「みんなの広場 投稿記事」   甘利氏の説明責任どうなった=行政書士・岩崎泰彦・52(北九州市小倉北区) 毎日新聞2016年5月20日 東京朝刊。

甘利明氏が政治とカネの問題で経済再生担当相を辞任してしばらくたつ。 閣僚による 「あっせん利得処罰法違反」 という犯罪の可能性もあった。 安倍晋三首相も 「本人に説明責任を果たしてもらう」 と公言していたが、風前のともしびだ。  日本人は忘れやすいが、それは善くも悪くもある。 折しも自民党では「道徳教育の強化」が叫ばれている。 その自民党議員である甘利氏が少なくとも道徳に反することをした可能性があるのに、ここのところメディアもだんまりだ。 もちろん、日々刻々と新しいニュースが飛びこん

でくるので無理からぬ面もある。  しかし、忘れてよいことと悪いことがある。 甘利氏は病気を理由に国会を休んでいるが、本人ができなくても代理人が説明責任を果たすことも可能だ。それすらせず、嵐が過ぎ去るのを待っているかのような姿勢はあまりにも不誠実で国民をばかにしている。 不問にされては政治不信が募り、我が国の民主主義政治も最悪と言わざるを得ない。  私見、検察特捜部は動かないのか、検察は安倍晋三の言いなりか。 この国は独裁政権なのか。 

alm27d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 7。

alm29d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 8。

alm39d.jpg サボナ・イタリア。 街並み 9。 マルセイユ・フランスへ出港前のCost Diadema 船上から撮影。 日没前の時計塔とサボナの街。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.