長野県 「教員赤化事件」 そっくり? 自民こそ 「政治的中立」を逸脱 おさらいしよう。 「調査」 は、党文部科学部会(部会長・木原稔衆院議員)が実施した。 18歳選挙権のスタートに伴い、教育現場で 「政治的に中立ではない」 と思う教員の指導や授業があれば、HP上の特設サイトから学校・教員名、授業内容などを党に送信する仕組みだ。  インターネット上で 「密告サイト」 と呼ばれた 「調査」 は6月25日に始まり、7月18日に「事例が集まった」 として終了。 サイトを閉鎖した。 党部会で内容を精査

し、場合によっては文部科学省に対応を促すという。 「調査」 サイトは一時、政治的中立の逸脱例として、教師が 「子供たちを戦場に送るな」 などと主張することを挙げていたが、後にこの文言は削除された。  経緯は後で木原さんに聞くとして、これでは「教育は不当な支配に服することく……」 と教育基本法16条がうたう教育現場に政党が介入するようで、ブキミではある。 教員が 「生徒に密告させたいのか」 「現場が萎縮する」(10日付本紙朝刊)と困惑するのも確かにうなずけるのだ。  そういえば、東京都

知事選では、自民党都連が党所属の国会・地方議員に 「議員の親族が党推薦候補ではない人物を応援すれば議員本人を処分する」 との“お触れ”を出したばかり。 その自民党が行う 「調査」を額面通りに受け取っていいものだろうか。  「治安維持法下の戦前も、まさに 『調査』 名目の教員の監視や弾圧があったのですが……」 と眉をひそめるのは戦前の教育行政に詳しい小樽商科大教授の荻野富士夫さんだ。 1925年施行の治安維持法は「国体変革」 などを目的にした運動・団体の摘発が狙いだったが、

28年の改正でこれに関わる一切の行為も取り締まりが可能になり、政府批判すら弾圧対象になった。  「特に31年の満州事変後に弾圧が激化し、ついに起きたのが 『長野県2・4教員赤化事件』 です」 と荻野さん。 33年2月4日から半年あまりで138人の小学校教員が「赤化(共産主義化)した」 との理由で検挙された事件だ。 「この時、文部省や長野県学務当局は 『調査』 名目で児童らが書いた作文やノート、答案を調べあげて弾圧を進め、教員の 『矯正教育』 も実施したのです」 ところが実態は「赤

化」 とはほど遠かった。  つづく。

kod6d.jpg 歌手、ミゲル・サンチェス・モレノ 「Miguel Sanchez Moreno」 4。 

kod7d.jpg 歌手、ミゲル・サンチェス・モレノ 「Miguel Sanchez Moreno」 5。 

kod9d.jpg 歌手、ミゲル・サンチェス・モレノ 「Miguel Sanchez Moreno」 伴奏する、バイオリンとピアノ担当者 6。 

kod12d.jpg 歌手、ミゲル・サンチェス・モレノ 「Miguel Sanchez Moreno」 7。 

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.