慶州を訪れる誰しもが必ず足を運ぶ場所といえば、それはやはり仏国寺(プルグッサ)でしょう。 1995年にはユネスコの世界遺産にも認定され、韓国が世界に誇る宝となっています。 仏国寺では6つの国宝を始めとして統一新羅時代に作られた貴重な文化財をたっぷりと味わうことができます。 また仏教の教えから見れば、ここは俗世を離れ清浄たる仏の世界に足を踏み入れる場所でもあります。 仏の国を訪ね、極楽浄土に導かれる場所。 それが仏国寺です。

aup17d.jpg 入口付近にある石碑。

aup18d.jpg 佛国寺説明文。

aup16d.jpg 佛国寺入口。

aup19d.jpg 入口付近の仏具など販売店。
 
aup23d.jpg 「紫霞門」 紫霞門に上る階段が国宝第23号に指定されている青雲橋・白雲橋。 2段に別れた上の16段が白雲橋、下の18段が青雲橋と呼ばれます。 階段であるのに橋と呼ばれているのは、紫霞門を越えて釈迦如来の彼岸世界に渡るという意味に表したものです。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.