「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。 

69回目 「不戦の誓い、揺らぐ」 長崎市長、集団的自衛権言及。  

東京夕刊 2014年08月09日。 
長崎は9日、69回目の 「原爆の日」 を迎えた。 長崎市の平和公園で平和祈念式典が開かれ、田上富久・長崎市長は平和宣言で、安倍晋三政権が7月に閣議決定した集団的自衛権の行使容認を巡る議論に言及し 「 『戦

争をしない』 という誓い、平和の原点が揺らぐことに対する不安と懸念の声に真摯(しんし)に向き合い、耳を傾けることを強く求める」 と政府に呼び掛けた。 一方、安倍首相は 「 『核兵器のない世界』 を実現するための取り組みを、さらに前に進める」 と述べたが、2007年の第1次政権時に触れた 「憲法の規定を順守」 とする発言はなかった。  

小畑英介記者。  ここからは晋三君に俺がコメント。 長崎で広島とほぼ同文を読み上げた。  「コピーペ」 という情けないコメントである。 一国の総理が 「原爆」と「原発」の判別できない。 これ二つ共駄目でしょう。 しかも戦争の悲劇を知らない、情けない最悪の晋三君だ。

『エルミタージュ美術館の絵画』
kai45d.jpg
ルイ・Valtat作

kai46d.jpg
ポール・ゴーギャン作

kai47d.jpg
ポール・ゴーギャン作

kai48d.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ作

kai49d.jpg
ポール・シニャック作

kai50d.jpg
クロード・モネ作

kai51d.jpg
アルフレッド・シスレー作

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.