特集ワイド:いかがなものか 安保法、TPP、内閣改造…でも 臨時国会見送り 「丁寧な説明」どこへ  毎日新聞 2015年10月27日 東京夕刊。

まさか自分の発言を忘れたわけではないだろう。 安全保障関連法が成立した先の通常国会終了後、安倍晋三首相は 「国民の皆様に丁寧な説明を続けたい」 などと語ったが、説明の場である秋の臨時国会の開催を見送ろうとしているのだ。 安保法制のみならず、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の大筋合意、内閣改造による新閣僚と首相の所信表明など、国会で議論すべき案件は山積している。 なぜ、臨時国会を開かないのか。   【江畑佳明】

政府のスポークスマンである菅義偉官房長官の日々の記者会見から、臨時国会に関する発言を拾ってみると……。 「首相の外交日程を優先しなければならない」 「先の通常国会を戦後最長の95日間延長した」 (16日) 「臨時国会とは必ずしもやるべきだと決まっているわけではない。 通常国会と違って、(審議すべき)法案が必要であれば行うもの」 「かつて2回、同じような案件で開かなかった例もある」 (20日)菅官房長官は 「与党と相談して最終決定したい」 とも述べているが、一連の発言を素直に聞く限

り消極姿勢は明白だ。 首相の外交は確かに重要案件だが、先の通常国会の期間中の4月に安倍首相は訪米した。 要はスケジュール調整をすればいいだけで、臨時国会を開かない理由にはならないはずだ。 ではなぜ、臨時国会にこうも後ろ向きなのか。 政界取材が長いジャーナリストの鈴木哲夫さんは 「開かないほうが得だ、と考えているからです。 それしかありません」 とバッサリと切り捨てた上で 「首相の外遊日程を理由にしていますが、それは本音ではありません」 と裏事情を明かす。 「今春あたりから、安倍

政権は安保関連法の審議による支持率下落を見越し、通常国会後の秋に行う反転策のシナリオを描いていたのです」 そのシナリオとは、(1)外交 (2)内閣改造 (3)経済政策の3本柱で支持率を回復させ、来夏の参院選に備える??というものだ。 しかし 「目算が狂った」 (鈴木さん)。 「安保法制に対する国民の反発が予想以上に大きく、落ち込んだ内閣支持率は30?40%台と回復しきてはいない。 乾坤一擲(けんこんいってき)の 『新三本の矢』 も内容が薄く、改造内閣では早くも大臣の不祥事が取り

ざたされている始末。 臨時国会を開けば追及されるだけで、メリットは何もありません」。 釈明に追われそうな新閣僚は、森山裕農相  ▽馳浩文部科学相  ▽島尻安伊子沖縄・北方担当相  ▽高木毅復興相の4人もいる。   私見、安倍晋三は 『新三本の矢』 の内容が薄く、安保法制に対する国民の反発が予想以上に大きく、新閣僚の不祥事も多く 「外遊?ほぼ遊び」 と いう 「名目」 で臨時国会を開かず、貴重な税金を使い遊びほうけている。

sta4d.jpg 佐世保・ハウステンボス 「プリンセス・アイコ」 敬宮愛子内親王殿下のご誕生を祝して名づけられたバラ。 蕾から巻いた花弁がひらいていく様子が優雅で美しく花つきもよく、長く咲き続ける。

http://nobuyasu27.exblog.jp/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.