「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。 賛同の方は次のアドレスに「www.http://chn.ge/1bNX7Hb」に一票をクリックしてください。

エルミタージュ散策
皇帝の私有美術館だった時代は遠い昔となり、今日、何百万人のお客様にとってエルミタージュは、世界の文化やロシアの歴史に近づきながらも、喧騒から離れた静かな場所を探すことのできる、数少ない場所の一つとなっています。 その理由は、単に高尚なものに接することが平凡な日常を忘れさせてくれるということではなく、エルミタージュが人間の魂により

良い感情を喚起する性質を持っているからです。 エルミタージュでは様々な文化の空気を吸うことができ、世界各国の優れた美術品を鑑賞し、この建物と関連を持つロシア史上の数々のエピソードを思い起こすことができます。 エルミタージュはあらゆる意味でユニークな美術館です。 その理由は、文化の発達に象徴された世界がここで、ロシアの歴史と驚くほど絡み合っているからです。 有名、無名の画家たちの亡霊が、この場所に永遠に消え去られることのない生きた足跡

を残した皇帝たち、軍人や外交官、作家や革命家たちの亡霊たちと一緒に、エルミタージュの館内をさまよい歩いているのです。 この美術館から受ける印象は、多種多様です。 真にエルミタージュを認識するには、一生ここで過ごすしかありません。 恐らく、エルミタージュの散策は、この美術館が私たちに与えてくれる最高の満足だと言えるでしょう。 慌てずにゆっくりと、歴史の間から、古代ギリシャ・ローマの彫刻やオランダ絵画の傑作へと巡り歩き、マチスやナポレオン、レンブラ

ントやストルイピンに思いを巡らせ、そして当然、この美術館の創立者エカテリーナ女帝のことを思わずにはいられないでしょう。 こんな散策はエルミタージュをよく知っている人々にとってさえも、思いがけないことで溢れています。 今まで気づかなかった建築の要素が思わず目に飛び込んできたり、見慣れたはずの絵が光線の具合によって、いつもとは違う表情を見せたりしてくれます。   次回に続く。   ミハイル・ピオトロフスキー 国立エルミタージュ美術館館長の言葉。

lyz1d.jpg 
宮殿広場から見た冬宮入り口。

lyz2d.jpg
宮殿広場から見た冬宮。 右側が少し欠けている。

lyz3d.jpg
宮殿広場から見た冬宮の右側。

lyz4d.jpg
正面(ヨルダン)階段 1。

lyz5d.jpg
正面(ヨルダン)階段 2。

lyz6d.jpg
正面(ヨルダン)階段 3。

lyz7d.jpg
正面(ヨルダン)階段 4。

lyz8d.jpg
正面(ヨルダン)階段 5。

lyz9d.jpg
正面(ヨルダン)階段 6。

lyz10d.jpg

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.