みんなの広場
NHK会長の発言は問題だ=無職・北阪英一・74(大阪府河内長野市) 毎日新聞2016年2月14日 東京朝刊。   NHKの籾井(もみい)勝人会長は2日の自民党総務会でNHKの解説委員について 「偏った考えを持った人がいる」 と発言したという。 一部の議員が個人名を挙げて 「無責任な評論家やコメンテーターのような発言をしている」 と批判したことに対して答弁したという

が、これまで一番、問題発言を繰り返しているのは当の籾井会長だ。  「政治的公平性」 はNHKに不可欠である。 しかし、籾井会長体制になってから、不信感が増大している。 経営委員に安倍晋三首相に近い人物を就任させるなど、会長を含めてNHKを政権寄りにしようという首相の意図が私には透けて見えて仕方がない。 首相自身が政治的公平性を重視するなら、何度も問題発言する籾井会長を容認するのはおかしいと思う。  本当に公平性をいうのなら、NHKの視聴者の意思を反映する人物を“国民投票”で決めてはどうか。

みんなの広場
首相演説と原発政策に矛盾=無職・山田和正・67 (兵庫県明石市) 毎日新聞2016年2月7日 東京朝刊。    国民から負託を受けた私たち国会議員は 「どうにかなる」 ではいけない。 批判だけに明け暮れ、対案を示さず、後は 「どうにかなる」。 そういう態度は国民に対して誠に無責任だ。 安倍晋三首相は施政方針演説でこのように述べ、野党批判をしました。 政治家として

立派な考えだと思いましたが、いささか違和感を持ちました。 福島原発事故で汚染水処理問題などに追われ、多くの人たちがいまだ避難生活を余儀なくされ、さらに 「核のごみ」 の処分問題が解決していないという現実を直視していれば、原発の再稼働などとても思いつかないのではないでしょうか。  ところが、先月には関西電力の高浜原発3号機が再稼働しました。 使用済み核燃料の最終処分方法が不明なままの再稼働。 それこそ 「どうにかなる」 という原子力行政だと思います。 安倍首相はこの矛盾をどう説明されますか。

pore10d.jpg フェルディナンド1世。 正面の彫刻。

pore19d.jpg シチリアのフェルディナンド1世の彫刻像の下に書かれていた文章。

pore20d.jpg 国立考古学博物館の彫刻 1。

pore21d.jpg 国立考古学博物館の彫刻 2。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.