新閣僚に聞く 内閣改造 防衛相・稲田朋美氏 毎日新聞2016年8月5日。  中韓と話し合う 稲田朋美(いなだ・ともみ)氏(57)。 この方、超右寄り。

問い 中国や韓国で稲田氏の歴史認識への警戒感が高まっています。
◆日韓両国が北朝鮮の核ミサイル問題など安全保障上の課題に協力して取り組むことは大変重要で、交流を推進したい。 東アジアや太平洋地域の平和と安定には中国、韓国との協力的関係を築くことは不可欠だ。 いつでも話し合いの場を自分から設けたい。 議論することで私への誤解も払拭(ふっしょく)されると思う。 機会があれば訪中したい。 

問い  靖国神社に参拝しますか?
◆本質は心の問題だ。 安倍内閣の一員として適切に行動したい。
問い 第二次世界大戦などについての歴史認識は?
◆個人的見解を述べることはしない。 政府の70年談話と認識は一致している。

問い 首相候補と見られています。
◆政治家であれば誰しも首相を目指すが、なろうとしてなれるものではない。 実力もタイミングも人の輪も運もあって実現する。
問い 自民党内の総裁任期延長論についての考えは?
◆安定政権が続くことは日本の存在感を世界に示せる国民の財産だ。 (延長議論は)前向きに考えたい。 延長も視野に入れて議論すべきだ。

問い> 今年3月に安全保障関連法が施行された。 初適用される見通しの国連平和維持活動(PKO)の「駆け付け警護」についての考えは?
◆特に女性の皆さんに関連法の必要性や立憲主義を壊すものでないとしっかり説明したい。 駆け付け警護は隊員教育などを進めており、任務を的確に遂行し得る万全の体制を整える。  【聞き手・村尾哲】

米国 稲田防衛相の靖国参拝けん制 国務省副報道官 毎日新聞2016年8月5日東京朝刊。  米国務省のトナー副報道官は3日の記者会見で、第3次安倍再改造内閣で稲田朋美氏が防衛相に就任したことを受けて 「米国は歴史問題には癒やしと和解を促す方法でアプローチすることが大切だと強調する」 と述べた。 稲田氏は終戦記念日に靖国神社を参拝するかどうかの明言を避けており、閣僚としての参拝をけん制した格好だ。 AP通信が伝えた。


kte4d.jpg 五稜郭 説明文 6。

kte6d.jpg 五稜郭公園 7。 箱館奉行所( はこだてぶぎょうしょ) 2010(平成22)年に部分復元が終了、内部が一般公開された。 歴史的復元建造物。

kte8d.jpg 五稜郭 説明文 8。

kte9d.jpg 五稜郭公園 9。 画面写真左から 清水谷・杉浦・武田。 ★清水谷 公考(しみずだに きんなる)(1845年~1882年)函館裁判所総督から箱館府知事。 ★杉浦兵庫頭誠(すぎうらひょうごのかみまこと)(1826年~1900年) 最後の箱館奉行と呼ばれた開拓使 函館支庁主任。

kte7d.jpg 武田斐三郎(たけだあやさぶろう)顕彰碑 五稜郭を設計した人物。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.