「憲法9条をノーベル平和賞に」 戦争をしない日本を世界に広めましょう。  原発再稼動反対。

『ロシア正教の続き』
このギリシア正教の受容は、単に宗教としてのみでなく、文学、美術、建築などといったあらゆる文明形式がロシアに入り、発展していきました。 ウラジミール大公は、国家的統一を成し遂げた988年にギリシア正教を国教として取り入れまし

た。 これには、支配者の権力を権威づけるためという理由がありました。 こうして正教独特の葱坊主を屋根につけた教会がルーシ全土に建立されました。 この葱坊主の形は火焔(かえん)をあらわしていて、教会内での聖霊の活動を象徴しています(他にも諸説あります)。 当初は葱坊主ひとつの素朴な形でしたが、その後、主イエス・キリストをあらわす大き

な葱坊主を中心に福音書を記した四使徒ルカ、マタイ、マルコ、ヨハネを象徴する4つの葱坊主がそれを囲むように作られました。 ちなみに、この葱坊主はロシア語で 「クーボル」 (またはルコヴィッツア) と呼ばれています。 15世紀以降教会の力が強まるにつれ、あたかもそれを誇示するかのように 「クーポル」 の数を増した豪華絢爛たる教会が建立される

ようになりました。  988年から長らくロシアの国教と定められてきたロシア正教ですが、それは1917年までのことです。 ソ連時代にはすべての宗教が禁止されていたので、多くの教会が破壊され、司祭たちは射殺・投獄されました。 1992年から改めてロシア正教が公式に支持されることとなり、教会は急速に復活しています。

『エルミタージュ美術館(冬の宮殿) 3。』
eka44d.jpg


eka39d.jpg


eka41d.jpg


eka45d.jpg


eka48d.jpg


eka47d.jpg


eka49d.jpg
琥珀の間の入り口。

eka50d.jpg
琥珀の間は撮影禁止です。 多くの監視員がつめているので、検討で撮影したら歪んでしまった。 記念なのであえて掲載。

eka51d.jpg


eka53d.jpg

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.