特集ワイド 続報真相 参院選後に改憲目指すなら 安倍首相よ憲法語れ 毎日新聞2016年7月1日 東京夕刊。

参院選「3分の2」。 この数がこれほど注目される参院選があっただろうか。 その理由はもちろん、改憲勢力が3分の2以上の議席数を獲得すれば、憲法改正の国会発議が可能になる条件が衆参両院で整うからである。 だが、憲法論議は盛り上がらない。「任期中に改憲を成し遂げたい」と言う安倍晋三首相が、選挙期間中に憲法を語らないことも影響していると見られる。 このまま争点にしなくていいのだろうか。  【江畑佳明】

「安保環境厳しい今こそ」積極派も注文
安倍首相が選挙演説で特に力を込めるのは「アベノミクスは失敗していない。 でも道半ばだ」 というくだりだ。 経済政策に時間を割く演説について、マスコミ各社は「憲法改正に触れない」 と指摘する。 そうであっても、改憲したいという政治信念を抱いているならば、いつ語ってもおかしくない??。 そんな思いで街頭演説に出かけてみた。  6月27日夕刻、JR桜木町駅(横浜市)の駅前広

場には約3000人(主催者発表)が集まった。 梅雨空の下、聴衆の熱気でムシムシする。  安倍首相が選挙カーの上に姿を見せると拍手が湧き起こる。 当の主役は「最大の争点は経済対策であります。 民進党、共産党は共通の政策がありません」 と一気にまくしたてた。  そして雇用の増加、有効求人倍率や最低賃金の上昇など、数字を挙げてアベノミクスの成果を強調。 最後は「無責任な人たちに子どもたちの未来を、日本の平和と安全を託すわけにはいかないんです!」 と声を張り上げた。 演説は約

20分間。 結局、改憲については触れずじまいだった。  釈然としない気持ちを抱えたまま、高見のっぽさんと会った。 かつてNHKで放送された子ども向け工作番組 「できるかな」に出演していた「ノッポさん」 である。 82歳だが、動作は相変わらずキビキビとしている。 でも、テレビで見た親しみやすいキャラクターと違い、のっぽさんはやや怒り気味だ。 「我々が子どもの頃は、国がうそをついていた時代でした。 今回の参院選を見ると、その記憶が頭をもたげてきます」 戦時中は多感な少年時代だった。 「戦況の悪化は

明らかだったのに、国は敗退の事実を 『転進した』 などと隠し続けました。 この構図は現在と似ていると感じます」。 改憲については語らず、アベノミクスの実績ばかりを強調する。 のっぽさんは今、戦時中の国と同じ危うさを感じ取っている。  のっぽさんはこう続けた。 「本音を語らないのは、有権者を軽く見ている証拠だと思います。 『経済政策を前面に出せば有権者は飛びつくから、ごまかし通せるはず』 と考えているのでは。 演説で 『子どもたちの未来のため』 と言うなら、今きちんと本音を語り、議論すべきです。 

私と同じような経験をこれから何十年も生きる 『小さい人』 に味わわせたくない」。 敬意を込めて 「小さい人」 と呼ぶ子どもたちの未来を大切にしてほしい、という思いが強いのだ。   つづく。

cyx18d.jpg サント・マリー・マジョール大聖堂の内部 1。

cyx19d.jpg サント・マリー・マジョール大聖堂の内部 2。

cyz29d.jpg サント・マリー・マジョール大聖堂の内部 3。

cyz30d.jpg サント・マリー・マジョール大聖堂の内部 4。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.