東京都23区内で、今年4月からの認可保育所入所を希望する0〜2歳児のうち、杉並区など六つの区で入所倍率が2倍を超えることが毎日新聞の調べで分かった。 「保育園落ちた」 と訴えるブログを機に、保育所に子どもを入れられない親たちの不満が各地で噴出しているが、背景にある厳しい入所事情が浮き彫りになったかたちだ。 ほとんどの区で前年よりも受け入れ枠を増やしているが、それを上回る勢いで入所希望者が増加しており、昨年よりも状況は厳しくなっている。  【中村かさね、山田泰蔵】

前回のつづき。  待機児童の7割、東京など都市部  希望しても、認可保育所など国や自治体が基準を定め、補助金を出している保育を利用できない児童は「待機児童」と呼ばれ、東京都など都市部に多い。 厚生労働省の調査では、昨年4月時点で0?5歳児の全待機児童2万3167人のうち、首都圏や近畿圏、政令市などの都市部が約7割を占める。特に東京都は全体の3割を超える7814人と突出している。 待機児童を年齢別にみると、保護者が育児休業明けで職場復帰のため、新規に申し込む

ケースが多い0?2歳児が全体の9割近くを占めている。 待機児童になると、保育スペースが狭かったり、職員数が少なかったりして、認可保育所より質の劣る可能性のある無認可の保育施設やサービスを探さなくてはならない。無認可の施設は補助金がなく、利用料が高額となる場合もある。 保育サービスが利用できず、近くに育児を手伝ってくれる祖父母などがいないケースが多い都市部では、親が仕事を辞めざるをえないことも多い。   私見、政権は保育所を増やすような口ぶりだが、参議院議員選挙前の人気と

り。 選挙後は多分無視するだろう。 参議院議員選挙は 「自・公」 を批判する国民の試金石です。 「自・公」 に三分の二を与えたら保育所など無視され、自衛隊員を増員することに専念するだろう。 

rar28d.jpg 2015年11月5日ナポリ・イタリア出港。 ラスベッツィア・イタリアへ向け航行。 出港時の Costa Diadema号 船内 5。 正面の船はイタリアのフェリーです。 スペイン・チュニジア・モロッコなどを往復しています。

rar29d.jpg 2015年11月5日ナポリ・イタリア出港。 ラスベッツィア・イタリアへ向け航行。 出港時の Costa Diadema号 船内 6。

rar30d.jpg 2015年11月5日ナポリ・イタリア出港。 ラスベッツィア・イタリアへ向け航行。 出港時の Costa Diadema号 船内 7。

rar31d.jpg 2015年11月5日ナポリ・イタリア出港。 ラスベッツィア・イタリアへ向け航行。 出港時の Costa Diadema号 船内 8。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.