特集号 毎日新聞 2015年04月22日夕刊記事から。 
芸能ゴシップや美容・健康情報などで華やかな女性週刊誌に“異変”が起きている。 安倍晋三政権をストレートに批判する硬派な記事が目立っているのだ。 俎上(そじょう)に載せるのは、安全保障法制の見直しや憲法改正、原発再稼働、アベノミクス、そして女性活躍推進といった目玉施策。 この怒り、どこから湧いてくるのか。【小林祥晃】
                    20150423k0000m040040000p_size5.jpg イラスト

まずは上のイラスト表をご覧いただきたい。 この1年間に、3大女性週刊誌(「女性セブン」=小学館▽「女性自身」=光文社▽「週刊女性」=主婦と生活社)が掲載した安倍政権を批判する記事の見出しである。 <安倍さんは世界で“女性蔑視”だと思われている!> <安倍政権は女の涙ぐましい努力をわかっちゃいない>などと、普段女性誌を読

まないオジサン記者にはびっくりの率直さ。 もちろんこれらはほんの一部に過ぎない。 他にも原発再稼働や憲法改正などへ疑問を投げかける記事が少なくない。 政治にモノ申す記事が増えてきたきっかけとして関係者が口をそろえるのが東日本大震災と福島第1原発事故だ。 「週刊女性」の渡辺高嗣副編集長は「原発事故を経験して 『最悪の場合、ど

うなるのか知りたい』 というニーズが高まった。 特に子供や家族を守る立場の女性にはその思いが強い」と話す。 集団的自衛権やアベノミクスなどを取り上げる際にも「要するに、どうなるの?」という疑問に答えることを大事にしている。 「女性自身」の田辺浩司編集長は「震災以降、特に主婦層は子供たちに明るい未来、安全な社会を残してあげられるの

かを考えるようになった。 そこに訴える記事を出そうというのが編集方針。 特に原発、福島は徹底して追いかけている」と明かす。 読者も好意的に受け止めているようだ。 「週刊女性」の毎号約40本の記事のうち、面白かった記事を選ぶ読者アンケートで政治ネタはベスト10の常連だ。 昨秋、小渕優子前経済産業相と松島みどり前法相が「政治とカネ」

の問題で相次ぎ辞任した直後に特集した「政治とカネ問題Q&A」は5位に。 「政治資金規正法の仕組みや、何がダメだったのかを徹底解説した。 新聞やワイドショーで繰り返し伝えている話なので、読まれるかと心配しましたが、意外でした。 それどころか『まだまだパンチが足りない』 『もっと伝えて』という声ばかり。 『やり過ぎだ』なんて声はありません」(渡辺さん)

vydu17d.jpg
ウクライナ・セヴァストポリの海岸(2009年10月)

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。


スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.