「粛々と基地移設」封印される沖縄の叫び 落合恵子さん、詩に託す。
◇沖縄の辞書


あなたよ
世界中でもっとも愛(いと)おしいひとを考えよう
それはわが子? いつの間にか老いた親? つれあい?
半年前からあなたの心に住みついたあのひと?

わたしよ
心の奥に降り積もった 憤り 屈辱 慟哭(どうこく)
過ぎた日々に受けた差別の記憶を掻(か)き集めよ
それらすべてが 沖縄のひとりびとりに
いまもなお 存在するのだ
彼女はあなたかもしれない 彼はわたしかもしれない
沖縄の辞書を開こう

2015年4月5日 ようやくやってきたひとが
何度も使った「粛々と」
沖縄の辞書に倣って 広辞苑も国語辞典も
その意味を書きかえなければならない
「民意を踏みにじって」、「痛みへの想像力を欠如させたまま」、「上から目線で」と
   
落合恵子さんの詩は3回に分けて掲載します。 この詩は毎日新聞4月10日夕刊に
鈴木琢磨記者の特集記事として2面全面に掲載されたものです。


ヴァルネミュンデ 4。
baa12d.jpg
店舗の看板。

baa11d.jpg
住居の花をあしらった窓 1。

baa13d.jpg
住居の花をあしらった窓 2。

baa14d.jpg
植木が絶妙、日本の庭園を創造する。

baa17d.jpg
壁のデザインと色合いがいいね。

baa15d.jpg
それぞれの住まいに個性がある。

baa16d.jpg
同じく。 ヴァルネビュンデ編は終わり。    Celebrity Constellation号は2007年6月26日21時 ドイツ・ヴァルネビュンデを出航して次の寄港地デンマーク・コペンハーゲンに向かいます。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.