エストニア・タリン 最終編。 次の寄港地はドイツ・ヴァルネミュンデです。

est64d.jpg
キーク・イン・デ・ショク 「台所を覗く」 という意味の、高さ38メートルの塔です。 かつて兵士らが塔の上から、下に見える家の台所を覗き見できる場所として、こう呼ばれるようになりました。 1470年に建造されたこの塔は補強され、壁の厚さは4メートルにもなります。 上階をイヴァン皇帝の軍に吹き飛ばされたものの建物はそのまま残され、現在はタリンの軍事・防衛博物館として使用されています。

est65d.jpg
旧市街の入り口。

est66d.jpg
教会 1。

est67d.jpg
教会 2。

est68d.jpg
市電 1。 ほとんど運転手は女性でした。

est69d.jpg
市電 2。

est70d.jpg
タリン港に停泊する客船、手前はRegatta号。(総トン数:30,277トン 全長:181m 全幅:26 m)

est71d.jpg
Celebrity Constellation号正面。

est72d.jpg
Celebrity Constellation号横面。

est73d.jpg
タリン港に停泊する、左Regatta号。 右Celebrity Constellation号。

est74d.jpg
タリン港を出港したコンステレーションの船内からタリンの街の全貌。 右の尖塔は「聖オレヴィステ教会」 左の尖塔は「ニグリステ教会」

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.