特集ワイド  「忘災」 の原発列島 高浜運転差し止め仮処分 「専門家に任せろ」 司法がNO  毎日新聞2016年3月22日 東京夕刊。  大津地裁の判断が、東日本大震災後の原発政策を揺るがそうとしている。 今月9日、新規制基準で再稼働したばかりの関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めを求める仮処分申し立てを認めたのだ。  原発の運転を初めて停止させた司法判断の意味とは?。  【江畑佳明】

<高浜原発3号機 運転差し止め受け10時間で 「ゼロ出力」 > <高浜再稼働、時代遅れの 「危険無視」?> 「避難計画、国の義務」 各地の訴訟に影響も 大津地裁の決定から5日後、住民側の弁護団長を務める井戸謙一弁護士に電話で話を聞いた。  その口調にはいまだに興奮が残っていた。 「住民の危機感を正面から受け止めた決定です」 仮処分決定後の記者会見で 「決定を出すには大きなプレッシャーがあったはずで、裁判官に深い敬意を表したい」 と語っていた井戸さんは、裁判官出身。 

2006年3月、原発事故を危惧した16都府県の住民が、北陸電力志賀原発2号機(石川県)の運転差し止めを求めた訴訟で、金沢地裁の裁判長として運転差し止めを命じる判決を出した。 「想定を超えた地震で原発事故が起こり、原告ら(住民)が被ばくする具体的可能性がある」。 商業用原発の稼働にレッドカードを出した初の司法判断だった。  この判決前に井戸さんの頭にあったのは、05年の宮城県沖の地震(M7・2)で、東北電力女川原発(宮城県)の全3基が自動停止した事案だった。 敷

地内で観測された揺れの強さは、耐震設計での想定を超えていた。  その後、想定を超える巨大地震が11年3月に発生。 東京電力福島第1原発事故が起きた。 一方、井戸さんは震災後に弁護士に転じ、幾つもの原発関連の訴訟に携わっている。  その井戸さんが大津地裁の決定で最も評価するのが、避難計画の策定を 「国の信義則上の義務」 と位置づけた部分だ。 決定では申し立ての相手側は関電であるにもかかわらず、「避難計画をも視野に入れた幅広い規制基準が望まれる。 過酷事故(福島

原発事故)を経た現時点においては、そのような基準を策定すべき信義則上の義務が国家には発生している」 などと国の責任に言及している。  つまり、大津地裁は、原子力規制委員会が策定した新規制基準では、避難計画の策定は安全審査の対象外になっている点を問題視したわけだ。  井戸さんが指摘する。 「避難計画の策定を 『国の信義則上の義務』 と言い切ったのは初めてではないでしょうか。

spe17d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 12。

spe18d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 13。

spe19d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 14。

spe20d.jpg ラ・スベツィア・イタリア入港風景 15。 

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.