社説:視点 安保転換を問う 徴兵制 解釈改憲が広げる不安=論説委員・佐藤千矢子  毎日新聞 2015年08月02日 東京朝刊

…中略… 安倍晋三首相は、参院の特別委員会で、徴兵制について 「明確な憲法違反だ。 今後も合憲になる余地はない。 たとえ首相や政権が代わっても、導入はあり得ない」と断定的な口調で否定した。 …中略…  国民の間に、集団的自衛権の行使は 「できない」 から 「できる」 へと憲法解釈が変わるのなら、徴兵制も 「意に反する苦役にあたるから違憲」 から 「意に反する苦役にはあたらないから合憲」 へと変わるのではないか、という疑念が生まれている。 集団的自衛権の行使ができないという憲法

解釈は、40年以上、国会で議論され、定着したものだった。 それが安保環境の変化を理由にあっさり変更され、違憲の疑いを指摘される関連法案が衆院で強行可決された。 ならば、徴兵制のように、それほど積み上げのない憲法解釈が変わる可能性はあるのではないか。 なぜ、徴兵制だけはないと断言できるのか。 こうした疑念を抱き声を上げるのは、むしろ自然なことではないか。 憲法解釈の変更とはそういう不信につながる問題だということだ。  社説の全文ではありません。

boj34d.jpgポーランド人民共和国寄贈 1。

boj33d.jpg
ポーランド人民共和国寄贈 2。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.