「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。 

総理安倍晋三は国賊だ、日本の憲法を無視し、この国を戦争に巻き込むことを望んでいる。 第二次大戦で、国民がどれほど犠牲になったことか。 それほど戦争がしたければ、自民党の議員と公明党の議員の家族だけで戦闘に参加したらいい

続いて女帝は御所の隣に美術品のコレクションを所蔵するための 「小、旧エルミタージュ」 の建物を建てることを思いついた。 1764~1787年にかけて女帝の命令により始めに 「小エルミタージュ」 が、次いで 「大(旧)エルミタージュ」 が建設され、その運河沿いの部分にはラファエルロ開廊が増設された。  その先のネヴァ川沿いを少し歩いた所に、1783~1787 「旧エルミタージュ」 とアーチ状の渡り廊下で繫がれたエルミタージュ劇場が建築された。  こうしてエカテリーナ

二世の啓蒙期に冬宮の並びに、それ以後、一語で 「エルミタージュ」 と呼ばれるようになる建設アンサンブルが誕生したのであった。  宮殿の建築複合体の最後の建造物は19世紀の半ばに創造された。  1839年、ニコライ一世は冬運河に接する敷地にもう一つの美術館の建物を建設することを決定し、1852年の完成後この建物は 「新エルミタージュ」 と名づけた。   エルミタージュの建設の歴史がピョートル大帝の冬宮を拠点とするならば、美術館としてのエルミタージュ

の歴史は1764年に始まるとされている。  この年、エカテリーナ二世の指示でベルリンの商人ゴッツコフスキーから購入された225枚の絵画がネヴァ川の岸に到着した。  このコレクション入手の正確な日付は不明であるが、美術館の創立者の記念日、聖エカテリーナの日は美術館の創立記念日として毎年祝われている。   次回に続く。

lyz29d.jpg


lyz30d.jpg
ゲオルギーの間(王座の間) 1。 1837年火事で焼失した、王座の間を皇帝ニコライ一世が「白い大理石で造るよう命じた」。 二段の窓から光りを取り入れた壮大な空間をもつ 「王座の間」 を同時代の人々を驚嘆させたといわれる。 白いカラリアの大理石はイタリアから特別に輸入した。 床はカラフルな寄木細工で、その模様と同じものが天井にも銅版で作られている。

lyz31d.jpg
ゲオルギーの間(王座の間) 2。

lyz32d.jpg
ゲオルギーの間(王座の間) 3。

lyz33d.jpg
ゲオルギーの間(王座の間) 4。

lyz34d.jpg
ゲオルギーの間(王座の間)の床のデザイン。 5。

lyz35d.jpg


lyz36d.jpg


lyz37d.jpg


lyz38d.jpg

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.