「保育園落ちた」 不満限界 専門家に聞く。
「保育園落ちた日本死ね」 と題して、保育園に入れなかった憤りをつづったブログが多くの共感を集め、同様に落選した親たちが国会前で抗議行動をしたり、署名を集めて政府に提出したりするなどの直接的な動きも起きている。 保育園不足に対する不満が、かつてないほどに高まった背景に何があるのか。 解決策は? 専門家に聞いた。  「変わっていってほしい」 ブログ書いた30代女

  「保育園落ちた日本死ね」 のブログは2月中旬に公開され、ネット上で広がった。 ブログを書いたのは、東京都内在住の30代前半の女性で夫と1歳の長男と3人暮らし。正社員の事務員として4月から職場復帰する予定だった。だが、通える範囲内にある認可、認可外のあらゆる保育施設に申し込んだが、すべて落ちてしまい、仕事を辞めなければならない可能性が出てきたという。 実家は遠く、近所に頼れる人もいない。  自身のブログが国会議事堂周辺での集会につながるなど、反響の大きさに戸惑いもあっ

たが、「(集会のように)実際に行動する事も大切なんだと感じています」 という。  「子どもは保育園で他人と関わることで成長することもあるし、第三者の目に触れる事で虐待を防げることもあるのかな、と個人的には思います。 (子育て世代は)票につながりづらい世代だからといって、解決を後回しにはしないでほしいですね。 今後、変わっていってほしいと思います」 と訴えている。  女性の犠牲をあてに 猪熊弘子氏   都市部の待機児童が一向に解消されません。  待機児童が社会問題と認識されて約20年で

す。 私も長女(19)から双子の息子(11)まで4人分保活し、次女(15)の時に 「不承諾(落選)」 を経験しました。 当時は入園基準も分からず「汚れた服で毎日役所を訪ねて訴えるのが効果的」などの都市伝説もあったほど。 でも、選考基準のポイントが公表され、2010年ごろからインターネットで個々人が状況を発信し始めて、保活は一層熾烈(しれつ)になりました。 情報戦になり 「乗り遅れるな」 と。 劣悪な施設も出てきたため、見学も必要になりました。 今年 「30カ所申し込んで全部だめだった」 という

話も聞きました。 もう異常です。 つづく。

spe8d.jpg 『ラ・スベツィア・イタリア』 はイタリア北西部のリグーリア海岸(リヴィエラ)の最も東に位置する一帯です。 また、ラ・スペツィアはイタリアの重要な港湾都市で、イタリア海軍の基地が置かれているほか、造船業など工業の拠点となっています。 ベンティミリアから岩の多いチンクエ・テッレエリアを抜けてラ・スペツィアを超えた地点まで広がるイタリアン・リビエラと呼ばれる海岸線一帯は、正にドルチェ・ヴィータ(甘い生活)の世界です。 豊かな歴史的遺産やわくわくする散歩道、そしてユネスコ世界遺産に登録されている、5つの崖の

あるチンクエ・テッレ国立公園など、真のイタリアの伝統文化や食、そして、ワインの産地でもあります。 かわいらしい小道やいくつかの13~16世紀に建てられた教会があるラ・スペツィアの旧市街は必見の地です。 森進一が歌った「冬の~リビエラ~」で有名な海岸がこの地です。 (冬のリヴィエラ 作詞 松本隆  作曲 大瀧詠一 唄 森進一)。 ラ・スベツィア・イタリア入港風景 1。

spe9d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 2。

spe10d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.