高浜原発 運転差し止め 稼働中、初の仮処分 大津地裁  毎日新聞2016年3月9日。

『 解説 再稼働、国の姿勢を批判 』
前回のつづき。  稼働中の原発の運転停止を命じた9日の大津地裁決定は、東京電力福島第1原発事故から5年がたとうとする今も、国民の不安が払拭(ふっしょく)されていない現状を司法が代弁したといえる。 政府は司法の警告に真摯(しんし)に応える責務がある。  関西電力高浜3、4号機の再稼働差し止めを巡る大津地裁での仮処分申請は2度目で、山本善彦裁判長は

2014年11月、最初の申請を却下した。  避難計画が策定されていないことなどを挙げ 「原子力規制委員会が早急に再稼働を容認するとは考えがたい」 と結論付けた。 その際も基準地震動について 「直近のしかも決して多数とはいえない地震の平均像を基にすることにどのような合理性があるのか」 などと問いかけていた。  今回の決定は、前回示した懸念に関電側がきちんと答えないまま再稼働したことを厳しく批判し、国への不信感をにじませた結果といえる。 原発再稼働の根拠そのものを疑問視する司法

判断は、昨年4月の福井地裁決定に次ぎ2度目。 別の裁判所が同じ結論を導いた意味を政府や電力会社は重く受け止めるべきだ。  【村松洋】    私見、大津地裁の勇気ある裁判官に敬服しました。 政権及び政治家は全然ダメなので司法に頑張ってもらいたい。

rar20d.jpg ナポリ・トレド通りの街並み 5。

rar19d.jpg ナポリ・トレド通りの街並み 6。

rar21d.jpg ナポリ・トレド通りの街並み 7。

rar22d.jpg ナポリ・トレド通りの街並み 8。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.