「みんなの広場 投稿記事」  被災地視察で「おんぶ」とは 地方公務員・乗鞍弘仁・51(奈良県香芝市)毎日新聞2016年9月14日 東京朝刊。 務台俊介・内閣府政務官兼復興政務官が政府調査団の団長として台風10号の豪雨災害に遭った岩手県岩泉町を訪れた際、職員に「おんぶ」されて被災現場の水たまりを渡ったという報道を見ました。 ありえないという思いと、怒りがこみ上げてきました。  被災地を視察した務台政務官は防災服を着ていたものの、長靴を履いておらず、背負われたとのこと。 これ

が調査団長としての正しい姿なのでしょうか。  自らの職責、果たすべき職務を理解していなかったとしか考えられません。  自分の目で被災現場を見ようという意識があったならば、ポーズとしての防災服だけでなく長靴など必要な用意をしておくよう、事務方に指示するくらいのことは当然ではないでしょうか。 このような国会議員が「復興政務官」として存在していること自体に大きな疑問と不安を感じずにはいられません。 私見、こんな大臣辞めてほしい。

ktg12d.jpg  函館山 9。 函館山観光の足として通年運行されるロープウェイ。 山麓駅と山頂駅の間を3分で結び、現在のゴンドラは5代目で、定員125名。 ロープウェイの中から撮影。

ktg14d.jpg 函館山 10。 ロープウェイの中から撮影。

http://nobuyasu27.exblog.jp/
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。


スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.