辺野古移設 : 米軍キャンプ前 「違法工事に手を貸すな」 騒然  毎日新聞 2015年10月29日 11時27分(最終更新 10月29日 13時09分)。

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡る対立が激化する中、政府は29日朝から移設先の名護市辺野古沿岸部の埋め立てに向けて陸上部分で本体工事に着手した。 選挙、県民大会、現場での抗議活動とあらゆる手段で移設反対を訴えてきた県民らの声を無視して移設を強行する政府に対し、沖縄の怒りは頂点に達しようとしている。 午前6時50分、米軍

キャンプ・シュワブのゲート前の国道。 移設反対派の市民ら約100人が夜明け前から座り込んで工事車両の基地内への進入を阻む抗議行動をしていたが、隊列を組んだ約150人編成の県警の機動隊が基地内から出てきて緊張が高まった。 市民らは 「違法工事に手を貸すなーっ」 と叫んで、重機や鉄パイプを積んだトラックの前で座り込んだり、立ちはだかったりした。   
【比嘉洋、川上珠実】  つづく。

sta10d.jpg 日没前の函館山展望台から撮影、白く見える船はCosta Victoria号です。

sta11d.jpg 日没前の函館山展望台から撮影。

http://nobuyasu27.exblog.jp/ 

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.