特集ワイド  「忘災」 の原発列島 熊本地震 それでも再稼働か 毎日新聞2016年4月22日 東京夕刊。

熊本地震は、この国が 「地震大国」 であることを改めて知らしめた。 続発する揺れによる被害拡大と併せて心配されるのが、原子力発電所への影響だ。 一連の震源域の近くには、全国で唯一稼働している九州電力の川内(せんだい)原発(鹿児島県)と、海を挟んで四国電力の伊方原発(愛媛県伊方町)がある。 原子力規制委員会は川内原発の運転を止めず、その他の原発でも再稼働に向けた準備が進んでいる。 このまま立ち止まらなくてもいいのだろうか。  【宇田川恵、江畑佳明、瀬尾忠義】

これまで 「(原発が)安全だとは申し上げない」 と繰り返してきた人にしては強気の発言に聞こえた。 熊本地震を受けた18日の原子力規制委員会の記者会見で、田中俊一委員長は 「今は安全上の問題はない。 科学的根拠がなければ、国民や政治家が止めてほしいと言っても、そうするつもりはない」 と語ったのだ。  規制委が運転継続の判断材料にした一つに、揺れの強さを示す加速度(単位はガル)がある。 震度7となった益城(ましき)町では1580ガルに達したが、そこから約120キロ離れた川内原発では、

一連の地震で最大8・6ガルを観測。 厳密には直接比較はできないが、基準地震動(九電が想定した最大の揺れ)の620ガルなどより小さかった。  運転継続に対し、政府は 「規制委が専門的見地から判断したことを尊重する」 (原子力防災担当相を兼ねる丸川珠代環境相)との姿勢を明らかにしている。 東京大地震研究所の古村孝志教授(地震学)は 「(川内原発周辺の)断層は分かっており、最大でどれぐらいの地震が起きるのか、その際の震度はどうなるか、原発への影響はどうかについては十分に確認

され、評価されている。 その上で規制委がOKとするならば問題はないだろう」 と言う。  しかし、である。 九州中央部では活断層が連なる 「別府?島原地溝帯」 がまたがり、地震が起きやすい地域として注目されてきた。 今回は1949年の震度7導入以来初めて、震度7を2度観測した。 大分地方を震源とする地震も続発。 熊本から大分を結ぶ線の先には、四国から近畿に続く国内最大級の断層群「中央構造線断層帯」があり、その南側には伊方原発が建つ。  「規制委は危険なギャンブルをしている。 国

民の安全を預かる組織としては不適切な判断だ」と批判するのが、脱原発弁護団全国連絡会共同代表の河合弘之弁護士だ。 「甚大な被害が予想される事故には予防原則を徹底するのが当然で、地震が続く今、川内原発を直ちに止めるべきだ。 国は、運転停止に伴う九電の損害と九州の安全をてんびんにかけ、電力会社の経営を優先することを選んだのではないか」 と語気を強める。

zya3d.jpg 2015年11月7日。 Costa Diadema号 サボナ港・イタリア入港。 サボナ港はコスタクルーズの乗船港となっています。

zya2d.jpg Costa Fortuna号がサボナ港に入ってきた。  Costa Diadema号船上から撮影。

zya4d.jpg サボナ港・イタリア。 停泊中のCosta Diadema号。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。
 
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.