昭和史のかたち:安倍首相の1億総活躍社会=保阪正康   毎日新聞 2015年10月10日 東京朝刊。

◇過去の歪み 凝縮の表現安倍晋三首相の言語感覚はなかなかユニークである。  9月30日に訪問先のジャマイカで随行記者団に、党内人事や新しい政策について説明したなかで、「1億総活躍社会」 の実現を目ざすことを改めて語った。  言わんとするところは、 人口減で先細りする労働力を案じて、 このままでは日本の未来は開かれない、そこで新たな経済政策や雇用の安定を図って、「1億総活躍社会」 を実現させるということのようだ。  この 「1億」 とは人口の概数を指して、いわば 「国民全員が活躍で

きる社会」 というのが本意なのだろう。 活躍の意味も曖昧なら、それがどのような到達地点なのかといった具体的なイメージもない。 例によって麗句を口にし、なにやら幻想をまき散らすというのが、この 「1億総活躍社会」 の意味ではないか。  むしろあの日中戦争・太平洋戦争時に盛んに用いられた 「進め一億 火の玉だ」 とか 「一億一心」 などとイメージが重なり危なかしくて仕方がないというのが正直な感想である。 つまり 「一億」 という語は、「聖戦完遂」 とか 「ファシズム体制」 そのものを指しているというのが歴史

的な用いられ方であった。 たとえば 「一億一心」 というのは、国民が心をひとつにして聖戦完遂をとなる。 国民精神総動員委員会の決定にもとづいて、1939(昭和14)年9月1日から、阿部信行内閣の下で毎月1日は 「興亜奉公日」 になった。 これが官報でも告諭された。 この奉公日は、次のように規定されている。 「全国民ガ特ニ戦場ノ苦労ヲ想ヒ、自粛自省、的確ニ之ヲ実際生活ノ上ニ具現シ、一億一心、興亜ノ大業ヲ翼賛シ、以テ国力ノ増強ヲ図リ、強力日本ノ建設ニ邁進(まいしん)スルノ日」。

 「一億一心」 を訴えるこの日は、ドイツがポーランドに進駐して第二次世界大戦が始まった日でもある。 加えて日中戦争が泥沼化していて、日本は身から出たさびとはいえ、そこから抜けだせずに苦悩を続けていた。 国民精神をひとつにして、戦争政策に全面的に協力せよというのが、興亜奉公日(それを一億一心社会といっていい)の狙いである。 阿部内閣のこの奉公日の規定は、現在にも通じていて安保関連法が現実に施行になったら、そのまま通用するのではないかといいたくもなる。 「1億」 は太平洋戦争下

ではもっとおどろおどろしい意味をもった。 開戦翌年の42年には、大政翼賛会のスローガンとして前出の 「進め一億 火の玉だ」 という激しい言葉が採用され、主要な建物には、垂れ幕が掲げられた。   次回につづく。

ckb17d.jpg アルトゥン・ハ遺跡。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.