「みんなの広場 投稿記事」    安倍首相は「三権分立」の理解を=自営業・大垣琢馬・51 (徳島県つるぎ町) 毎日新聞2016年5月28日 東京朝刊。

日本は立法、行政、司法の「三権分立」の国だ。 これは権力が集中して失敗した戦前に学んだ、私たちの国の基本原則のはずだ。 この基本原則をわが国の首相は知らなかったのだろうか。  安倍晋三首相は先日の国会審議で、質問した野党議員に対し 「議会の運営について少し勉強していただいた方がいい」 と指摘したうえで、「私は立法府、立法府の長であります」 と言ったという。 もちろん“正解”は「行政府の長」である。 三権分立は義務教育で習うはずだ。 後日、言い間違いと釈明しているが、安倍首相

の 「立法府の長」 発言は一度ではないとのこと。 このような間違った発言を平気でしてしまう首相の主導で改憲することに私は断固反対する。 そもそも三権分立の基本原則さえ理解していないと思われる首相にその資格はないと思っている。  改憲を望むのであれば、もう一度中学生に戻って三権分立と立憲主義を勉強し直してもらいたい。   私見、全く同感。 憲法を読んだことがあるのか、いささか疑いたくなる。

cyz14d.jpg 2015年11月8日マルセイユ・フランスに入港。 ロープを受け取る港湾担当者。 この細いロープの後に太いロープがある。

cyz2d.jpg マルセイユ港に停泊していた客船Croisieres de Franc号 1。

cyz15d.jpg マルセイユ港に停泊していた貨物船Linea Messina号 2。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.