特集ワイド:続報真相 安保法案が壊したもの 安倍さん、これが「美しい国」ですか?   毎日新聞 2015年09月18日 東京夕刊。

安全保障関連法案は参院特別委で採決が強行、可決された。 全国各地でわき上がる反対運動は、審議を通じて浮上した「壊されたもの」への抗議に他ならない。 翻って安倍晋三首相は自著のタイトル「美しい国へ」(2006年)が国家観のキャッチフレーズだ。 「破壊」 の先にどんな 「美しい国」 が待っているのだろうか。  【江畑佳明、葛西大博】

◇政治の 「土俵」 人事で崩す、憲法の対極にある性悪説17日夜。 国会前ではおびただしい数の人々が安保法案反対集会に参加した。 そこからは 「憲法守れ!」 「戦争反対!」 という声が何度も響き渡った。 この怒りは安保法案だけによるものだろうか。 上智大教授(政治学)の中野晃一さんは 「安倍首相は、政治を行うための 『土俵』 を壊した。 デモの背景には、これに対する怒りがあるのではないか」 と言う。 「民主党の勢力後退によって自民党1強となり、政党政治のバランスが崩れました。 自民党

におごりが生じ、たがが外れた状態となった。 そこで中立的な立場であるべき内閣法制局長官、NHK経営委員らを安倍色に近い人物に交代させました。 従来、政権交代があっても手を付けなかった部分です。 安倍政権もいつかは終わるし、政権再交代もありえない話ではない。 そのときに 『ここは手出しをしない』 というルール、つまり土俵を保っておかないと、安定した政治の営みができなくなり、国家としての信頼を失ってしまう」 と破壊の影響を危惧する。 そして、09年の政権交代によって野党に転落した自民

党が10年に発表した綱領の一節に注目する。 <政治主導という言葉で意に反する意見を無視し、与党のみの判断を他に独裁的に押し付ける国家社会主義的統治とも断固対峙(たいじ)しなければならない> 当時の民主党への反論だろうが、今の安倍自民党を見れば、天に向かってツバを吐いている状態ではなかろうか。 そして、こうも指摘する。 「昨年末の衆院選で自民党は300近い議席数を得ましたが、実態は低投票率が影響し全有権者の4分の1程度の支持しかありません。 それにもかかわらず、

自らと異なる野党などの少数意見に耳を貸さない。 議会制民主主義を空洞化させる振る舞いです」 NHKのテレビドラマ 「憲法はまだか」 (1996年)で日本国憲法の制定過程を描いた脚本家のジェームス三木さんは 「平和憲法が戦後70年で最大の危機にさらされている」 と言うのだ。 「日本国憲法は性善説に立っている。 世界の良識を信頼して、戦争をしないと宣言しているからで、平和憲法と呼ばれるゆえんです。 ところが、安保法案は性悪説です。 『他国は何をしでかすかわからない』 と国民に危機

意識を与え、安全にはさらなる抑止力が必要だという論理を展開しています。 これはかつての軍部の手法とよく似ている。 日本国憲法と対極にある考えです。 これではもう平和憲法とは呼べなくなる」 「憲法はまだか」 の中に、当時、政府の憲法問題調査委員会の委員だった東大教授・宮沢俊義の言葉を盛り込んだ。 「誇りを持ってこれを平和憲法と名付けたい」。 現政権は、先人たちが紡いだ英知からあまりにも目を背け過ぎではないか。 三木さんは旧満州(現中国東北部)で米軍の空襲を経験した。 敗

戦後は過酷な環境での逃避行の中、命を落としたり残留孤児となったりした人も多くいた。 たどり着いた博多から大阪に向かう途中で、広島の原爆の被害も目の当たりにした。焼け野原からのスタートにおいて、平和憲法は大きな希望であり、誇りであった。 「なんとしても平和憲法のバトンを次の世代につながなければならない」。 何度もそうつぶやいた。 これまで何度も指摘されているが、立憲主義とは権力の恣意(しい)的な行使を憲法で抑えるという考えだ。 集団的自衛権の限定行使を可能とする憲法9条

の解釈改憲は「立憲主義違反」 との批判が強い。 明治大教授(憲法学)の浦田一郎さんは今回の安保法案議論の過程で、忘れられない場面がある。  次のブログに続く。

bba25d.jpg 安倍晋三の未来像。 

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.