台湾  「脱原発法」可決へ 再生エネ比率、大幅引き上げ 毎日新聞2017年1月11日 東京朝刊。 【台北・鈴木玲子】 台湾の蔡英文政権が2025年までに脱原発を実現するため提案した電気事業法改正案が11日にも立法院(国会)で可決される見通しになった。 脱原発が実現すれば、アジアでは初めて。 代替の再生可能エネルギーを今後9年間で普及・拡大させられるかが鍵だ。  蔡氏は昨年1月の総統選で脱原発を公約に掲げていた。 改正法案では、再生エネ比率を大幅に引き上げるため、電

力自由化により再生エネ事業への民間参入を促す。 産業界には「電力供給が不安定化し価格の高騰を招く」との懸念があるが、可決は確実視されている。  欧州ではドイツが脱原発に転換したが、アジアでは中国やインドが原発建設を進めている。 台湾では、完成した原発3カ所6基(2基は停止)のうち北部の第1、第2原発が人口の密集する台北まで30キロ弱と近く、11年の東京電力福島第1原発事故後に反原発機運が高まっていた。 台湾の原子炉は18年から25年までに順次40年の運転期間が

終わる。 蔡政権は、運転延長や新規稼働を認めず全原発廃止に持ち込む構えだ。  台湾では電源比率(15年)で原発は14%を占め、代替となる再生エネは4%に過ぎない。 改正案では再生エネ比率を20%まで引き上げる計画だ。 実現のため台湾政府の傘下にある台湾電力が独占する電力事業への民間参入を認める。 再生エネの発電と売電を自由化し、その後、台湾電力を発電、送電で分社化。 火力などの他の電力も自由化する。  私の意見。 台湾の政権は良い選択をしたと思う。

aup33d.jpg 「手水舎」 水は古くから、けがれを洗い流すものと考えられ、神にお参りする人はまず身のけがれを手水舎で落とします。 手と口を水で洗うことで、全身のけがれが落ちると考えられています。 韓国も同じではないかな。

aup32d.jpg 「多宝塔」 多宝塔 1.。 対照的に釈迦塔は統一新羅時代の典型的なつくりであるといえます。 同型の屋根が上に連なっていくというシンプルな姿で、感恩寺の三層石塔などにもよく似ています。 釈迦塔は国宝第21号に指定されており、また1966年の補修工事の際に中から発見された舎利荘厳具や世界最古の木版印刷物である無垢浄光大陀羅尼経なども、すべて国宝第126号に指定されています。

aup29d.jpg 多宝塔 2.。  大雄殿(釈迦如来の彼岸世界)青雲橋・白雲橋の右手にある坂から大雄殿(左側、奥の建物)の領域に入っていきます。  坂の下に水飲み場がありますが、この石槽も慶尚北道有形文化財第98号に指定されている貴重なものです。

aup37d.jpg 多宝塔 3.。 

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.