廊下の一画に「つづれ織り」を壁に展示しているコーナーがある。 展示物の保護のため
照明が暗くしてある、その感じを再現した。

vati6d.jpg  
システィーナ礼拝堂に通じる廊下の天井画。 言葉にならないほど素晴らしい。

vati7d.jpg  
システィーナ礼拝堂に通じる廊下の天井画。 天井画には立体的に見える工夫がされているという話。実際平面なのに
立体的に見える。

vati8d.jpg  
システィーナ礼拝堂に通じる廊下の天井画。 廊下の両面には天井画などを説明をするモニターが設置されている。

vati9d.jpg  
「システィーナ礼拝堂」 法王を選ぶ枢機卿会議(コンクラーベ)の会場として知られる。 この礼拝堂の正面中央から
天井に描かれたミケランジェロの大壁画。 「最後の審判」には391人の人物が描き込まれている。

vati10d.jpg  
前の写真の少し天井部分。 この部屋は撮影禁止なのかフラッシュの発光禁止なのか良くわからないが監視員が10人
以上配置されていた。 カメラを構えると肩をたたかれた。 多分禁止行為なのであろう。 しかし、こんな機会は二度と
訪れないだろうから、監視員の目を盗み夢中で撮影した。 新法王の決定を現す白い煙はこの室の左後方で炊かれる。

vati11d.jpg  
システィーナ礼拝堂の壁画の一部。

vati12d.jpg  
展示品。 バチカンを誇示する十字架か?

vati13d.jpg  
金と宝石で作られている展示品。 バチカンのイメージが壊れたのは、これらの展示品。 金銀財宝を誇示する展示には
何だか虚しい。 一つ感心したことがある。 車椅子で訪問すると係り員が別ルート(車椅子そのまま)で案内していた。 
文化の違いか。

vati14d.jpg  
廊下の壁面に描かれた絵画。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





イシダ様 はじめまして

毎回 写真を楽しみに見させていただいております。
「QE号」の時は すごい大きさでびっくりでした。
以前名古屋港で見ましたが スケールの大きさ 豪華さ!!
その客船に乗船とは とっても羨ましく 羨望の眼差しで拝見させていただきました。
私は「飛鳥」がやっとでしたので・・・

今回の お写真 すごいですね
システィーナ礼拝堂  自分の目で見たくなりました。
じーーーと見入ってしまいました。

これからも 楽しませていただきますね♪

さとちんでした♪

【2014/01/16 19:21】 URL | お気楽さとちん #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/01/18 11:54】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.